バンダイナムコ、2013年第3Q業績は経常益46.2%増−ソーシャルゲーム好調、業績予想も上方修正 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

バンダイナムコ、2013年第3Q業績は経常益46.2%増−ソーシャルゲーム好調、業績予想も上方修正

バンダイナムコホールディングスは、2013年3月期第3四半期の連結決算(累計)を発表しました。売上高は3506億3700万円で、前年同期比8.4%増を記録。営業益・経常益共に40%以上の増益となり、引き続き好調を維持しています。

ニュース 最新ニュース
バンダイナムコホールディングスは、2013年3月期第3四半期の連結決算(累計)を発表しました。売上高は3506億3700万円で、前年同期比8.4%増を記録。営業益・経常益共に40%以上の増益となり、引き続き好調を維持しています。

発表によると、営業益は441億9400万円(前年同期比43.6%増)、経常益は450億4600万円(同46.2%増)、四半期純利益279億9500万円(同71.7%増)となっています。また、同時に通期の業績予想も上方修正し、売上高4600億円(前回予想1.3%増)、営業益425億円(同22.8%増)、経常益425億円(同21.6%増)、四半期純利益245億円(同26.9%増)としています。

セグメント別でみると、「コンテンツ事業」が引き続き好調で、セグメント別の売上高は1848億9800万円(前年同期比22.1%増)、セグメント利益は309億8200万円(前年同期比166.3%増)となりました。

特に利益に貢献しているのは『アイドルマスター シンデレラガールズ』『ワンピース グランドコレクション』『機動戦士ガンダム』シリーズなどのソーシャルゲーム。同社の資料を見ると、家庭用ゲームの売上は前年並みに落ち着いているにもかかわらず、ネットワーク・映像コンテンツ(アニメ「機動戦士ガンダムUC」など)の売上が同セグメントの売上を大きく押し上げているようです。

なお、前年並みに推移している家庭用ゲームは『ソウルキャリバー』『ナルト』『テイルズ オブ』といった人気シリーズの最新作は国内外で発売され、『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』や『逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!』も好調に推移しているということです。

今後は、好調なネットワークコンテンツでは、新規タイトルや既存タイトルのコンテンツ強化で安定的に展開していき、「機動戦士ガンダムオンライン」などのPCへのコンテンツも拡充していくとのこと。また、家庭用ゲームでは『ワンピース 海賊無双2』で端境期を乗り切りたいたいとしています。 (ソース: バンダイナムコホールディングス 平成25年3月期第3四半期決算短信(PDF))
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

    タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

  2. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

    初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  3. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  6. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  7. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  8. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  9. 『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

  10. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

アクセスランキングをもっと見る

1
page top