PS3の製造コストは336ドル、1台当たり約40ドルの赤字−iSuppli調べ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS3の製造コストは336ドル、1台当たり約40ドルの赤字−iSuppli調べ

3年前の発売当初は、1台売るたびに数万円の損失が出るなどと言われていたPS3本体ですが、海外サイトの調べによると、3万円に値下げされた新モデルが発売された現在でも、製造コストの赤字は改善されていないのだとか。

家庭用ゲーム PS3


3年前の発売当初は、1台売るたびに数万円の損失が出るなどと言われていたPS3本体ですが、3万円に値下げされた新モデルが登場した現在でも、製造コストの赤字は改善されていないのだとか。

iSuppli Corp Teardown Analysisサービスの調べによると、今年9月に発売された120GBモデルPS3本体の製造コストは現在336.27ドル(小売価格299ドル)で、3年前に比べ500ドル近くコスト削減されているものの、1台当たり37ドルの赤字という計算に。

同サービスが調査した各パーツ別の製造コストでは、Blu-rayドライブが66ドルと最も高価ですが、65nmから45nmに移行されたCell Broadband Engineをはじめ全体的に大幅な削減が進んでいる模様。TeardownサービスのアナリストのAndrew Rassweiler氏は、「PS3は既に収益性を上げる転換期に近付いている」とコメントしています。(ソース: iSuppli: Sony Gets One Step Closer to Breakeven Point with Latest PlayStation 3 Design via Joystiq)


【関連記事】
PS3の製造コストは70%削減、1台あたり約2万3000円に?
ソニー、PS2ソフトの互換性を可能にするCellのエミュレーション技術を特許出願
アメリカ空軍、2200台のPS3を購入予定。軍内部のシステム開発や研究目的に
250GBモデルのPS3 Slimが11月3日から北米にて販売開始
『Modern Warfare 2』は600万本!11月の北米ハード&ソフトセールスランキング
ブラジルでPlayStation 2が正式に発売。お値段は4万円以上…
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. Co-opシューター『Generation Zero』PS4版が国内配信ー侵略してきた機械共と戦え

    Co-opシューター『Generation Zero』PS4版が国内配信ー侵略してきた機械共と戦え

  2. 【吉田輝和の絵日記】『スーパーロボット大戦T』オキニの機体を贔屓しまくりフル改造!

    【吉田輝和の絵日記】『スーパーロボット大戦T』オキニの機体を贔屓しまくりフル改造!

  3. 『アサシン クリード オデッセイ』追加新エピソード「心の友」配信開始

    『アサシン クリード オデッセイ』追加新エピソード「心の友」配信開始

  4. フィギュアとゲームがリンクする『スターリンク バトル・フォー・アトラス』予約開始―スターターパックは追加生産予定なし

  5. 『バトルフィールド V』バトルロイヤルモード「ファイアストーム」がついに開始!

  6. 可愛いハーフジーニーが大活躍のシリーズ新作『Shantae 5』発表!2019年発売予定

  7. 『スマブラSP』第2回「スマブラ画道場」結果発表―「大好き」をお題にしたユニークな作品が勢揃い!

  8. 『No Man's Sky』新アップデート「Beyond」VR対応はPC版でも!ゲーム全体をVRで楽しめる

  9. SIE、PSNの利用規約を4月2日に改定─改定後の初回接続時には規約の承諾と再サインインが必要に

  10. SIE公式番組「State of Play」第1回発表内容ひとまとめ【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top