これが放送禁止に?!『Stranglehold』英国版CMムービー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

これが放送禁止に?!『Stranglehold』英国版CMムービー

PC Windows

アクションゲーム、特に暴力が前面に押し出されている内容のものは、CMも過激になる場合が多くあります。発売中のStrangleholdのCMが英国で放映されましたが、その内容に英国内から多数の批判を浴び、放送禁止になってしまったとのこと。問題となったムービーをご紹介します。


筆者は見慣れてしまっているので、あまり暴力的に感じないです……(麻痺?)


「え?そんなに暴力的でもないのにコレで禁止なの?!」と思うかも知れません。抗議の対象は主にゲームのストーリーにあるようです。[b]CMでは暴力を促し、それが良いことであると見なされてしまう可能性があると判断[/b]されたと、ASA(英国の広告審査機関)ルールによって決定。広告により取り沙汰された問題が時間制限により解決されることがなかったので、CMを完全に放送禁止としたそうです。復讐による暴力がテーマとなっている本作、お国柄も考えて制作した方が良かったかも。反対に話題となって売れるケースもまたしかり、ですが。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=24292]MaxConsole[/url])[/size]

【関連記事】
『Stranglehold』マルチプレイマップパック配信中 価格は1200MSP
PS3版『Stranglehold』がゴールドに、10月29日発売予定
GC 07: 『Stranglehold』最新スクリーンショット&Xbox 360版デモ配信中!
『Stranglehold』PC版は最小スペックで2ギガバイトのRAMが必要!
海外レビューハイスコア『Stranglehold』

Strangleholdの関連記事をGame*Sparkで検索!




《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 壮大宇宙MMO『EVE Online』Steam版リージョン規制解除、日本からのプレイが可能に

    壮大宇宙MMO『EVE Online』Steam版リージョン規制解除、日本からのプレイが可能に

  2. 『DOOM』新アップデートでDLCが本体に統合へ―フリーウィークエンドも実施

    『DOOM』新アップデートでDLCが本体に統合へ―フリーウィークエンドも実施

  3. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

    『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

  4. 恐怖が終わらない『サイコブレイク2』最新トレイラー!「全部お前のせいだ」

  5. サイバーパンクホラー『Observer』海外発売日決定!―「ブレードランナー」のルトガー・ハウアー出演も判明

  6. PC版『レインボーシックス シージ』新要素「アルファパック」が正式実装

  7. 『PUBG』Weekアップデート延期へ―内部クライアントクラッシュ問題で

  8. 『Warhammer 40,000: Inquisitor - Martyr』新トレイラー!―ユニークなシステムの紹介なども

  9. OS風操作の新感覚RPG『Kingsway』が配信開始!―デスクトップで展開する冒険

  10. タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

アクセスランキングをもっと見る

page top