『Halo 3』取りにくいスカルの獲得方法をご紹介!ハヤブサアーマーも! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Halo 3』取りにくいスカルの獲得方法をご紹介!ハヤブサアーマーも!

家庭用ゲーム Xbox360

キャンペーンスコアを上げ、実績も獲得出来るHalo 3のスカル。これにはコレクション性と、どのくらいゲームをやり込んでいるかのバロメーター的な役割も持っています。特にUnknownといった特殊なスカルを見つけるには、ある方法を知っていないと取れません。今回はムービーを交えてご紹介します。


[b]ゴールドスカル[/b]

・スカルネーム: Iron
・ミッション: Sierra117

建物の上にあるキャットウォーク(狭い幅で歩ける場所)を見つけ、その上を歩いて一番奥の隅にスカルがあります。下の方から敵が撃って来るので、味方にスナイパー役をさせて援護してもらうのが得策です。途中で敵にやられた場合、スポーンポイントは一番最初からになるので、その点を覚えておきましょう。

・スカルネーム: Black Eye
・ミッション: Crow’s Nest

スタート直後に上を見るとあるパイプに乗り上がり、慎重に進んでいけば簡単に取れるスカルです。敵の攻撃を受けて、シールドチャージに2〜3秒掛かりますが、最初に受けてしまえば後は楽です。

・スカルネーム: Tough Luck
・ミッション: Tsavo Highway

敵が集まっている場所を何とかして確保し、巨大なシールドを破壊します。その後、建物を通過して橋を渡る途中、プレイヤーが向こう側を正面に見ている視点で左側にジャンプして、下のレベルまで降ります。最寄りの柱をジャンプしながら、通路に沿って歩きます。左側に注目しながら、離れて露出している岩にジャンプすると、そこのスカルがあります。

他のゴールドスカルの取り方は、ムービーをご覧下さい。

簡単そうで、案外難しい。FPSならではの距離感の掴みにくさが影響して……。


[b]シルバースカル[/b]

シルバースカルは3つあります。中でも一番取りにくいのが、ミッション: The ArkのCowbell。グラビティリフトを使って、上にある部屋に辿り着くだけです。が、このグラビティリフト、最も高い位置に移動するギリギリのところで効力が薄れてしまう仕様になっているため、かなりシビアな操作が必要となります。これはもう、何度もチャレンジして取るしかなさそうです。

どのゲームにでもあるハマリどころのCowbellスカル。根性で取るべし!


[b]Unknown(IWHBYD)スカル[/b]

このスカルは特殊で、コントロールテクニックよりもリングを潜る順番を1箇所でも間違えると、最初からやり直しになります。まずはこの全てのエリアに居る敵を倒してしまいましょう。それからリングを、以下の順番に潜ってきます(スタート地点からのリングの番号)。

[b]4,5,6,5,7,6,5,4,1,2,3,2,7,2,1,3,4,6,7,5,4,6,5,4,5,3,4[/b]

なお、通過する際の方向はどちらでも良いようです。

追記: 2007/10/04 19:15
上の通過リングの順番ですが、次の通りで良いようです。

[b]4,6,5,4,5,3,4[/b]

検証と報告を下さったREGELさん、情報ありがとうございます!

27回、リングをジャンプで潜ろう!間違えたら再チャレンジ!


それから、これはオマケ(?)になりますが[b]Dead or Alive[/b]や[b]NINJA GAIDEN[/b]でも大活躍のハヤブサのアイテムが、Halo 3のゲーマーポイントを1000ポイント達成することで着られるようになっているそうです。スクリーンショットは次の通りです。





このスタイルで飛び回っているプレイヤーが居るとか。早く身に着けたければ、やり込みに専念して1000ポイントを達成させましょう!
[size=x-small](ソース: [url=http://features.teamxbox.com/xbox/2062/Halo-3-Collecting-Skulls/p1/]TeamXbox[/url], ソース・イメージ: [url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=172917]CVG[/url])[/size]

【関連記事】
『Halo 3』はハイデフ表示ではない?HDR機能使用で80ピクセルの差が存在
海外レビューハイスコア『Halo 3』10点満点連発!
これが続編!『NINJA GAIDEN 2』正式発表!デビューティーザー

Halo 3の関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Bungie, (C)Microsoft Games Studios All Rights Reserved.
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

    『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

    『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  3. 【特集】『PUBG』の起源と、目指す先―BlueholeのChanghan Kim氏インタビュー

    【特集】『PUBG』の起源と、目指す先―BlueholeのChanghan Kim氏インタビュー

  4. 90年代の青春が蘇る…「スーファミ風ニンテンドースイッチ」を海外ゲーマーが制作

  5. 『ドラゴンボール ファイターズ』に「トランクス」が参戦決定!

  6. PS4『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアリマスタード』国内発売日決定!【UPDATE】

  7. ゲオ、「PS VR」ゲームソフト&周辺機器の購入ランキングを公開 ─ 人気No.1は『Farpoint』

  8. PS4『Days Gone』はプレイヤーの行動によって展開が変化―数々の詳細が明らかに

  9. 『モンスターハンター:ワールド』新要素や発売日は?現時点の情報まとめ

  10. 『モンスターハンター:ワールド』オンラインプレイに必要な課金は? 水中狩猟はあるの? 公開生放送のQ&Aを紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top