さらに高額!54万ドルで落札されたばかりの『M:tG』サイン入りレアカード「ブラックロータス」が61万5,000ドルで落札 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

さらに高額!54万ドルで落札されたばかりの『M:tG』サイン入りレアカード「ブラックロータス」が61万5,000ドルで落札

〇〇円以上払えばオーナーに取引も可能!?

ゲーム文化 ホビー・グッズ
さらに高額!54万ドルで落札されたばかりの『M:tG』サイン入りレアカード「ブラックロータス」が61万5,000ドルで落札
  • さらに高額!54万ドルで落札されたばかりの『M:tG』サイン入りレアカード「ブラックロータス」が61万5,000ドルで落札
  • さらに高額!54万ドルで落札されたばかりの『M:tG』サイン入りレアカード「ブラックロータス」が61万5,000ドルで落札

トレーディングカード「マジック:ザ・ギャザリング」のサイン付きレアカード「ブラックロータス」が54万ドルで落札されたことをお伝えしましたが、それから約1週間経った現在、さらに高い値段の取引が発生しました。

お値段なんと61万5,000ドル!


「ブラックロータス」は、印刷枚数が約1,100枚と希少なことで有名なカードで、多くの対戦で禁止されるほど強力な効果を持っています。その上アーティストのサインが入っているとなると、さらに希少性が増します。前回お伝えした落札でも54万ドル(およそ7,000万円)の取引でしたが、今回はそれを大幅に上回りました。

Heritage Auctionで出品されたこの取引は、61万5,000ドル(およそ8,000万円)と超高額の取引に。この取引の驚くべきところは、前回のものよりもカードの状態が悪い「ミント8.5」であるのにもかかわらず、およそ1,000万円近く高い値が付けられたことです。

このようなことが起きた理由は、サインが付けられた場所にあります。サインはマナのデザインなどで知られるアーティスト、故・クリストファー・ラッシュ氏のものが付けられています。前回のカードのサインは実はカードのケースに書かれていたものでしたが、今回はカードに直接サインが書かれています。

さらに、カードのアーティストのみ配られるホワイトバック(背面が白いカード)というさらに希少なものだったため、さらに高い値段が付けられたというわけです。

1億円2千万円近くでオーナーに取引を申請できる

すでに落札済みの本商品ですが、Heritage Auctionのページからは現在のオーナーに92万2,500ドル以上で取引を持ちかけることが可能です。日本円に直すと約1億2千万円以上というとんでもないレベルのお金ですが、それほど希少なカードであるということではないでしょうか。


Razer Kraken Green ゲーミングヘッドセット RZ04-02830200-R3M
¥6,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Razer BlackShark V2 X ゲーミングヘッドセット RZ04-03240100-R3M1
¥5,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

    「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  4. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

  5. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  6. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  7. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  8. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  9. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  10. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

アクセスランキングをもっと見る

page top