HoYoverseが「コミケ」に初出展!『原神』『崩壊:スターレイル』『崩壊3rd』からグッズ販売・ブース展示を予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

HoYoverseが「コミケ」に初出展!『原神』『崩壊:スターレイル』『崩壊3rd』からグッズ販売・ブース展示を予定

「コミックマーケット103」にHoYoverseが参加決定。HoYoverseとしてのコミケ出展は今年が初!

ゲーム文化 イベント
HoYoverseが「コミケ」に初出展!『原神』『崩壊:スターレイル』『崩壊3rd』からグッズ販売・ブース展示を予定
  • HoYoverseが「コミケ」に初出展!『原神』『崩壊:スターレイル』『崩壊3rd』からグッズ販売・ブース展示を予定
  • HoYoverseが「コミケ」に初出展!『原神』『崩壊:スターレイル』『崩壊3rd』からグッズ販売・ブース展示を予定
  • HoYoverseが「コミケ」に初出展!『原神』『崩壊:スターレイル』『崩壊3rd』からグッズ販売・ブース展示を予定
  • HoYoverseが「コミケ」に初出展!『原神』『崩壊:スターレイル』『崩壊3rd』からグッズ販売・ブース展示を予定
  • HoYoverseが「コミケ」に初出展!『原神』『崩壊:スターレイル』『崩壊3rd』からグッズ販売・ブース展示を予定

HoYoverseは、12月30日~31日に開催される「コミックマーケット103(以下、C103)」に出展することを発表しました。

HoYoverseとしてコミックマーケットに出展するのは今年が初であり、『原神』『崩壊:スターレイル』『崩壊3rd』の3タイトルからグッズ販売とブース展示を予定しています。各タイトルの出展概要は下記の通りです。

◆『原神』

長さ6mの巨大フォトスポットが「南1ホール」に設置され、コスプレイヤーや旅人たちは思う存分に写真撮影を楽しめます。また、会場で『原神』のグッズを購入すると、金額に応じてC103限定プレゼントも入手できます。

■グッズ購入の詳細(※特典はなくなり次第終了です)

  • 『原神』関連グッズを購入すると「C103限定ポストカード」が1枚プレゼントされます。

  • 1回の『原神』関連グッズの購入金額が3,000円(税込)以上の場合、「C103限定シール」が1枚プレゼントされます。

  • 1回の『原神』関連グッズの購入金額が10,000円(税込)以上の場合、「C103限定新年祈願木製絵馬」が1枚プレゼントされます。

◆『崩壊:スターレイル』

会場内の「休日の蒼龍」カチューシャをつけているスタッフに「崩壊スターレイル乗客旅券」を見せると、C103限定スタンプをゲットできます(※過去に発行された旅券も有効です)。

また、会場で『崩壊:スターレイル』のグッズを購入すると、金額に応じてプレゼントも入手できます。

■グッズ購入の詳細(※特典はなくなり次第終了です)

  • 『崩壊:スターレイル』関連グッズを購入すると「崩壊スターレイル乗客旅券」がプレゼントされます。

  • 1回の『崩壊:スターレイル』関連グッズの購入金額が3,000円(税込)以上の場合、「《パムからのプレゼント》ステッカー」が1枚プレゼントされます。

  • 1回の『崩壊:スターレイル』関連グッズの購入金額が5,000円(税込)以上の場合、「《パムからのプレゼント》クリアファイル」が1枚プレゼントされます。

◆『崩壊3rd』

物語の原画展示をはじめ、会場ではハイペリオンやキャラクターたちの可愛いシールも無料配布されます。また、会場で『崩壊3rd』の関連グッズを2,000円(税込)以上購入すると、プレゼントも入手できます。

■グッズ購入の詳細(※特典はなくなり次第終了です)

  • 『崩壊3rd』エリアに来場した人に、1人につき「崩壊3rdシールセット」が1枚無料配布されます(※1日の無料配布の数は限られます)。

  • 1回の『崩壊3rd』関連グッズの会計金額が2,000円(税込)以上の場合、クリアファイル、バッジ、ストラップのいずれか1つがランダムでプレゼントされます。


HoYoverseブースは「東京ビッグサイト 南展示棟 企業ブース No.2511」にて、12月30日~31日の10時30分~16時00分に出展されます。また、ブースで商品を購入すると「ショッパー」も1枚プレゼントされます。

各タイトルの物販情報など、詳細は特設サイトよりご確認ください。

© COGNOSPHERE


PlayStation 5(CFI-2000A01)
¥66,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

    「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  4. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  5. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  6. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  7. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  8. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  9. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  10. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

アクセスランキングをもっと見る

page top