任天堂、Wiiの幼児向け学習ゲームを米国で特許出願 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂、Wiiの幼児向け学習ゲームを米国で特許出願

任天堂が、Wiiリモコンを使った幼児向け学習ソフトの特許を、米国特許商標局に申請していることがわかりました。海外サイトでは特許の資料が掲載されており、影絵当てゲーム、迷路、記憶ゲームなど、かなり低年齢層のユーザーをターゲットにしたものとなっているよう

家庭用ゲーム Wii


任天堂が、Wiiリモコンを使った幼児向け学習ソフトの特許を、米国特許商標局に申請していることがわかりました。Siliconeraでは、この新しいアイデアの資料が掲載されており、影絵当てゲーム、迷路、記憶ゲームなど、かなり低年齢層のユーザーをターゲットにしたものとなっているようです。

子供が遊びながら学習を行える形態はエデュテインメントと呼ばれ、テレビや本など様々な分野で利用されていますが、Wiiリモコンのモーションセンサーを使った直観的でわかりやすい操作に加え、マリオやピカチュウといったお子様に人気のキャラクターが登場すれば、真価を発揮しそうです。

これらのアイデアが実際に製品化されるかどうかは全くもって不明ですが、Wiiの新しいユーザー層を開拓する任天堂の新しいステップになるかもしれません。(ソース&イメージ: Siliconera: Is Nintendo Taking A Big Step Towards Edutainment?)





【関連記事】
Wiiの『ゼルダの伝説』シリーズ新作が2009年にも発売、米アナリストが予想
Nintendo of America、今春新作リリーススケジュールを発表!『Punch-Out!!』他120タイトル
任天堂サポート、火事で家が全焼した家族にWiiやゲームボーイ本体を無償で提供
アメリカの空港で、ニンテンドーDSの本体やソフトが買える自動販売機を発見
『Rock Band』のHarmonix、『Rock Revolution』の著作権侵害でコナミを逆訴訟
『ストリートファイターIV』がK.O.!2月の海外ハード&ソフトセールスランキング
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

    『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

  2. スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

    スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

  3. 爆走アーケードレーシング『ONRUSH』がサーバー閉鎖へ―オフラインモードは引き続きプレイ可能

    爆走アーケードレーシング『ONRUSH』がサーバー閉鎖へ―オフラインモードは引き続きプレイ可能

  4. さすがBenHeck氏!発売から僅か1ヶ月でPS3 Slimをポータブル化

  5. 薬剤師ライフシムRPG『Potion Permit』コンソール向け国内版が発売延期―9月22日から2022年中へ

  6. 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加

  7. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン「ウミディグダ」の詳細公開!みずタイプの“あなごポケモン”

  8. 『スプラトゥーン3』の連動アプリ「イカリング3」がウィジェット機能に対応!「ステージスケジュール」などが一目でわかる

  9. 「PS5」の販売情報まとめ【9月30日】―「TSUTAYA」が新たな抽選販売を開始、「ノジマオンライン」の受付締切迫る

  10. 『スーパーマリオブラザーズ“5”』!?海外ユーザーが『スーパーマリオメーカー 2』で大規模なマリオの世界を制作

アクセスランキングをもっと見る

page top