ロボットを自由にカスタマイズ!自分だけの強力な戦闘ロボを創り出せるVR『Mecha Force -メカフォース-』MyDearestがグローバルでのパブリッシング契約締結【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロボットを自由にカスタマイズ!自分だけの強力な戦闘ロボを創り出せるVR『Mecha Force -メカフォース-』MyDearestがグローバルでのパブリッシング契約締結【UPDATE】

日本のロボットアニメに影響を受けたクリエイターたちが手掛けています。

ゲーム機 VR
ロボットを自由にカスタマイズ!自分だけの強力な戦闘ロボを創り出せるVR『Mecha Force -メカフォース-』MyDearestがグローバルでのパブリッシング契約締結【UPDATE】
  • ロボットを自由にカスタマイズ!自分だけの強力な戦闘ロボを創り出せるVR『Mecha Force -メカフォース-』MyDearestがグローバルでのパブリッシング契約締結【UPDATE】
  • ロボットを自由にカスタマイズ!自分だけの強力な戦闘ロボを創り出せるVR『Mecha Force -メカフォース-』MyDearestがグローバルでのパブリッシング契約締結【UPDATE】
  • ロボットを自由にカスタマイズ!自分だけの強力な戦闘ロボを創り出せるVR『Mecha Force -メカフォース-』MyDearestがグローバルでのパブリッシング契約締結【UPDATE】
  • ロボットを自由にカスタマイズ!自分だけの強力な戦闘ロボを創り出せるVR『Mecha Force -メカフォース-』MyDearestがグローバルでのパブリッシング契約締結【UPDATE】

主にVRゲームを扱うMyDearestですが、VRゲーム『Mecha Force -メカフォース-』のグローバルでのパブリッシング契約を締結したことを発表しました。

まるでロボットのパイロット気分!迫りくる敵を巨大ロボに搭乗して撃破せよ

©MyDearest, Inc. ©MechaForce ©MingStudio

本作は様々な武装の組み換えや敵の攻撃によりモニター全面に広がる警告表示など、日本製ロボアニメファンのクリエイターらが徹底的にこだわり抜いた演出などが魅力のロボットアクションVRゲームです。プレイヤーは巨大ロボットに乗り込み操縦し、迫りくる敵をレーザー砲やパルスガン、ミサイルなどの武器を駆使して撃破していきます。

開発を手掛けるのは2021年10月設立の新進気鋭のVR開発スタジオMingStudioです。NetEaseやByteDanceなどを出身とするメンバーなどから構成され、『鈴蘭の剣』や『仁王』『ワンピース:海賊無双』などの開発にも参加した経験と実力を誇るメンバー揃いとのこと。

©MyDearest, Inc. ©MechaForce ©MingStudio
©MyDearest, Inc. ©MechaForce ©MingStudio

本作の特徴は、あたかも自身が巨大ロボに搭乗して戦っているような臨場感と、日本製ロボアニメに影響を強く受けた演出の数々。クリエイターたちは皆日本製ロボアニメに影響を受けた人ばかりとのことで、深いリスペクトと溢れんばかりのロボット愛に満ちた作品となっています。

©MyDearest, Inc. ©MechaForce ©MingStudio

「ゲッターロボ」「ガンダム」「新世紀エヴァンゲリオン」「天元突破グレンラガン」「コードギアスシリーズ」など、新旧問わず様々な作品を意識させる本作。他にもロボットモノに欠かせない武装の組み換えといった要素もしっかり完備するなど、ロボゲー好きにはたまらない1作となりそうです。

VRゲーム『Mecha Force -メカフォース-』はMeta Quest/Steam VR/Picoを対象に開発中で配信は2024年予定です。



※UPDATE(2023/11/28 13:42):体験版のプレイがトラブルにより行えなくなったため、記事を修正いたしました。

《K.K.》

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 画面なしのハンドヘルド機「Pocket GO」発表―ARグラス仕様&AMD最新モデル「Ryzen 7 8840HS」搭載

    画面なしのハンドヘルド機「Pocket GO」発表―ARグラス仕様&AMD最新モデル「Ryzen 7 8840HS」搭載

  2. PS3とPS Vita本体からのPSNアカウント作成および管理が不可に―最新システムソフトウェア配信

    PS3とPS Vita本体からのPSNアカウント作成および管理が不可に―最新システムソフトウェア配信

  3. Steamゲームのコントローラー対応がわかりやすく!PS系を中心に対応表記が大幅拡充

    Steamゲームのコントローラー対応がわかりやすく!PS系を中心に対応表記が大幅拡充

  4. 『ソウル・サクリファイス』開発陣の新作『ソウル・コヴェナント』発表!“主人公との一体化”を追求するVRドラマチックACT

  5. 【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

  6. VRゲームのサブスクMeta Quest+発表、月790円で毎月2本入手。初回は『Pistol Whip』

  7. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  8. AIの力が対戦ゲームに嵐呼ぶ?MSIが『LoL』プレイ時に敵の出現予測位置を示す最新モニター発表―他作品にも学習で対応可能

  9. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」N64にも対応するシステムソフトウェアv1.1.30がリリース!

  10. 「ダンジョンズ&ドラゴンズ」初となるVRゲーム開発発表―VR対応ダンジョンTRPG『Demeo』のResolutionが手掛ける

アクセスランキングをもっと見る

page top