『Dota 2』vs『Blizzard Dota』、BlizzardがDotaの商標を賭けValveを提訴 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dota 2』vs『Blizzard Dota』、BlizzardがDotaの商標を賭けValveを提訴

2010年10月、Valveより『Dota 2』が発表され、Blizzardが同社や『Warcraft III』コミュニティからDotaを取り上げてしまう行為だとコメントを表明していましたが、今回BlizzardがDota商標を巡りValveを提訴していたことが明らかとなりました。

PC Windows
2010年10月、Valveより『Dota 2』が発表され、Blizzardが同社や『Warcraft III』コミュニティからDotaを取り上げてしまう行為だとコメントを表明していましたが、今回BlizzardがDota商標を巡りValveを昨年11月に提訴していたことが明らかとなりました。

Blizzard側の主張は、Dotaという名前は『Warcarft III』コミュニティやBlizzardの間で7年間以上使用されてきたものであり、それを商標としてValveが登録することは出来ないというもの。登録が許されるのであればBlizzardだけでなく、多くのファン団体やファンの製作物がBlizzardが認可したValveのものであると間違えて伝えられ、損害を受けると訴えています。

元はBlizzardの『Warcraft III』Modとして1ジャンルを築いた“Defense of the Ancients(DotA)”。そのMod開発者であるIceFrog氏がValveに入社し『Dota 2』を発表すると、これに対しBlizzard側が「理解出来ない」と遺憾の意を表明。またBlizzard側も『StarCraft II』のカスタムマップとして“Blizzard Dota”を2010年のBlizzConにて発表していました。

なおGabe氏の昨年の発言によれば『Dota 2』の発売は2012年中となっていますが、今回の裁判が開始されれば同ゲームの発売スケジュールにも何らかの影響が出ることになりそうです。
(ソース: NeoGAF via Kotaku)


【関連記事】
『StarCraft II』カスタムマップ“Blizzard DOTA”のデビュートレイラーが公開
Valveが『DOTA』を商標登録、公式発表の日は近い?
Valveが『Dota 2』を正式発表、ディテールやアートワークが公開
BlizzardがValveの『Dota 2』発表を疑問視…「理解出来ない」
《ishigenn》

特集

PC アクセスランキング

  1. NVIDIA次世代ビデオカード「RTX 3090」はGDDR6Xメモリを採用か

    NVIDIA次世代ビデオカード「RTX 3090」はGDDR6Xメモリを採用か

  2. 『A Total War Saga: TROY』Epic Gamesストア無料配布は750万DL以上に

    『A Total War Saga: TROY』Epic Gamesストア無料配布は750万DL以上に

  3. 正式版を迎えた3DACT『Risk of Rain 2』Steamプレイヤー数300万人突破!

    正式版を迎えた3DACT『Risk of Rain 2』Steamプレイヤー数300万人突破!

  4. 『Fall Guys』チート検知システムを改善「もう個々のチーターの報告の必要はない」

  5. 『Apex Legends』シーズン6「ブーステッド」ゲームプレイトレイラー公開―新レジェンド「ランパート」がお出ましだ!

  6. ローグライクACT続編『Spelunky 2』Steam版ストア公開!PS4版から数週間以内に配信予定

  7. 未発売ホラーを基にした『Dying Light』新DLC「Hellraid」配信開始! 地獄へと繋がるポータルを開け

  8. 60人もちもちサバイバル『Fall Guys』PC向けコラボコスに『Team Fortress 2』のスカウト登場!

  9. 『Microsoft Flight Simulator』技術進化の過程を感じる38年間のシリーズ史を収めたトレイラー映像が公開

  10. 『フォートナイト』でアクアマンの宿敵“ブラックマンタ”が登場! 正義と悪、両陣営のコスチュームをアンロック

アクセスランキングをもっと見る

page top