ポテト発電でも動きそう!?とある企業が低消費電力のチップで『DOOM』をAIにプレイさせる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ポテト発電でも動きそう!?とある企業が低消費電力のチップで『DOOM』をAIにプレイさせる

機械学習で、プレイ中にも行動を最適化。

ゲーム文化 カルチャー
ポテト発電でも動きそう!?とある企業が低消費電力のチップで『DOOM』をAIにプレイさせる
  • ポテト発電でも動きそう!?とある企業が低消費電力のチップで『DOOM』をAIにプレイさせる
  • ポテト発電でも動きそう!?とある企業が低消費電力のチップで『DOOM』をAIにプレイさせる

アメリカのカリフォルニア州に本社を置くプロセッサーメーカーのSyntiant社は、自社の開発した極低消費電力のチップで『DOOM』をプレイした様子を公開しました。

今年2月にカリフォルニア州サンフランシスコで開催された半導体関連の学会「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference)」において、Syntiant社は極低消費電力のチップ「NDP200」の詳細を発表しました。このチップは1mWという非常に少ない電力で駆動し、ニューラルネットワークによって監視している映像で何か変化を察知した場合には、他のシステムが起動するような仕組みとなっています。

Syntiantは『DOOM』の軽量版でもある『VizDoom』を機械学習のモデルとして、実際にチップのAIでプレイさせた様子や、その学習の過程などを発表。プレイしたゲームレベルは「Defend the Circle」と呼ばれ、円形の部屋を移動しながら敵を撃つという比較的シンプルなものです。

まずは映像を識別する層で敵を認識し、別の層ではその認識した敵に対して銃撃という行動を起こす学習をさせる必要があった、と最近まで同社に所属していたデイビッド・ギャレット氏は述べており、「このスケールのチップで要素を検出し、それに対してアクションを起こせることがポイントである」ということも強調しています。

さらに彼は最初の敵を倒したあと、AIはすぐにマガジンをリロードしてしまっていた点を指摘しました。しかしAI側もすぐに学習し、残弾を節約、管理するという行動を起こすようになったとしています。

NDP200は映像による物体の認識だけでなく、音声の検出などでも変化を察知でき、前述のように極めて少ない電力で稼働が可能です。もしかしたら、暇な時は『DOOM』をプレイするAI搭載ガジェットが出てくる未来もあるのかもしれません…。


シカトリス【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 配信 - Switch
¥6,282
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
シカトリス【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 配信 - PS5
¥6,282
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《kurokami》

チャーシュー麺しか勝たん kurokami

1999年生まれ。小さい頃からゲームに触れ、初めてガチ泣きした作品はN64の『ピカチュウげんきでちゅう』です。紅蓮の頃から『FF14』にどハマりしており、Game*Spark上ではのFF14関連の記事を主に執筆しています。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『原神』バンホーテンココアのCMが「アルハイゼンっぽい」と話題に―想像の数倍はアルハイゼンっぽい

    『原神』バンホーテンココアのCMが「アルハイゼンっぽい」と話題に―想像の数倍はアルハイゼンっぽい

  2. 『バイオハザード RE:4』アシュリーがアシュリーに会う?フェイスモデルとボディモデルを担当した2人がツーショット写真を公開

    『バイオハザード RE:4』アシュリーがアシュリーに会う?フェイスモデルとボディモデルを担当した2人がツーショット写真を公開

  3. 『VALORANT』DFMにneth・Meiy・ぽぽがちが移籍加入…元Crazy Raccoonのメンバーが国際リーグで戦う

    『VALORANT』DFMにneth・Meiy・ぽぽがちが移籍加入…元Crazy Raccoonのメンバーが国際リーグで戦う

  4. 実写ドラマ版『Fallout』劇中写真が公開!登場キャラやストーリーの一部も明らかに

  5. チラズアート2023年中にさらなる新作予告―『ヒトカラ』『夜間警備』『パラソーシャル』『誘拐事件』に続く5本目

  6. DetonatioN FocusMe(DFM)がCrazy Raccoon(CR)との業務提携を発表…課題であったインフルエンサービジネス拡大を目指す

  7. 「レジチューブ」を知ってるかい?海外チューブ会社の悪ふざけ動画に始まる「偽」ポケモンが人気博す

  8. 渋谷ハル主催「V最」ことVTuber最協決定戦 VALORANTが公式大会レベルで視聴者を集める…Champions2023・LCQのZETA戦に迫る勢い

  9. 初代『DOOM』に現代兵器を取り入れるMod「CALL OF DOOM:TARKOV」最新プレイ映像!

  10. あの場面を立体で!「サイバーパンク エッジランナーズ」 新受注商品「ルーシー&デイビッドジオラマ」受付開始―12月7日まで

アクセスランキングをもっと見る

page top