『グランツーリスモ』の入門編!PS3『GTアカデミー 2012』5月2日より無料配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『グランツーリスモ』の入門編!PS3『GTアカデミー 2012』5月2日より無料配信開始

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは本日、『グランツーリスモ』シリーズ最新作として、スポーツドライビングが身に付くPlayStation 3タイトル『GTアカデミー 2012』を2012年5月2日より無料配信すると発表しました。

家庭用ゲーム PS3
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは本日、『グランツーリスモ』シリーズ最新作として、スポーツドライビングが身に付くPlayStation 3タイトル『GTアカデミー 2012』を2012年5月2日より無料配信すると発表しました。期間限定で配信されるシンプルな課題に繰り返し取り組むことで、手軽にスポーツドライビングのテクニックが覚えられる『グランツーリスモ』の入門編というべきタイトルとなるそうです。詳しいゲーム内容は下記の通りです。

本作には、カレンダーに従って配信される8つのラウンドがあり、ラウンド内のイベントをクリアすることで、徐々にプレイヤーのドライビングスキルが上達していくシステムになっています。イベントをクリアするとタイムに応じてトロフィーがもらえるほか、ラウンド内の全イベントで規定の成績を上げると、『グランツーリスモ5』で使えるプレゼントが入手できます。イベントは1度でクリアする必要はありません。タイム短縮を目指して何度も繰り返すうちに、コースのどこを走るか、ステアリングをどう切るかといったスポーツドライビングのテクニックが身に付きます。

さらに『GTアカデミー 2012』では、競い合う楽しさを共有する機能も充実しています。参加プレイヤーの総数やリトライ数、累計走行距離などがトップメニューにリアルタイム表示されるほか、開催地域ごとのゴールドトロフィーの数がランキング表示されます。また、ゲーム内からフレンドにメールを送り、イベントへの参加を呼びかけ共にランキングを競い合うことも可能です。フレンド同士や国別ランキングでご自身の腕前を確認しながら、より楽しくイベントへのチャレンジができます。

本作による期間限定イベントも開催(5月2日〜6月25日を予定)、今後もグランツーリスモ・ドットコムにて『GTアカデミー 2012』情報を公開していくそうなので、興味のあるユーザーは観覧してみては如何でしょうか。
(ソース: SCEJ ニュースリリース, グランツーリスモ・ドットコム)


【関連記事】
噂: ポリフォニーが『グランツーリスモ6』のために撮影作業中
『グランツーリスモ5』の新DLCやアップデート2.03の情報が掲載
『グランツーリスモ5』の第2弾DLCや最新アップデートが来週配信へ
お買い得特別パッケージ『グランツーリスモ5 Spec II』2012年2月2日発売決定
《Ten-Four》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4/スイッチ『アライアンス・アライブ HDリマスター』10月10日発売決定!3DS版からの高画質化&1画面仕様でより遊びやすく

    PS4/スイッチ『アライアンス・アライブ HDリマスター』10月10日発売決定!3DS版からの高画質化&1画面仕様でより遊びやすく

  2. スイッチ版『スペースハリアー』詳細情報を公開―新モード「コマイヌ・バリア・アタック」が追加

    スイッチ版『スペースハリアー』詳細情報を公開―新モード「コマイヌ・バリア・アタック」が追加

  3. 『鬼ノ哭ク邦』対を成す二つの世界を活かしたゲームシステムが公開―生者と死者の世を駆け抜けろ!

    『鬼ノ哭ク邦』対を成す二つの世界を活かしたゲームシステムが公開―生者と死者の世を駆け抜けろ!

  4. E3沸かせたキアヌの「You're Breathtaking!」を『サイバーパンク2077』100%コンプリート実績に!署名活動が賛同者2万人越え

  5. 『サイバーパンク2077』発売後の有料拡張コンテンツが示唆―海外インタビュー

  6. 『レインボーシックス クアランティン』公式サイトでアーリーアクセス申し込み登録が開始

  7. 『ディビジョン2』6月20日21時よりメンテナンス実施―フィールド研究進捗バグやアーマーキット無敵バグなどが修正

  8. E3 2019開催期間中の予約販売数1位は『CoD: MW』―米GameStop調べ

  9. 『アストラルチェイン』相棒「レギオン」を活かすデュアルアクション映像!5種類のスタイルを使いこなせ

  10. オークに変装し敵を欺いたら囚人に襲われ返り討ちに!スイッチ版『火吹山の魔法使い』で味わった判断と結末の連続―人はそれを“冒険”と呼ぶ【プレイレポ】

アクセスランキングをもっと見る

page top