モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始!

本格的なボクシングゲームが久々に登場。

ゲーム文化 インディーゲーム
モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始!
  • モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始!
  • モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始!
  • モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始!
  • モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始!
  • モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始!
  • モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始!
  • モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始!
  • モハメド・アリも参戦するリアル系ボクシングゲーム『Undisputed』Steam早期アクセス開始!

デベロッパーSteel City Interactiveは、リアル系の本格的ボクシングゲーム新作『Undisputed』のSteam早期アクセスを開始しました。

プロボクシングのコミュニティと熱心な格闘技ファンが心を込めて開発したという本作ではモハメド・アリを含む実在選手50名以上が参戦し、革新的なファイトメカニズムにより非常にリアルな試合が楽しめるとのこと。早期アクセス時点で体験できる機能は次の通り。

革新的かつ本格的なボクシングゲームプレイ

  • リングを楽に動き回れるようにするルーズムーブメントモディファイアを搭載した革新的なフットワークメカニズム。

  • トラップやカウンターを仕掛けるためのフェイントなど、60種類以上のパンチ。様々な方向や角度からパンチを繰り出すことが可能

  • ディンフェスの魔術師となるためのスリップパンチ、ウィーブ、ドッジ、ブロック。

  • 物理的な相互作用によりパンチがガードをすり抜けたり、回り込むことも。

  • これまでにないような接近戦。

  • アドレナリンシステムで試合中のスタミナを管理。

  • 重要なのは細部。膝蹴り、故意の反則、クリンチ、レフリーとのやり取りなど。

  • 50の属性と特性で選手のスタイルと能力を差別化。

  • アマチュアからパウンド・フォー・パウンドマスターまで、あらゆるプレイヤーに対応するAIスタイルと難易度設定。


ボクシングの世界

  • 早期アクセス開始時点でモハメド・アリやシュガー・レイ・ロビンソンといった伝説的な選手からカネロ・アルバレス、テレンス・クロフォード、タイソン・フューリーといった現代のチャンピオンまで50名以上の実在選手が登場し、今後も続々と追加予定。

  • ケイティー・テイラー、ジェシカ・マッカスキル、ナターシャ・ジョナス、バニー・ブリッジスといったスター選手が揃った女子部門。

  • WBC、British Boxing Board of Controlなど実在のボクシング団体。

  • エンパイアプロテープやアダムスなどのボクシング用品とアパレルのブランド。

  • CompuBoxを使用したパンチ統計とプレゼンテーション。

  • 伝説のジミー・レノン・ジュニアによる選手紹介。

  • 著名なレフリー、ケニー・ベイレス。


臨場感あふれる映像とサウンド

  • 最新のスキャン技術を駆使した驚くほど詳細な選手モデル。

  • 大きなアリーナ、コールドウェルのジム、屋外会場を含む6つのユニークな試合会場。

  • リアルなダメージ、汗、顔の変形。

  • トッド・グリシャムとジョニー・ネルソンによる解説、リングウォーク、レフリーの指示などのブロードキャストプレゼンテーション。

本格的なボクシングゲームは久しぶりということで喜んでいるファンも多いのではないでしょうか。『Undisputed』はSteamにて配信中。正式リリースは“準備が整ったと判断した時点”とのことで、早期アクセス期間は定められていません。



《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

    『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  3. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  4. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  5. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  6. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  7. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  8. 「ピノッキオ」ソウルライク『Lies of P』“非”公式グッズに注意喚起―本物の公式グッズはまもなく発表

  9. 『恐怖の世界』Steam版アップデートが3月配信!カットされたコンテンツ追加含む無料アップデートも予定

  10. 懐かしのFC/SFC用ソフトが楽しめる互換機「8ビットコンパクトV3」「16ビットコンパクト V2」本日発売!本体、コントローラ、端子ケーブル、ACアダプタ付属のオールインパック

アクセスランキングをもっと見る

page top