『オーバーウォッチ 2』全ヒーローの年齢が判明!―しかしキリコとゲンジ/ハンゾーとの年齢差に混乱するファンも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ 2』全ヒーローの年齢が判明!―しかしキリコとゲンジ/ハンゾーとの年齢差に混乱するファンも

最新アップデートで新モード「ヒーロー・マスター」の実装とヒーローバランスの調整も。

PC Windows
『オーバーウォッチ 2』全ヒーローの年齢が判明!―しかしキリコとゲンジ/ハンゾーとの年齢差に混乱するファンも
  • 『オーバーウォッチ 2』全ヒーローの年齢が判明!―しかしキリコとゲンジ/ハンゾーとの年齢差に混乱するファンも
  • 『オーバーウォッチ 2』全ヒーローの年齢が判明!―しかしキリコとゲンジ/ハンゾーとの年齢差に混乱するファンも
  • 『オーバーウォッチ 2』全ヒーローの年齢が判明!―しかしキリコとゲンジ/ハンゾーとの年齢差に混乱するファンも

Blizzard Entertainmentは8月からSteamでの配信も開始された『オーバーウォッチ 2』の最新アップデートを配信し、新モード「ヒーロー・マスター」を実装するとともに数人のヒーローのバランス調整を加えました。

「ヒーロー・マスター」モード

本モードは各ヒーロー専用コースでスキルを磨けるモードで、クリアタイムやキル数、回復、エスコートなど多岐にわたる評価項目でハイスコアを目指すことができます。現在はトレーサー、ラインハルト、マーシーが利用でき、9月13日にはソジョーン、9月20日にはウィンストンが登場予定。また、実装記念に9月26日まで期間限定のチャレンジが行われ、達成すると武器チャームや記念品、スプレー、称号などの報酬を手に入れることができます。詳細は公式サイトにてご確認下さい。 

バランス調整

タンク

ジャンカー・クイーン
開発者コメント:ジャンカー・クイーンの自己回復に直接的に影響を与えずに、「ギザギザブレード」の投擲精度の高さをより意味のあるものにする変更です。

  • ギザギザブレード

    • 直撃ダメージを50から65に増加

オリーサ
開発者コメント:有効時間に変化が出ないように「フォーティファイ」のクールダウンを調整しました。これにより、オリーサでクールダウンを即座に始めるためにアビリティをキャンセルするメリットがなくなり、使用のタイミングが揃うことで対抗策を取りやすくなります。

  • フォーティファイ

    • クールダウンがアビリティの終了時ではなく開始時に始まるように変更

    • クールダウンを12秒から16.5秒に延長

    • 追加ライフのボーナスを125から100に減少

ザリア
開発者コメント:ザリアはエネルギーを貯める効率の観点から、バリアのチャージを両方とも自分に使う場合が多くなっていました。「バリア・ショット」への変更により、味方へのバリアの使用によりメリットが生じるようになります。

  • バリア・ショット

    • ライフを200から225に増加

    • クールダウンを10秒から8秒に短縮

    • サイズを15%拡大

ダメージ

アッシュ
開発者コメント:アッシュはリロードの途中でも射撃を行える優位性があるため、バランスをとるためにヒーローでも最長の合計リロード時間に設定されていました。この所要時間を少し短縮し、空の状態からフルまでのリロードの負担を軽減しました。

  • ザ・ヴァイパー

    • リロード時間を0.25秒から0.2秒に短縮

バスティオン
開発者コメント:「A-36タクティカル・グレネード」は、投射物のサイズを先日より大きく変更したため、そこまで大きなダメージを必要としないようになりました。砲台モードへの変更はアルティメット向けを意図していたバグの修正です。これにより、バスティオンのパフォーマンスがどの程度変化するかを注視していきます。

  • A-36タクティカル・グレネード

    • 直撃ダメージを30から15に減少

  • 砲台モード

    • クリティカル・ヒットが発生しないようになる

メイ
開発者コメント:メイは前回の一連の変更を行った後でもまだパフォーマンスが不足していました。そこで、メイン攻撃の効率と「ディープ・チル」の利便性を向上させました。

  • 凍結ブラスター

    • ダメージ量を毎秒65から70に増加

    • メイン攻撃が当たってから動きを鈍らせる効果が切れるまでの時間を0.5秒から0.6秒に延長

  • ディープ・チル

    • メイのクイック近接攻撃でもボーナス・ダメージが発生するように変更

サポート

サポート・パッシブ

  • サポート・パッシブ発生までの時間を1.5秒から2秒に延長

開発者コメント:サポートヒーローたちは個別の改善により生存能力が上がって総合的にかなり強くなっていたため、ロール全体のパッシブの影響度を下げました。

バティスト
開発者コメント:ライフが低い味方のいる場合の「リジェネ・バースト」の回復量が総合的にかなり高かったため、合計回復量を少し下げました。

  • リジェネ・バースト

    • 即座の回復量を50から40に減少

    • 時間経過での回復を5秒で50から4秒で40に減少

キリコ
開発者コメント:「鈴のご加護」は敵のヒーローをノックバックさせないように変更されたため、鈴が敵に当たる必要もありません。このゲームプレイの改善により、敵と味方が入り乱れる集団に向かって投擲した場合に誤って起動することを防止しました。

  • 鈴のご加護

    • 敵のヒーローには当たらないように変更

全ヒーローの年齢が判明

なお、アップデートに併せて公式サイトの全ヒーローのプロフィールに誕生日と年齢が掲載されました。オリーサが最年少(非人間を除けばイラリーが最年少)、シグマが最年長、8月生まれはいないなど様々な設定が明らかとなっていますが、キリコとゲンジ・ハンゾーとの年齢差に混乱しているファンもいるようです(オリジンストーリーのイラストと一致しない)。

ヒーロー

誕生日

年齢

オリーサ

5月9日

1歳

エコー

2月5日

14歳

レッキング・ボール

10月15日

16歳

イラリー

12月21日

18歳

キリコ

7月7日

21歳

D.VA

6月22日

21歳

ブリギッテ

9月22日

25歳

ジャンクラット

2月29日

27歳

ルシオ

3月20日

28歳

ラマットラ

3月29日

28歳

トレーサー

2月17日

28歳

シンメトラ

10月2日

30歳

ザリア

12月4日

30歳

ライフウィーバー

4月28日

31歳

ジャンカー・クイーン

6月14日

31歳

ウィンストン

6月6日

31歳

バスティオン

不明

32歳

ソンブラ

12月31日

32歳

メイ

9月5日

33歳

ゼニヤッタ

7月14日

33歳

ファラ

4月15日

34歳

ウィドウメイカー

11月19日

35歳

ゲンジ

10月28日

37歳

バティスト

3月12日

38歳

マーシー

5月13日

39歳

キャスディ

7月31日

39歳

ハンゾー

11月3日

40歳

アッシュ

10月1日

41歳

ドゥームフィスト

5月25日

47歳

ソジョーン

1月12日

47歳

ロードホッグ

9月12日

50歳

モイラ

4月4日

50歳

ソルジャー76

1月27日

58歳

トールビョーン

9月21日

59歳

リーパー

12月14日

60歳

アナ

1月1日

62歳

ラインハルト

6月26日

63歳

シグマ

3月15日

64歳

We finally know Kiriko's age!
byu/Kuria9105 inOverwatch
このイラストでキリコを5歳とすると、ゲンジは21歳、ハンゾーは25歳ということに……
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『パルワールド』重大な不具合修正のアップデート配信―全パルの与えるダメージが半減していた問題など

    『パルワールド』重大な不具合修正のアップデート配信―全パルの与えるダメージが半減していた問題など

  2. 実写ドラマ「フォールアウト」ルーシーの愛銃を『Fallout 4』に追加するModが公開!エネルギーブラスターに改造も可能

    実写ドラマ「フォールアウト」ルーシーの愛銃を『Fallout 4』に追加するModが公開!エネルギーブラスターに改造も可能

  3. ゲームだけど撃つのはエアガン―サバゲーシム『Airsoft Online』Steamページ公開、BB弾のホップアップ弾道も再現のこだわりリアルさ

    ゲームだけど撃つのはエアガン―サバゲーシム『Airsoft Online』Steamページ公開、BB弾のホップアップ弾道も再現のこだわりリアルさ

  4. 大規模対戦WWIIシューター『Project 1942』Steamストアページが公開―陸海空で激戦を繰り広げる『BF1942』ライク

  5. MSIがAMD次世代CPU「Ryzen 9000」シリーズ対応のBIOS配信―着々と迫る新CPUの足音

  6. キャラメイクで“飼い猫”を再現するプレイヤーも?『FF14 黄金のレガシー』ベンチマークソフト公開で、新種族「ロスガル族女性」が猫っぽいと話題

  7. 『Fallout 4』ロンドンが舞台の大型Mod「Fallout London」配信延期。課題は大型パッチと膨大過ぎるファイルサイズ

  8. 13世代・14世代インテルハイエンドCPUで負荷によりVRAMエラー発生の不具合継続中―i7も対象か?

  9. 鉄道網を広げて都市を発展させる街づくりシム『Sweet Transit』4月22日正式リリース!

  10. 愛車で車中泊ひとり旅どこまでも…サバイバル要素もあるキャンピングカーシム『Vanlife Camping Simulator』発表

アクセスランキングをもっと見る

page top