海外サイトGamesRadarによる『Best JRPG』10選 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトGamesRadarによる『Best JRPG』10選

最近ではリアルタイム戦闘やオープンワールドが主流になりつつあるRPGジャンルですが、海外サイトGamesRadarでは、伝統的なターンベース戦闘やランダムエンカウント方式を持つ JRPG が今こそ復活すべき時と宣言。同サイトの編集部お気に入りの作品を10タイトルリストア

ゲーム文化 カルチャー

最近ではリアルタイム戦闘やオープンワールドが主流になりつつあるRPGジャンルですが、海外サイトGamesRadarでは、伝統的なターンベース戦闘やランダムエンカウント方式を持つJRPGが今こそ復活すべき時と宣言。同サイトの編集部お気に入りの作品を10タイトルリストアップしているのでコメントも一部添えてご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

10. マリオストーリー
(N64 / 任天堂 / 2000年)
“マリオストーリーのペラペラなキャラクターと紙芝居風の世界は本当に可愛らしい”

9. LUNAR ザ・シルバースター
(メガCD他 | ゲームアーツ | 1992年)
“ゲームプレイ部分で目新しさはないものの、惹き付けるストーリー、多彩で愛らしいキャラクター、フルボイスの豪華なアニメカットシーンなどにより、非常に突出したゲームだった”

8. エターナルアルカディア
(ドリームキャスト他 | セガ/オーバーワークス | 2000年)
“巨大な飛行船やおどけた衣装の世界を舞台とし、エターナルアルカディアは3Dのターンベース戦闘と空の冒険ストーリーをドリームキャストにもたらした”

7. ファイナルファンタジーX
(PS2 | スクウェア | 2001年)
“ファイナルファンタジーXを初めてPS2上で見た時は本当に感動した”“本作では簡単に理解できるターンベースシステム、少し混乱するものの力強いストーリーなど、シリーズが成し遂げてきたものを1つにまとめている”

6. ペルソナ4
(PS2他 | アトラス | 2008年)
“ほとんどのベストJRPGは、過去5年の間で、進化するのに失敗したりニッチになりすぎてしまった。その中でペルソナシリーズは大人びたプロットやキャラクターによってJRPGを挑戦的で新たなディレクションに推し進めた数少ない例である”

5. ポケットモンスター ブラック&ホワイト
(DS | ゲームフリーク | 2010年)
“あらゆる世代のキッズがフランチャイズの新作に飛び付いており、その最新作は最も良く出来ている”

4. ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
(PS2 | レベルファイブ | 2004年)
“本リストの多くは16ビット時代に作られたゲームだが、ドラゴンクエストVIIIは比較的最近発売された作品”“少々プレイ時間が長いが(ストーリーも最後はばかげた展開になるが)、これまでで最高のJRPGの1つであることに変わりはない”

3. ファイナルファンタジーVI
(SFC他 | スクウェア | 1994年)
“偉大な開発チームがその能力を存分に生かして手がけたマスターピース”

2. MOTHER
(FC他 | 任天堂/エイプ | 1989年)
“MOTHERは不条理なユーモアのセンスを持ち、ジャンル全体を風刺するいかれた敵や仲間を登場させながら、あらゆる面で他の作品を上回っている”

1. クロノ・トリガー
(SFC他 | スクウェア | 1995年)
“ジャンルの歴史において確固たるベスト作品。『FF』や『ドラクエ』に関わった最高のスタッフの多くが集まり、ゲーム史の中で最も非凡なタイトルの1つを作り上げた”

(ソース&イメージ: GamesRadar)

【関連記事】
『海外ゲーマーが選ぶ今世代のJRPG』TOP20
堀井雄二氏: 海外レビュアーはターンベースRPGに対し否定的
海外サイトが選ぶ『最も偉大なRPG作品』TOP10
BioWareの「JRPGは進化が不足している」発言、海外ユーザーの反応は…
海外サイトが選ぶ『最高のゲームボーイタイトル』
海外サイトが選ぶ『ローカライズが必要な日本のゲーム』
海外サイトが選ぶ『ジャンルを定義付けたゲームシリーズ』TOP10
海外サイトが選ぶ『真・三國無双シリーズ歴代作品』TOP10
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

    『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  2. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

    波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  3. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

    これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  4. 「スパイダーマン3」サンドマン役トーマス・ヘイデン・チャーチが実写ドラマ版『Twisted Metal』に出演決定

  5. 私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. あの問題作『POSTAL』のドリームキャスト移植版が完成! 日本語音声も収録して6月発売予定

  8. あの動画の影響を受けて…PS5『Dreams Universe』で実写のようなリアルな駅を作成したアーティスト登場!

  9. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  10. PC版『タイタンフォール2』のマルチプレイが再び可能に…?カスタムサーバーModが公開へ

アクセスランキングをもっと見る

page top