『The Elder Scrolls MMO』の噂再び… Bethesdaが未発表MMOを極秘に開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The Elder Scrolls MMO』の噂再び… Bethesdaが未発表MMOを極秘に開発中

Falloutの権利を巡って、Interplayと法廷で争っているBethesdaですが、その裁判用の文書から、同社がWorld of WarcraftタイプのMMOを極秘に開発していることが明らかになりました。これが、以前から噂されているElder ScrollsのMMO化作品ではないかと噂されています。

PC Windows
Falloutの権利を巡って、Interplayと法廷で争っているZeniMax Media(Bethesdaの親会社)ですが、その裁判用の文書から、同社がWorld of WarcraftタイプのMMOを極秘に開発していることが明らかになりました。これが、以前から噂されているThe Elder ScrollsのMMO化作品ではないかと噂されています。

法廷の記録文書から見つかった情報によれば、2006年後半からプロジェクトがスタートしていたというこのオンラインタイトルは、数億ドルの制作費が投じられており、百名近いスタッフが開発に取り組んでいるとのこと。開発期間はおよそ四年で、2011年にもリリースが予想されています。

今回見つかった資料から作品のタイトル名は明かされていませんが、VG247はThe Elder Scrolls MMOとして近々発表されるはずだと伝えています。(ソース: CVG: Bethesda working on 'World of Warcraft-type MMO', Shacknews: Elder Scrolls MMO Rumors Keep Swirling)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
『The Elder Scrolls IV: Oblivion』の続編は200年後の世界が舞台に?
ベセスダ:『Elder Scrolls V』の計画は無いとする発言は誤報
エルダースクロールズ オンライン?Bethesdaの親会社が謎のドメインを取得
Wiiには興味なし?Bethesda、『The Elder Scrolls』の最新作を2010年にも発売に
いわくつきのFallout MMORPG『Project V13』のコンセプトアートが初公開
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

特集

PC アクセスランキング

  1. 2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

    2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

  2. 最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

    最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

  3. 三人称視点SFアクションADVシューター『Scars Above』「探索」「戦闘」「研究」の要素を確認できるトレイラー公開ー周囲の環境から情報を入手し自ら武器を作り出せ

    三人称視点SFアクションADVシューター『Scars Above』「探索」「戦闘」「研究」の要素を確認できるトレイラー公開ー周囲の環境から情報を入手し自ら武器を作り出せ

  4. 『バイオハザード RE:4』近接アクションや銃の強化の様子などが確認できる12分の新ゲームプレイ映像が公開!

  5. 人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ―オープンテスト中『Dark and Darker』ゴブリン弱体化パッチ配信!

  6. 『フォートナイト』で『ウィッチャー』のゲラルトが獲得できるバトルパスクエスト遂に解禁

  7. 日本語吹き替え対応か?ハリポタRPG『ホグワーツ・レガシー』Steam版の対応言語表に記載が

  8. 『Dwarf Fortress』有料版発売から2カ月で売上60万本突破―有名ドワーフ生活シム

  9. 『Dark and Darker』第4回プレイテストまで後6時間!今回はソロプレイヤー向けの新ダンジョンが実装

  10. 『ブレイブルー』がメトロイドヴァニアになってSteamに登場!2DローグライトACT『Blazblue Entropy Effect』ストアページ公開

アクセスランキングをもっと見る

page top