AI“アンジェリーナ”がレベルをデザインしたゲーム『Space Station Invaders』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

AI“アンジェリーナ”がレベルをデザインしたゲーム『Space Station Invaders』

PC Windows

博士が宇宙ステーションを目指す『Space Station Invaders』

ハイクオリティなグラフィック表現が可能となった昨今、次なるデベロッパー間の競争分野として注目されつつあるAI分野ですが、将来的にはAI自体がゲームをデザインしてしまうようになるかもしれません。インペリアル・カレッジ・ロンドンのコンピューターサイエンティストMichael Cook氏は、ゲームをデザインするAIシステム“アンジェリーナ”を開発。実際に彼女がデザインした2Dアクションゲーム『Space Station Invaders』を公開しました。

AIアンジェリーナは敵の行動パターンやパワーアップアイテムの効果をリストからランダムで選択し、各レベルのレイアウトを自動設計。さらにアンジェリーナ自身がプレイヤーとなってレベル群を約400回テストプレイし、クリア不可能なものを削除するだけで無く、“とある効果のパワーアップアイテムを使用すると上手くステージをクリアすることが出来る”といった“楽しい”部分を見つけ出し、それらの要素を継ぎ足してステージを作っていくのだそうです。

製作者のCook氏によれば、アンジェリーナはグラフィックやサウンドは生成出来ないものの、ほぼゼロから単純なゲームを作り出すAIとして、既存のゲームやアート、音楽を作成するAIとは一線を画すのだとのこと。博士らしき人物がエイリアンやロボットを倒しつつスペースステーションを目指すというゲーム『Space Station Invaders』はにブラウザから実際に遊ぶことが可能となっており、一捻りあるジャンプアクション向けのステージ設計やアイテム配置など、確かにレベルをクリアするための“楽しさ”のような部分を垣間見ることが出来ます
(ソース: NewScientist)


【関連記事】
Ubisoft: 次世代機ではグラフィックに代わってAIが新たな戦場となる
『God of War』のDavid Jaffe氏「次世代機に関心を持ったことは全くない」
GDC 12: 最新技術や強力なツールを披露! Unreal Engine 3最新トレイラー
噂: PS3の後継機ではCellプロセッサが廃止
噂: SONYの次世代コンソール機にはAMD GPUが採用
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』イヤー3シーズン2.2のデザイナーズノートが公開―近日変更予定の一覧も

    『レインボーシックス シージ』イヤー3シーズン2.2のデザイナーズノートが公開―近日変更予定の一覧も

  2. 死のトラップを駆け抜ける物理演算ACT『Guts and Glory』正式リリース! 海外コンソール版も発売

    死のトラップを駆け抜ける物理演算ACT『Guts and Glory』正式リリース! 海外コンソール版も発売

  3. 90年代32bit風サバイバルホラー『Prototype Mansion』配信開始!―初期『バイオハザード』の雰囲気

    90年代32bit風サバイバルホラー『Prototype Mansion』配信開始!―初期『バイオハザード』の雰囲気

  4. 新ヒーローも使える! PC版『オーバーウォッチ』の無料プレイが近日実施

  5. 光学技術/メカニカルスイッチ採用ゲーミングキーボード「Razer Huntsman/Huntsman Elite」国内発売が決定

  6. ビル運営シム『Project Highrise』新DLC配信とともに日本語対応!

  7. 『マインクラフト Java Edition』新バージョン1.13“Update Aquatic”配信!海底遺跡や難破船などが追加

  8. 『オーバーウォッチ』サポートヒーローの調整案が公開―まずはPTRに実装

  9. 美少女化“呂布”を娘にして育てよう!育成SLG『Lu Bu Maker』Steam配信開始―日本語対応

  10. バトロワシューター『The Culling 2』わずか9日で販売終了へ―開発は新たに前作初期バージョンをF2Pとして展開

アクセスランキングをもっと見る

page top