新たなモードも明らかに!『Gears of War 3』マルチプレイヤー海外ハンズオン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新たなモードも明らかに!『Gears of War 3』マルチプレイヤー海外ハンズオン

家庭用ゲーム Xbox360

!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。


昨日Gears of War 3のマルチプレイヤーベータテストが2011年前半に実施されることをお伝えしましたが、それに先駆けて海外サイト各所ではマルチプレイヤーのハンズオンが掲載されています。本記事ではそれらの中から新モードに関する情報をピックアップしてご紹介。

* * * * *

■“Team Deathmatch”モード

 ・復活できる回数が限られている。1チーム15回まで(20回という情報もあるので設定が可能?)。

 ・復活できる回数が尽きると“Warzone”モードとなる。

 ・復活回数を大きく消費するプレイヤーは復活までの時間が長くなったり、味方の近くに復活する。

■“King of the Hill”モード

 ・“Annex”モードとオリジナルの“King of the Hill”モードを混ぜあわせたようなモード。

 ・タイマーに基づいて移動するリングをキャプチャーする。

 ・キャンプを防ぐため“Wingman”のスポーンポイントを使用する。

■“Capture the Leader”モード

 ・Gears of War 2の“Guardian”モードと“Submission”モードを混ぜあわせたようなモード。

 ・敵のリーダー(Chairman Prescott/Locust Queen Myrrah)を捕まえる。

 ・捕まえたリーダーをミートシールドとして30秒間保持する。

 ・ミートシールドとなったリーダーは肘で攻撃して脱出を図ることが出来る。

 ・リーダーとしてプレイしてる場合は、敵と味方の位置が分かる特殊なビジョンモードを使用できる。
* * * * *

これらの新たなゲームモードはいずれもチームワークが重要となるようです。果たして既存のゲームモードの組み合わせによる新モードではどのような戦いが楽しめるのでしょうか。Gears of War 3は2011年秋に発売予定となっています。

それでは最後に最新イメージおよびスクリーンショットをご紹介。






(ソース: Kotaku, GameSpot, イメージ: Joystiq, ビデオ: YouTube)


【関連記事】
『Gears of War 3』のマルチプレイベータがアナウンス!2011年前半に実施を予定
『Gears of War 3』Beastモード直撮りゲームプレイ映像8連発
今週中に『Gears of War 3』に関した明るいニュースが登場?Cliffy Bらが予告
“ビジネス的決定”により『Gears of War 3』の発売が延期、2011年秋に
PAX 10から『Gears of War 3』の最新プレイ映像やスクリーンショットが到着
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

    日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

  2. ニンテンドースイッチ版『テラリア』移植スタジオから直撮りファーストルック映像が公開!

    ニンテンドースイッチ版『テラリア』移植スタジオから直撮りファーストルック映像が公開!

  3. 『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

    『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

  4. PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

  5. 『サイバーパンク2077』舞台となるナイトシティの一部詳細が公開ー地理的事情などが明らかに

  6. スイッチ『スマブラSP』アシストフィギュアにボンバーマンが登場!お馴染みの十字爆発で強力サポート

  7. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  8. 『ロケットリーグ』、『フォートナイト』方式のコンテンツシステム「ROCKET PASS」を導入へ

  9. 『CoD: WWII』新DLC“United Front”海外向け発表!スターリングラードなどが追加に

  10. 『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

アクセスランキングをもっと見る

page top