イギリスのTV局がドキュメンタリー番組で『ARMA II』の映像を“現実の映像”として使用してしまう | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

イギリスのTV局がドキュメンタリー番組で『ARMA II』の映像を“現実の映像”として使用してしまう

イギリスの大手TV局ITVが放映したドキュメンタリー番組“Exposure: Gaddafi and the IRA”にて、ミリタリーFPS『 ARMA II 』のゲーム映像が“現実の映像”として使用された事が海外フォーラムで話題となっています。

PC Windows
※問題のシーンとオリジナルのゲーム映像

イギリスの大手TV局ITVが放映したドキュメンタリー番組“Exposure: Gaddafi and the IRA”にて、ミリタリーFPS『ARMA II』のゲーム映像が“現実の映像”として使用された事が海外フォーラムで話題となっています。

テロ組織によってヘリコプターが撃墜されるシーンを収めたこの映像。オリジナルの映像にはない“IRA film 1988”というラベルが付け加えられ、また再現映像としての使用を示唆する記述も見当たりません。

これが意図的なものなのかどうかは分かりませんが、Destructoidは先日イギリスのフリーペーパーMetroが「ゲーマーは現実と空想の区別がつかない」との見出しでゲーマーを煽った件を持ち出し、「イギリスのメディアもまた現実と空想の区別がつかない」と皮肉っています。

なお『ARMA II』を開発したBohemia InteractiveのCEO Marek Spanel氏は「私たちのゲームにおける創造性およびリアリズムは、稀にとんでもない結果へと導きます。これはそのような例の1つでしょう」と語っています。
(ソース: Destructoid, PC Gamer)


【関連記事】
陸・海・空!『ARMA III』の最新スクリーンショットが公開
E3 11: 『ARMA III』のティーザートレイラーが公開、E3からの直撮り映像も!
Bohemia Interactive、ミリタリーシミュレーター最新作『ARMA III』を発表
新たな戦場を舞台にした『ARMA II』の拡張パック“Operation Arrowhead”が発表
海外レビューハイスコア 『ARMA II』
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 『Microsoft Flight Simulator』手作業で作成した空港は……37,000箇所!開発舞台裏映像がお披露目

    『Microsoft Flight Simulator』手作業で作成した空港は……37,000箇所!開発舞台裏映像がお披露目

  2. 対戦FPS『Quantum League』無料オープンベータが開始―タイムループして過去の自分と協力だ

    対戦FPS『Quantum League』無料オープンベータが開始―タイムループして過去の自分と協力だ

  3. 『ポケモン』風MMO『Temtem』売上が50万本突破!ロードマップも近日公開に

    『ポケモン』風MMO『Temtem』売上が50万本突破!ロードマップも近日公開に

  4. 7日間を生き残り続ける惑星サバイバルMMO『Population Zero』のSteam早期アクセス開始日決定!

  5. 美麗ドット絵アクションADV『Gestalt: Steam & Cinder』発表―巨大な蒸気機関都市の秘密に迫れ

  6. インドネシア産女子高生アクションホラー『DreadOut 2』配信開始―除霊方法はスマホ撮影と…近接武器!?

  7. 麻薬王に……俺はなる!麻薬売人シム『Drug Dealer Simulator』のデモ版が2月27日から公開

  8. ゾンビサバイバル『Dying Light』5周年記念イベントスタート! 新難易度の追加やPC版の初無料プレイも

  9. 暗黒世界のターン制ストラテジー『Othercide』今夏発売!「サイレントヒルの中でのXCOMとダークソウルの出会い」

  10. Epic GamesストアにてPC版『アサシン クリード シンジケート』『Faeria』期間限定無料配信開始!―次週は『InnerSpace』

アクセスランキングをもっと見る

page top