『オーバーウォッチ 2』シーズン10からは全ヒーローを即時利用可能に―バトルパスでのアンロックは不要 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ 2』シーズン10からは全ヒーローを即時利用可能に―バトルパスでのアンロックは不要

過去シーズンのミシック・スキンを入手できる「ミシック・ショップ」も登場。

PC Windows
『オーバーウォッチ 2』シーズン10からは全ヒーローを即時利用可能に―バトルパスでのアンロックは不要
  • 『オーバーウォッチ 2』シーズン10からは全ヒーローを即時利用可能に―バトルパスでのアンロックは不要
  • 『オーバーウォッチ 2』シーズン10からは全ヒーローを即時利用可能に―バトルパスでのアンロックは不要
  • 『オーバーウォッチ 2』シーズン10からは全ヒーローを即時利用可能に―バトルパスでのアンロックは不要
  • 『オーバーウォッチ 2』シーズン10からは全ヒーローを即時利用可能に―バトルパスでのアンロックは不要
  • 『オーバーウォッチ 2』シーズン10からは全ヒーローを即時利用可能に―バトルパスでのアンロックは不要
  • 『オーバーウォッチ 2』シーズン10からは全ヒーローを即時利用可能に―バトルパスでのアンロックは不要

Blizzard Entertainmentは『オーバーウォッチ 2』の公式YouTubeチャンネルにて最新の開発アップデート映像を公開。ゲーム・ディレクターのアーロン・ケラー氏がシーズン10以降の計画について語りました。ヒーローのリリースからミシック・スキンに関する変更、チャレンジとコイン、ゲームプレイの見直し、新マップまで、様々な取り組みが明らかにされています。

ヒーローのリリース

  • シーズン10からは全ての新ヒーローをリリース時から解放。今後はバトルパスを通してのアンロックは不要に。

  • あわせて過去シーズンで登場したヒーローも即時アンロックする予定。

  • 新規プレイヤーはチュートリアルを兼ねたFTUE(ファーストタイム・ユーザーエクスペリエンス)をこなしてヒーローをアンロックする必要があり、初代『オーバーウォッチ』から登場するヒーローをすべてアンロックすると『オーバーウォッチ 2』のヒーローもアンロックされる。

昨年のBlizzConでチラ見せされた新ヒーロー「ベンチャー」

ミシック・スキンに関する変更

  • シーズン10からはミシック・スキンの獲得やアップグレード、アンロックを行える「ミシック・ショップ」を導入。

  • ミシック・ショップでは2シーズン以上前に登場したミシック・スキンも入手可能(シーズン10の場合、シーズン1~7に登場したもの)。

  • ミシック・スキンのカラーやバリエーションのアンロックを自由に選択できるようになり、すべてをアンロックする必要がない場合はその分のリソースを他のミシック・スキンの獲得に充てることができる。

チャレンジとコイン

  • シーズン10からはオーバーウォッチ・コインが無料バトルパスとプレミアム・バトルパスの報酬として登場するようになる。

  • シーズンごとに無料できるコインの量が540から600になる予定。

  • ウィークリー・チャレンジもプレイスタイルに適した内容に生まれ変わり、バトルパスXPが報酬として登場する予定。

ゲームプレイの根本的な見直し

  • 今後は新システムの導入、既存のシステムの更新、メタの大変動、ランクのリセット、新報酬を定期的に導入予定。

新マップ

  • BlizzCon 2023で初公開した新モード「クラッシュ」は2つの新マップとともに今年配信。

  • 正式配信前に新マップ「HANAOKA」を舞台にしたクラッシュのトライアルをシーズン10開幕時に期間限定で実施予定。

  • シーズン11ではペルーを舞台にした新マップ「RUNASAPI」を導入。

  • 既存のマップの見直しも進めており、シーズン11では「COLOSSEO」をリワーク予定。

  • 要望の多い「DRADO」「CIRCUIT ROYALE」「HAVANA」「NUMBANI」の大規模リワークも進行中。

シーズンを追うごとに進化していく『オーバーウォッチ 2』。シーズン10開幕前にもう1つの「開発アップデート」が公開予定となっており、ライバル・プレイの計画の他、プレイヤーの迷惑行為やライバル・プレイのグループ制限、プレイヤーの匿名性に関するディフェンス・マトリックスの取り組みが伝えられるとのことです。


PlayStation 5(CFI-2000A01)
¥66,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
【純正品】PlayStation Portal リモートプレーヤー(CFIJ-18000)
¥29,981
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 地獄の乱痴気騒ぎが更に加速。エログロ淫魔ACT『SUCCUBUS』ボンデージ姿で鞭を振るう新DLC「Tormentress」Steamで5月末配信

    地獄の乱痴気騒ぎが更に加速。エログロ淫魔ACT『SUCCUBUS』ボンデージ姿で鞭を振るう新DLC「Tormentress」Steamで5月末配信

  2. 大商店経営はマルチプレイでも大忙し!2人プレイ対応バザールシミュレーター『Old Market Simulator』早期アクセス開始

    大商店経営はマルチプレイでも大忙し!2人プレイ対応バザールシミュレーター『Old Market Simulator』早期アクセス開始

  3. 日本語ローカライズ対応アプデ配信!3DダンジョンオートバトラーRPG『Dragon Ruins』より気軽に探索可能に

    日本語ローカライズ対応アプデ配信!3DダンジョンオートバトラーRPG『Dragon Ruins』より気軽に探索可能に

  4. クトゥルフテーマの2DピクセルスタイルSTG『アンカー 封鎖ゾーン』Steamにて高評価スタート!ガチ改造の愛銃片手に怪物相手のサバイバル

  5. 魔女狩りながら禁断の魔法を解き放つ役目を担うオープンワールドRPG『Rubedo: The Occult Dawn』Steamストアページ公開―隠れ家を建て錬金術で装備を強化

  6. 「GigaCrysta」から、お値段も手ごろな180Hzリフレッシュレート対応/27型ゲーミングモニター 「LCD-GD271JD」登場!【イベントレポ】

  7. 自然環境の研究が要の街づくりSLG『シナジー』Steam早期アクセス開始!魅惑的で過酷な世界で人々が幸福に暮らせる街を作ろう

  8. 自分だけの動く基地を組み立て砂漠で戦うPvPvE『SAND』ゲームプレイ映像!ベータテストは夏開催

  9. GBA世代『ポケモン』風RPG『Risimon』Steamストアページ公開―大きなお友達がトンデモ・モンスターをゲットだぜ

  10. 如意棒を手に暴れ回れ!アクションRPG『黒神話:悟空』アクション盛り沢山の新トレイラー

アクセスランキングをもっと見る

page top