海外レビューハイスコア『Bomberman Live(ボンバーマン Live)』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『Bomberman Live(ボンバーマン Live)』

家庭用ゲーム Xbox360



●[b]Team Xbox: [size=medium]9.3[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―これはマルチプレイヤーで白熱するBombermanと言える。Bomberman Liveは、Wii版のようにローカルなマルチプレイをする必要は無い。

●[b]Xboxic: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―たった800MSPを支払うだけで、意味のない計略による行き詰まりがなく、見かけ倒しなプレイでも通用するパーティゲームを体験する事が出来る。近いうちに開発者は、新しいマップとコスチュームを用意するとしている。リプレイ性を更に増強させるために。

●[b]1UP: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―公式に告知が以前よりあったように、このゲームは忙しくて陽気だ。そして、これがハードディスクにあり、いつでも8人のプレイヤーが対戦できるように準備されているのは、完全にLive アーケードタイトルと言えるだろう。

●[b]IGN: [size=medium]8.4[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―このゲームは多くの面白さが詰められており、そしてゲームプレイに関しては非常にダイナミックで十二分に800MSPを支払う価値のあるタイトルだ。

●[b]EuroGamer: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―安く、洗練されたオンライン対応が提供となっており、ファンと新規参入者は心から受け入れるべきである。それは、正確にはマイクロソフトがLive アーケードタイトルの開発者と、いろいろと適切な思慮を持つゲームプレイヤーが笑顔をもたらすべきものでもある。


* * *


E3 2007開催前よりアナウンスのあった、[url=http://www.xbox.com/ja-JP/games/b/bombermanlivexboxlivearcade/default.htm]Bomberman Live(ボンバーマン Live)[/url]。そのゲーム性は旧来からのベースとなっているトップビュー視点で、どんなゲームプレイヤーにも分かりやすいシステムが採用されています。戦略や戦術よりも、直感で爆弾を置いて相手を倒していく爽快感はクセになります。オマケで付いてくるコスチューム(と頭パターンと飾り)は、プレイ中の条件によりアンロックされていきます。マップは8つと少なめですが、ノーマルだけでなくゾンビパネルや、いだてん(高速移動)などのバリエーションが用意されています。オンラインでは8人までの対戦が可能。[b]本当に800MSPだけでこんなに楽しめるの?![/b]という内容の濃さは、Xbox Live アーケードタイトルの中では秀逸です。海外評価コメントもベタ褒めなものが多く、評点もバラツキはありますが8.0以上のものがほとんどを占めています。爆弾を抱えて投げ込んだり、キックして逆転に持ち込んだり、あらゆる楽しみ方で遊べるBomberman Live。是非、プレイしてみて下さい。

【関連記事】
Xbox Live アーケード『Bomberman Live』『Yie Ar Kung Fu』7月18日配信予定
XBLA:『EXIT』PSPのゲームが今夏登場、WiiとDSへの輸出タイトルも!
昔なつかし『ボンバーマン』がXbox Liveアーケードに登場

ボンバーマンの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)HUDSON SOFT All Rights Reserved.
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』PTRで新マップ“Blizzard World”実装!―ブラックフライデーセールも実施中

    『オーバーウォッチ』PTRで新マップ“Blizzard World”実装!―ブラックフライデーセールも実施中

  2. 『ストリートファイターV アーケードエディション』新バトルスタイル「VトリガーII」の動画が公開

    『ストリートファイターV アーケードエディション』新バトルスタイル「VトリガーII」の動画が公開

  3. 『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

    『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

  4. 『TINY METAL』の発売が延期―開発スタジオが機能追加を行う必要があると判断

  5. 『マインクラフト』次期大型アップデートが海外予告、多彩な「水」関連要素が実装

  6. 「PlayStation4ゲットチャンスキャンペーン!!」開催決定、PS4本体購入でDL版『New みんなのGOLF』をプレゼント

  7. 『THE KING OF FIGHTERS XIV』にサウジアラビアのキャラ&ステージが登場!中東のデザインコンペから選出

  8. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

  9. 『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

  10. 【特集】『アサシン クリード オリジンズ』で往く魅惑のエジプト観光ガイド…ツアーモード配信前の「旅のしおり」

アクセスランキングをもっと見る

page top