『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作

新作の発売に備えて節約したい、でもゲームは遊びたい。そんな願いを、お得なゲームセールで叶えてみてはいかがですか。

ニュース セール・無料配布
『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作
  • 『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作
  • 『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作
  • 『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作
  • 『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作
  • 『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作
  • 『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作
  • 『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作

ゲオのオンラインストアにて、5月25日からゲームセールが始まりましたが、そのラインアップが本日5月30日に更新され、セールの対象となるゲームソフトが入れ替わりました。

本記事では、更新されたセール内容をチェックし、特にお勧めしたいお買い得なタイトルを独断でピックアップして紹介します。次に遊ぶゲームを探している方は、この中から選んでみてはいかがでしょうか。

ただし、内容は記事執筆時点のものとなるので、確認するタイミング次第でセールソフトが売り切れている可能性があります。その点、あらかじめご了承ください。また、中古相場は個人的に調査したもので、価格を保証するものではありません。

■スイッチのセールは、定番の人気タイトルから新品まで多種多彩!

対象になっているソフトの大半は中古ですが、ごく一部ながら新品のソフトもお買い得な価格になっています。スイッチの場合、『ソニックスーパースターズ』『ゲームセンターCX 有野の挑戦状 1+2 REPLAY』が対象になっています。

『ソニックスーパースターズ』のスイッチ版は、一般的な中古相場だと3,000円前後。それが新品で2,499円なら、間違いなくお買い得です。また『ゲームセンターCX 有野の挑戦状 1+2 REPLAY』は、今年の2月に発売されたばかり。こちらも相場が4,000円前後なので、2,999円なら狙っていた人にとって絶好の機会といえます。

ここからは中古ソフトになりますが、昨年発売されて人気を博した『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』が、今回のセールで3,499円になっています。こちらも中古相場はもう少し高めなので、手頃なこのタイミングがチャンスかもしれません。

定番タイトルでは、最新作が待ち遠しい『メトロイドプライム リマスタード』(2,799円)や、TVアニメ化が決まっている『天穂のサクナヒメ』(1,799円)が狙い目。また、HD-2DでシミュレーションRPGを描いた『トライアングルストラテジー』1,999円と、手に取りやすい価格になっています。

スローライフを楽しみたいなら、『なつもん! 20世紀の夏休み』(2,499円)『ルーンファクトリー3スペシャル』(1,999円)はいかがでしょうか。また、こちらはゲーム進行が忙しめですが、生活シムとファンタジックな冒険を融合させた『ハーヴェステラ』(3,999円)も悪くありません。

PS4などの他機種版と比べると、スイッチ版の中古価格の方がやや高いソフトがいくつもあります。そうしたゲームも今回のセールでお求めやすくなっており、『十三機兵防衛圏』(3,499円)、『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』(2,299円)、『シアトリズム ファイナルバーライン』(2,499円)、『マリーのアトリエ Remake ~ザールブルグの錬金術士~』(1,999円)、『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル R』(3,299円)などが、セールタイトルとしてラインナップされています。

このほかにも、『METAL GEAR SOLID: MASTER COLLECTION Vol.1』(2,999円)や『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』(3,299円)などの人気ソフトもお手頃です。

【ゲオ オンライン セール価格:スイッチ】

・スイッチ『ソニックスーパースターズ』:2,499円(新品)
・スイッチ『ゲームセンターCX 有野の挑戦状 1+2 REPLAY』:2,999円(新品)
・スイッチ『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』:3,499円
・スイッチ『メトロイドプライム リマスタード』:2,799円
・スイッチ『天穂のサクナヒメ』:1,799円
・スイッチ『トライアングルストラテジー』:1,999円
・スイッチ『なつもん! 20世紀の夏休み』:2,499円
・スイッチ『ルーンファクトリー3スペシャル』:1,999円
・スイッチ『ハーヴェステラ』:3,999円
・スイッチ『十三機兵防衛圏』:3,499円
・スイッチ『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』:2,299円
・スイッチ『シアトリズム ファイナルバーライン』:2,499円
・スイッチ『マリーのアトリエ Remake ~ザールブルグの錬金術士~』:1,999円
・スイッチ『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル R』:3,299円
・スイッチ『METAL GEAR SOLID: MASTER COLLECTION Vol.1』:2,999円
・スイッチ『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』:3,299円



《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. リメイク版『Alone in the Dark』開発会社閉鎖へ。Embracer Groupが2017年に買収

    リメイク版『Alone in the Dark』開発会社閉鎖へ。Embracer Groupが2017年に買収

  2. 2000年代に発売予定だった海賊アクションゲーム『Captain Blood』が再発表! PC/コンソール向けに2024年秋発売決定

    2000年代に発売予定だった海賊アクションゲーム『Captain Blood』が再発表! PC/コンソール向けに2024年秋発売決定

  3. 2024年8月、ドイツの「gamescom 2024」ジャパンブースへ『ウィザードリィ外伝 五つの試練』を含む3タイトルが出展決定―経産省の国産インディーゲーム海外展開支援施策

    2024年8月、ドイツの「gamescom 2024」ジャパンブースへ『ウィザードリィ外伝 五つの試練』を含む3タイトルが出展決定―経産省の国産インディーゲーム海外展開支援施策

  4. パラド新作生活シミュ『Life by You』の開発が中止―再々々延期から復活ならず

  5. 『ガンダムブレイカー3』などセール最安値を更新!『カプコンアーケード 2ndスタジアム』は1本あたり“約52円”と大特価【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  6. 『グランド・セフト・オート』シリーズ最新作『GTA6』正式発表!流出受けてトレイラーを予定より早く公開―舞台は「バイスシティ」

  7. 『CONTROL』主人公がプレイアブルに!『Alan Wake 2』新ストーリーDLC「NIGHT SPRINGS」新情報発表&明日解禁―パッケージ版も発売へ【Summer Game Fest速報】

  8. 『Dark and Darker』ネクソンによるサービス中断の仮処分申請が棄却へ―但し判決にはまだ十分な証拠調査が必要か

  9. “非常に好評”サバイバルACT『Wizard with a Gun』開発元Galvanic Gamesが閉鎖へ…創設者曰く「売上はスタジオ存続に十分でなかった」

  10. エクスペリエンス新作は2DフィールドハクスラRPGとDRPG!『モンカルファンタ 勇者と水晶の少女』『デモンキルデモン:黄泉1984(仮題)』新情報公開

アクセスランキングをもっと見る

page top