バンダイナムコ、2013年第3Q業績は経常益46.2%増−ソーシャルゲーム好調、業績予想も上方修正 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

バンダイナムコ、2013年第3Q業績は経常益46.2%増−ソーシャルゲーム好調、業績予想も上方修正

バンダイナムコホールディングスは、2013年3月期第3四半期の連結決算(累計)を発表しました。売上高は3506億3700万円で、前年同期比8.4%増を記録。営業益・経常益共に40%以上の増益となり、引き続き好調を維持しています。

ニュース 最新ニュース
バンダイナムコホールディングスは、2013年3月期第3四半期の連結決算(累計)を発表しました。売上高は3506億3700万円で、前年同期比8.4%増を記録。営業益・経常益共に40%以上の増益となり、引き続き好調を維持しています。

発表によると、営業益は441億9400万円(前年同期比43.6%増)、経常益は450億4600万円(同46.2%増)、四半期純利益279億9500万円(同71.7%増)となっています。また、同時に通期の業績予想も上方修正し、売上高4600億円(前回予想1.3%増)、営業益425億円(同22.8%増)、経常益425億円(同21.6%増)、四半期純利益245億円(同26.9%増)としています。

セグメント別でみると、「コンテンツ事業」が引き続き好調で、セグメント別の売上高は1848億9800万円(前年同期比22.1%増)、セグメント利益は309億8200万円(前年同期比166.3%増)となりました。

特に利益に貢献しているのは『アイドルマスター シンデレラガールズ』『ワンピース グランドコレクション』『機動戦士ガンダム』シリーズなどのソーシャルゲーム。同社の資料を見ると、家庭用ゲームの売上は前年並みに落ち着いているにもかかわらず、ネットワーク・映像コンテンツ(アニメ「機動戦士ガンダムUC」など)の売上が同セグメントの売上を大きく押し上げているようです。

なお、前年並みに推移している家庭用ゲームは『ソウルキャリバー』『ナルト』『テイルズ オブ』といった人気シリーズの最新作は国内外で発売され、『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』や『逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!』も好調に推移しているということです。

今後は、好調なネットワークコンテンツでは、新規タイトルや既存タイトルのコンテンツ強化で安定的に展開していき、「機動戦士ガンダムオンライン」などのPCへのコンテンツも拡充していくとのこと。また、家庭用ゲームでは『ワンピース 海賊無双2』で端境期を乗り切りたいたいとしています。 (ソース: バンダイナムコホールディングス 平成25年3月期第3四半期決算短信(PDF))
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』日本国内からのアトムの購入は発売時点で不可能と発表

    『Fallout 76』日本国内からのアトムの購入は発売時点で不可能と発表

  2. 『レインボーシックス シージ』防衛側新オペレーター「Kaid」紹介トレイラー!詳細は11月18日に発表

    『レインボーシックス シージ』防衛側新オペレーター「Kaid」紹介トレイラー!詳細は11月18日に発表

  3. ニンテンドー・オブ・アメリカの「エミュレータ向け海賊版サイト」裁判に決着、14億円近くの損害賠償請求へ

    ニンテンドー・オブ・アメリカの「エミュレータ向け海賊版サイト」裁判に決着、14億円近くの損害賠償請求へ

  4. 「The Game Awards 2018」ノミネート作品発表! ファン投票もスタート

  5. PS4版『PUBG』が海外向けに正式発表!『アンチャ』『ラスアス』コラボスキンも【UPDATE】

  6. クリスマス限定版「NEOGEO mini」発売決定! 従来版を上回る48タイトル収録

  7. 『Fallout 76』発売後の計画が報告―新Vaultの開設、派閥間のPvPシステムなど

  8. 建国防衛ストラテジー最新作『Kingdom Two Crowns: Shogun』発売日を発表!―中世日本で協力プレイ

  9. 噂: 今後のSteam大型セール実施日程が判明か―非公式データベースサイトが報告

  10. 『フォートナイト』最新v6.22パッチノート!AK風ライフル「ヘビーアサルトライフル」が実装

アクセスランキングをもっと見る

page top