イギリスのTV局がドキュメンタリー番組で『ARMA II』の映像を“現実の映像”として使用してしまう | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

イギリスのTV局がドキュメンタリー番組で『ARMA II』の映像を“現実の映像”として使用してしまう

イギリスの大手TV局ITVが放映したドキュメンタリー番組“Exposure: Gaddafi and the IRA”にて、ミリタリーFPS『 ARMA II 』のゲーム映像が“現実の映像”として使用された事が海外フォーラムで話題となっています。

PC Windows
※問題のシーンとオリジナルのゲーム映像

イギリスの大手TV局ITVが放映したドキュメンタリー番組“Exposure: Gaddafi and the IRA”にて、ミリタリーFPS『ARMA II』のゲーム映像が“現実の映像”として使用された事が海外フォーラムで話題となっています。

テロ組織によってヘリコプターが撃墜されるシーンを収めたこの映像。オリジナルの映像にはない“IRA film 1988”というラベルが付け加えられ、また再現映像としての使用を示唆する記述も見当たりません。

これが意図的なものなのかどうかは分かりませんが、Destructoidは先日イギリスのフリーペーパーMetroが「ゲーマーは現実と空想の区別がつかない」との見出しでゲーマーを煽った件を持ち出し、「イギリスのメディアもまた現実と空想の区別がつかない」と皮肉っています。

なお『ARMA II』を開発したBohemia InteractiveのCEO Marek Spanel氏は「私たちのゲームにおける創造性およびリアリズムは、稀にとんでもない結果へと導きます。これはそのような例の1つでしょう」と語っています。
(ソース: Destructoid, PC Gamer)


【関連記事】
陸・海・空!『ARMA III』の最新スクリーンショットが公開
E3 11: 『ARMA III』のティーザートレイラーが公開、E3からの直撮り映像も!
Bohemia Interactive、ミリタリーシミュレーター最新作『ARMA III』を発表
新たな戦場を舞台にした『ARMA II』の拡張パック“Operation Arrowhead”が発表
海外レビューハイスコア 『ARMA II』
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

    ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

  2. レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

    レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

  3. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  4. 『Arma 3』初のサードパーティ開発DLC「Global Mobilization - Cold War Germany」発表

  5. ダークなトップダウンシューターRPG『Beyond The Veil』配信―弾幕をくぐり抜けて生き残れ

  6. 『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

  7. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  8. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  9. 8bit風アクションADV『アスタロン: 地球の涙』かわいいキャラの冒険を描くゲームプレイトレイラー!

  10. ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top