コンソールにも対応したCrytekの新エンジン!『CryENGINE 3』がGDCでデビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コンソールにも対応したCrytekの新エンジン!『CryENGINE 3』がGDCでデビュー

CrysisやFar Cryで知られる開発会社のCrytekは、同社が手掛けるゲームエンジンの次期バージョンとなる CryENGINE 3 を、GDC 2009で公開すると発表しました。CryENGINE 3ではPS3とXbox 360の次世代コンソールプラットフォームに対応します。

PC Windows


CrysisやFar Cryで知られる開発会社のCrytekは、同社が手掛けるゲームエンジンの次期バージョンとなるCryENGINE 3を、GDC 2009で公開すると発表しました。

Crysisシリーズで採用されていたCryENGINE 2と異なり、CryENGINE 3ではPS3とXbox 360の次世代コンソールプラットフォームに対応。もちろんWindows PCのDirectX 9/10や、MMOタイトルの開発もサポート。“What you see is what you play(見たままにプレイできる)”と銘打った独自のサンドボックスレベルエディターも搭載しており、スケーラブルなグラフィックや計算処理で、多くのメジャープラットフォームに対応したゲーム開発が行えるとのこと。

CryENGINE 2はPC専用だったことから、社外のライセンスパートナーはそれほど多くないと言われていますが、クロスプラットフォーム対応の新エンジンなら、導入を望む開発者が少なくないかもしれませんね。

Crytekは、3月23日からサンフランシスコで開催されるGDCでCryENGINE 3をデモンストレーションする予定。会場ではライセンス契約のミーティングも受け付けるそうです。(ソース: Gamasutra: Crytek's Console-Ready CryEngine 3 To Debut At GDC)

【関連記事】
Crytek社が新タイトルを開発中、タイトルは『Warface』か?
スタジオ閉鎖危機のFree RadicalをCrytekが買収?社内の脚本家が告白
無料でトライ!『Crysis Wars』シリーズ最新作のマルチプレイが今週末にまるごと公開
PC専用『Crysis』『Crysis Warhead』がPS3、Xbox 360でも発売?の噂
『Far Cry』『Crysis』で知られるCrytekがPSP用タイトルを開発中?
海外レビューハイスコア 『Crysis Warhead』
海外レビューハイスコア 『Crysis』
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. RPGとバトロワなどが融合した『Hunter’s Arena: Legend』プレイ映像!早期アクセスは2019年開始予定

    RPGとバトロワなどが融合した『Hunter’s Arena: Legend』プレイ映像!早期アクセスは2019年開始予定

  2. クラシックスタイルのWW2対戦シューター『BATTALION 1944』正式リリース!

    クラシックスタイルのWW2対戦シューター『BATTALION 1944』正式リリース!

  3. Steam「春の大掃除」イベントが近日再登場?外部データベース解析サイトが報告

    Steam「春の大掃除」イベントが近日再登場?外部データベース解析サイトが報告

  4. 『EVE Online』新拡張記念のスターターパックがSteamにて期間限定無料配布

  5. イガヴァニア『Bloodstained: Ritual of the Night』海外での予約受付が開始!

  6. サイバーパンクRPG『Conglomerate 451』Steamで早期アクセス開始ー毎月2回のアップデートを予定

  7. 『Arma 3』まさかの新“外伝”拡張パック「Contact」発表―宇宙人とのファーストコンタクトが人類にもたらすものは……

  8. Telltale作品がGOGにて近日販売終了―『Tales from the Borderlands』は2K Gamesにより復活予定

  9. モンハン風Co-opアクションRPG『Dauntless』基本プレイ無料で正式サービスが開始!クロスプレイにも対応【UPDATE】

  10. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』リリース―壮大な三国志の世界を戦い抜け

アクセスランキングをもっと見る

1
page top