Bungieのマルチプラットフォーム新作はE3で公開の可能性も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungieのマルチプラットフォーム新作はE3で公開の可能性も

今日発表されたBungieとActivisionの独占パートナーシップに大きな関心を集まっていますが、さっそく海外メディアのインタビューを受けたBungieの幹部が興味深い発言をしています。

ニュース 最新ニュース
今日発表されたBungieとActivisionの独占販売契約に大きな関心を集まっていますが、さっそく海外メディアのインタビューを受けたBungieの幹部が興味深い発言をしています。

一部で不安視されるInfiniry Wardのトラブルについてコメントを求められたBungieのBrian Jarrard氏は、Activisionとの契約が9ヶ月間に渡る入念な話し合いの下に進められたものだと説明。Infiniry Wardに関しては、ネット上だけの情報しか知らないためコメントはできないとのこと。

また同氏は、マルチプラットフォームの大作アクションになるという次回作を6月のE3で展示するかを問われ、「するかもしれない」と回答。しかし年内はHalo: Reachの開発やサポートに全力を注ぐ姿勢を強調しました。(ソース: VG247: Interview: Bungie on signing with Activision for a decade )


【関連記事】
Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる
ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
Infinity Ward集団離脱: さらに3名が退社、2名がRespawn
EA、Infinity Ward元幹部が指揮する新スタジオの設立を発表
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  2. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  3. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

    「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  4. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  5. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  6. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  7. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

  8. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  9. 『ロマンシング サガ3』HDリマスターおよび、シリーズ最新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』発売決定!

  10. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

アクセスランキングをもっと見る

page top