スタイリッシュアクション要素も!?個人制作ソウルライクACT『Deep Death Dungeon Darkness』試遊レポ【Indie Games Connect】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スタイリッシュアクション要素も!?個人制作ソウルライクACT『Deep Death Dungeon Darkness』試遊レポ【Indie Games Connect】

ローグライクとソウルライク。一見すると噛み合わせのよくなさそうな2ジャンルが、いかに組み合わされるのかに注目です。

ゲーム文化 インディーゲーム
スタイリッシュアクション要素も!?個人制作ソウルライクACT『Deep Death Dungeon Darkness』試遊レポ【Indie Games Connect】
  • スタイリッシュアクション要素も!?個人制作ソウルライクACT『Deep Death Dungeon Darkness』試遊レポ【Indie Games Connect】
  • スタイリッシュアクション要素も!?個人制作ソウルライクACT『Deep Death Dungeon Darkness』試遊レポ【Indie Games Connect】
  • スタイリッシュアクション要素も!?個人制作ソウルライクACT『Deep Death Dungeon Darkness』試遊レポ【Indie Games Connect】
  • スタイリッシュアクション要素も!?個人制作ソウルライクACT『Deep Death Dungeon Darkness』試遊レポ【Indie Games Connect】

2023年4月30日、コナミデジタルエンタテインメント主催によるインディーゲームの展示・即売会『Indie Game Connect 2023』が開催されました。本稿では、プレイアブル出展されていた『Deep Death Dungeon Darkness』の試遊レポートをお届けします。

死にゲーなのにパーマネントデス!?

Steamストアページも公開されている本作は、YouTuber/個人ゲーム開発者であるヨウスコウTV氏の個人制作によるローグライク×ソウルライクアクションゲームです。

体力・スタミナ・MPを示す3色のバーが印象的な画面構成からも分かるように『ダークソウル』シリーズの影響を色濃く持つ作品ですが、前述したとおりローグライクの性質も持っているのでダンジョンはランダム生成、死ぬと所持品のすべてを失うというシビアさが特徴です。

今回の試遊では、決まった構成のダンジョン、固定されたドロップアイテムでの試遊となりました。プレイヤーキャラのアクションは攻撃のほかにガード、パリィ、回避があり、武器は剣、刀、両手で持つ槍、弓、魔法などが確認できました。この辺は『ダークソウル』に触れたことがある人なら瞬時になじめるでしょう。

まだまだここから手が入る部分も多そうですが、それにしても個人でここまで作れるんだなと驚かされます

反対に『ダークソウル』と大きく異なると感じたのは、キャラクターが比較的軽快に動くことです。さらに、敵の攻撃も追尾性能が高くなくローリングで回避しやすいので、2体用意されたボスのうち強い方を初見でも倒せました。

筆者は『ダークソウル』シリーズを遊ぶ際、大盾でガッチガチに守りを固める"ガン盾"をしないとロクに進めない程度のウデマエなので、今回試遊できた範囲にかぎっていえば、かなり遊びやすい難度だといえそうです。

とはいえ、ローグライトでもあるので不慣れな武器で戦わなければならない局面も数多く発生するはずです。さらにダンジョンがランダム生成されるとなると、プレイヤーを襲うためだけにじっと息をひそめ続けている敵(実際、本作にもそういう敵がいました)もいつどこで襲ってくるか分からないわけで、独自の緊張感も味わえそうです。

また、いわゆるロックオン機能もチュートリアルでは「心眼」という言葉が使われており、目に見えない敵もロックオンだけはできることが確認できました。ロックオンでの索敵も重要な要素になりそうです。

後半戦は別ゲーのようなスタイリッシュアクションに!

ブースにはヨウスコウTV氏ご本人がいらっしゃったので、少しお話もうかがってみました。

――Unreal Engine 5を使い、個人で制作されていると聞きました。

素材は既存のアセットなんですけどね!今はまだビジュアルが『ダークソウル』そのまますぎるので、もう少し差別化をしたいなとは考えています。

――ソウルライクとしては、アクションが軽快で遊びやすいと感じました。こうしたキャラの挙動は意識されたのですか?

重さを感じさせる動きはシンプルに難しい…という事情もありますが、実はそれ以外の理由もあります。本作は、こちらのアクションも敵の攻撃も、ものすごい勢いでインフレしていくゲームなんです!

――と、いいますと?

既存のタイトルで例えますと、序盤は『ダークソウル』のように感じられるかもしれませんが、後半になるにつれ『デビル メイ クライ』のような軽快かつ爽快感があるアクションになっていく予定です。

――"ひと粒で二度おいしい"ゲームになるわけですね。ところで、本作のタイトルはDが強調されていて略称は『DDDD』になるのだろうと思いますが、なんと読めばいいですか?

「ディーディーディーディー」でも「ディーフォー」でも、お好きな読み方で大丈夫ですよ!


《蚩尤》

汎用性あるザク系ライター(が目標) 蚩尤

1979年生まれのファミコン直撃世代。スマホゲームもインディーズも大型タイトルも遊びますが、自分と組ませてしまって申し訳ないという気持ちやエイミングのドヘタさなどからチーム制のPvPやFPS、バトロワが不得手です。寄る年波…! ゲームの紹介記事に企画記事・ビジネス寄りの記事のほか、アニメなど他業種の記事もやれそうだと判断した案件はなんでも請けています。任天堂『ガールズモード』シリーズの新作待機勢。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. eスポーツ大会の真っ最中に「マウス充電切れ」のハプニング…!しかし咄嗟の機転でチームを勝利に導く

    eスポーツ大会の真っ最中に「マウス充電切れ」のハプニング…!しかし咄嗟の機転でチームを勝利に導く

  2. 『スカイリム』最強キャラ・黒檀の戦士を爆速で倒すRTAが3年ぶり記録更新!わずかひと振り、12分足らずの旅で地に伏せる強者

    『スカイリム』最強キャラ・黒檀の戦士を爆速で倒すRTAが3年ぶり記録更新!わずかひと振り、12分足らずの旅で地に伏せる強者

  3. 『Apex Legends』ストリーマー「NIRU」が遂に競技シーンへ昇格!ALGS Year4 APAC North Split2参戦チームが出揃う

    『Apex Legends』ストリーマー「NIRU」が遂に競技シーンへ昇格!ALGS Year4 APAC North Split2参戦チームが出揃う

  4. 実写ドラマ「フォールアウト」の"Vaultスーツ"はどのように作られたのか?決め手はイタリア産のとある生地だった―海外メディアが報じる

  5. 目を奪われるほど美しい!…だけど住みたくはないゲームの世界は?黄金樹が印象的な『ELDEN RING』やネオン煌めく『サイバーパンク2077』が思い浮かぶ

  6. クリアした…もう1周だ!終わってもすぐ2周目を遊びたくなるゲームたち

  7. あの狂気が再現…!映画「ジョーカー」の非公式オープンワールドゲーム映像が凄まじいクオリティ

  8. ドラマ「フォールアウト」で熱視線の“作中時系列”問題に新たな説が浮上。登場人物が「わざと嘘をついていたのかも」と初作開発者が語る

  9. 【コスプレ】『ニーア レプリカント/ゲシュタルト』発売記念!まるでCGのような完成度が神々しい…カイネ、ニーア、ヨナらまとめ【42枚】

  10. ドラマ「フォールアウト」はゲーム版と矛盾?物議醸した出来事をトッド・ハワード氏が説明

アクセスランキングをもっと見る

page top