これが放送禁止に?!『Stranglehold』英国版CMムービー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

これが放送禁止に?!『Stranglehold』英国版CMムービー

PC Windows

アクションゲーム、特に暴力が前面に押し出されている内容のものは、CMも過激になる場合が多くあります。発売中のStrangleholdのCMが英国で放映されましたが、その内容に英国内から多数の批判を浴び、放送禁止になってしまったとのこと。問題となったムービーをご紹介します。


筆者は見慣れてしまっているので、あまり暴力的に感じないです……(麻痺?)


「え?そんなに暴力的でもないのにコレで禁止なの?!」と思うかも知れません。抗議の対象は主にゲームのストーリーにあるようです。[b]CMでは暴力を促し、それが良いことであると見なされてしまう可能性があると判断[/b]されたと、ASA(英国の広告審査機関)ルールによって決定。広告により取り沙汰された問題が時間制限により解決されることがなかったので、CMを完全に放送禁止としたそうです。復讐による暴力がテーマとなっている本作、お国柄も考えて制作した方が良かったかも。反対に話題となって売れるケースもまたしかり、ですが。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=24292]MaxConsole[/url])[/size]

【関連記事】
『Stranglehold』マルチプレイマップパック配信中 価格は1200MSP
PS3版『Stranglehold』がゴールドに、10月29日発売予定
GC 07: 『Stranglehold』最新スクリーンショット&Xbox 360版デモ配信中!
『Stranglehold』PC版は最小スペックで2ギガバイトのRAMが必要!
海外レビューハイスコア『Stranglehold』

Strangleholdの関連記事をGame*Sparkで検索!




《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ハイエンドゲームPCの存在感ヤベェ!日本HPブースフォトレポ

    【TGS2017】ハイエンドゲームPCの存在感ヤベェ!日本HPブースフォトレポ

  2. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

    『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

  3. 【特集】バトロワシューター『PUBG』が遊ばれ続ける10の理由

    【特集】バトロワシューター『PUBG』が遊ばれ続ける10の理由

  4. 『サイコブレイク2』ボス戦含む「チャプター5」海外ゲームプレイ映像!

  5. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  6. Humbe Storeで人気インディーホラー『Outlast Deluxe Edition』Steam&DRMフリー版が期間限定無料配布開始!

  7. 『オーバーウォッチ』の週末無料プレイがスタート!PC版とPS4版で同時開催!

  8. 「Discord」ビデオ通話&画面共有の試験運用がスタート、正式ローンチは9月以降か

  9. 『Fortnite』に100人バトルロイヤルPvPが追加へ!開発元は『PUBG』にも言及

  10. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

アクセスランキングをもっと見る

page top