全然違ウ!海外版カバーアート『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻 』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻 』

家庭用ゲーム Xbox360

担当者の思いつきで突如始まった不定期連載シリーズ“[b]全然違ウ!海外版カバーアート[/b]”をお届け。おもに国産のゲームで、海外版のパッケージアートが本家と全然違う絵になっているものをピックアップしてご紹介します。

今回の一品はこちら、なつかしいスーファミの[b]がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻 [/b]。まずは日本版のパッケージ画像を見てみましょう。




そしてこちらが問題の海外版ボックスアート・・・



まず、タイトルが全然違うのに驚き・・・ その名も“[b]Legend of the Mystical Ninja[/b]”。タイトルの通り不気味なほどミスティカルなこのイラスト、原型を留めているのは、ゴエモンのぷりっとした顔の輪郭くらいでしょうか。当然中身は日本版と一緒なわけで、このパッケージに惹かれてゲームを購入した当時の海外ユーザーにはかなりの想像力が要求されたのでは。

海外では後にアートワーク及びタイトル名も日本のものと統一され、TVアニメなども放映されて人気を博したそうです。つい最近は、Wiiのバーチャルコンソールでも本作が配信されていますが、当時のコナミの看板キャラも今では前線を退いてもう一つ元気がないのがさみしいところです。

【関連記事】
80年代のコナミキャラクター、元ネタ映画との比較写真集!
お腹にコナミコマンドをイレズミ・・どうしてゲームボーイまで?
8ビット時代のゲームオーバークロニクル

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C) Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

    『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

  2. 『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

    『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

  3. 『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

    『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

  4. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  5. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  6. 任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」発表―スイッチ/3DSのタイトルは?

  7. リマスター版『ダークソウル』ハードによる違いはあるの?公式サイトにて仕様が公開

  8. PS4版『ボーダーブレイク』オープンβスケジュールを発表!

  9. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  10. 作ったダンボールコントローラーで遊ぶ『Nintendo Labo』が発表!―「バラエティキット」「ロボットキット」が4月20日発売

アクセスランキングをもっと見る

page top