期待のUnreal Engine 4採用ホラーゲーム『Daylight』の最新スクリーンショット4点が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

期待のUnreal Engine 4採用ホラーゲーム『Daylight』の最新スクリーンショット4点が公開

先月開催されたD.I.C.E.サミットにてZombie Studiosより正式発表されたUnreal Engine 4採用の新作ホラーゲーム『Daylight』。サードパーティーによる初のUnreal Engine 4タイトルとして注目を集めましたが、本日その最新スクリーンショット4点が海外にて公開されました

PC Windows

先月開催されたD.I.C.E.サミットにてZombie Studiosより正式発表されたUnreal Engine 4採用の新作ホラーゲーム『Daylight』。サードパーティーによる初のUnreal Engine 4タイトルとして注目を集めましたが、本日その最新スクリーンショット4点が海外にて公開されました。

自身の名前すらわからない女性が主人公となる『Daylight』。プレイヤーは携帯電話の明かりを頼りに亡霊が徘徊する建物の中を探索していくことになります。なお本作は1プレイが30分前後となっており、周回プレイすることで(ただしマップや入手アイテムなどはプレイ毎に大きく変化する)徐々に真相が明らかにされていくという仕組み。




グラフィックに関してはUnreal Engine 4を採用することでダイナミックライティングを実現し、発煙筒の激しい光や影の動きなどが美しく表現されることが明らかにされています。

なおこの画像4点はゲームコミュニティ運営サイトRaptrが行う『Daylight』と『Blacklight: Retribution』のQ&Aの告知と共に公開されたもので、太平洋標準時3月7日の午前10時から開催されるQ&Aではファンから寄せられた質問トップ10にスタッフ達が解答する予定となっています。
(ソース&イメージ: Raptr)

【関連記事】
Unreal Engine 4採用のランダム生成ホラー『Daylight』が発表
Zombie Studiosが『Blacklight: Retribution』のコンソール版販売権利を取得
『Blacklight』のZombie StudioがUnreal Engine 4使用タイトルに着手、発売は2013年Q2時期に
『Blacklight』のZombie Studioが新作TPS『Special Forces: Team X』を発表
基本プレイ無料の続編『Blacklight: Retribution』が今月Steamでリリース
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 「Steam Remote Play Together」正式版開始!ローカルマルチがスマホからでも無料で楽しめる

    「Steam Remote Play Together」正式版開始!ローカルマルチがスマホからでも無料で楽しめる

  2. 『ボーダーランズ3』ストーリーミッションDLC「モクシィのハンサム・ジャックポット乗っ取り大作戦」トレイラー公開!

    『ボーダーランズ3』ストーリーミッションDLC「モクシィのハンサム・ジャックポット乗っ取り大作戦」トレイラー公開!

  3. 『CoD:MW』次の大型アップデートを示唆―パッチノートは2ページ強

    『CoD:MW』次の大型アップデートを示唆―パッチノートは2ページ強

  4. GIGABYTE、最新グラフィックボード7製品を発売―2080Ti外付けVGA BOXも

  5. 『ディアブロ IV』でもエレクティブモードは引き続き使用可能―公式ブログにて説明

  6. 『フォートナイト』デイリーチャレンジ復活やDX12に対応したv11.20配信…チャプター2シーズン1は20年2月まで延長

  7. 『R6S』がNetflixとコラボ!新ゲーム内イベント「ペーパー・ハウス」11月25日まで開催

  8. PC版『PUBG』ライブサーバー向けにアップデート5.2配信開始―PS4/XB1版にも近日配信予定

  9. オープンワールドサバイバル『Rust』初の有料DLCが発表! 演奏可能な10の楽器が登場

  10. WW2戦車シム『Steel Gear: Stalingrad』最新開発映像! IV号戦車の内部を紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top