Plasmidsは自腹で購入?『BioShock』の能力強化 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Plasmidsは自腹で購入?『BioShock』の能力強化

PC Windows



単純なFPSにはとどまらない、スケールの大きなゲームであるBioShockにはいくつもの要素が含まれています。通常のシューティングにはもの、そのひとつが成長要素です。基本的にシューター系はその名の通りプレイヤーの技術とゲームキャラクターの強さが同一になりますが、BioShockはアドベンチャー要素を多分に含むゲーム性ゆえに、反射神経や射撃スキルより重要なものがあるようです。まずは最新の動画からどうぞ。




そのひとつがPlasmidsという主人公の特殊能力(正確にはそれを発生させるためのガジェット)。このPlasmidsは、物語の舞台となる深海都市Raptureを設立したAndrew Ryan氏が開発したもの。Ryan Industriesによるテクノロジー、Plasmids。プレイヤーは、どうやらPlasmidsをゲーム中に購入することになりそう。ということはお金の概念も導入されるのでしょうか?炎や氷、雷といった特殊能力は、それぞれの敵に個別に設定された弱点を攻める手段にもなりえます。

たとえば下の画像のようなやっかいな敵にはバイオショック!をお見舞いしてやるのがベターですよ。あまり近づきたくないです。

[size=x-small]Raptureをさまよう男。このゲームではこれでもかわいい方。[/size]


これらの敵と深海都市で戯れる夏(発売は8月末)はもうすぐそこ!

[size=x-small](ソース:[url=http://blogs.ign.com/Irrational_Games/2007/06/18/57742/]IGN[/url])[/size]

【関連記事】
『BioShock』は特殊能力も多彩!デモ配信も期待できる…かも!
GDEXストア新着情報 今夏最大の期待作の一つ『BioShock』にXbox360アジア版が登場!
ドリルが怖い!『Bioshock』のキャラクター"Big Daddy"のフィギュア

BioShockの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)2007 Take-Two Interactive Software All rights reserved.
《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 『Warface』の「バトルロイヤルモード」実装アップデートが配信!―新武器なども追加

    『Warface』の「バトルロイヤルモード」実装アップデートが配信!―新武器なども追加

  2. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

    開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

  3. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  4. インディーアドベンチャー続編『Finding Paradise』発売日決定!―コメディー仕立てのトレーラーも

  5. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  6. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

  7. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  8. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  9. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  10. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

アクセスランキングをもっと見る

page top