リロードすら一苦労…銃の操作を細かく再現したFPS『Receiver』がSteamで配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リロードすら一苦労…銃の操作を細かく再現したFPS『Receiver』がSteamで配信開始

7日間でFPSを製作する7-Day FPS Challenge企画にてインディーデベロッパーのWolfire Gamesが開発した銃器操作再現FPS『 Receiver 』が、Greenlightを通してSteamでの配信が開始されました。

PC Windows

7日間でFPSを製作する7-Day FPS Challenge企画にてインディーデベロッパーのWolfire Gamesが開発した銃器操作再現FPS『Receiver』が、Greenlightを通してSteamでの配信が開始されました。

普通のFPSでは1ボタンで可能なマガジンのリロードも、『Receiver』においては簡単には行かず、入っているマガジンを抜く、新しいマガジンを選ぶ、新しいマガジンを入れる、スライドを戻すなどの細かい操作が必要となります。更には撃鉄を起こしたり安全装置を解除したりといった操作も加わるため、銃の知識がある程度ないと撃つ事すらままなりません。


なお、今回配信されたバージョンは前回紹介時から多少パワーアップしており、銃もColt 1911だけでなく、S&W Model 10 "Victory"やGlock 17が使用可能となっています。また本作のキーフィーチャーは以下の通りです。

  • Colt 1911、S&W Model 10 "Victory"、 Glock 17の詳細なシミュレーション。
  • 物理学に基づくダメージモデルを備えたテーザーロボット及びマシンガンタレット。
  • 跳弾と弾丸落下の弾道モデリング。
  • 回避不能なMindkillイベントから身を守るための準備をさせる11本のオーディオテープ。
  • 現実で銃がどのように作動するかを学ぼう。

『Receiver』の価格は4.99ドル。5月7日までは20%オフの3.99ドルで購入可能です。
(ソース&イメージ: PC Gamer)

【関連記事】
安全装置や手動リロードなど銃の手動操作にこだわった実験的タイトル『Receiver』
気になる*Spark 『Overgrowth』
ウサギ人間がスピーディなバトルを繰り広げる3Dアクションアドベンチャー『Overgrowth』
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 期待の現代戦FPS『World War 3』Steam早期アクセス開始!―バトルロイヤルモードも

    期待の現代戦FPS『World War 3』Steam早期アクセス開始!―バトルロイヤルモードも

  2. 『Retro City Rampage』続編『Shakedown: Hawaii』新トレイラー!発売時期は2019年Q1に

    『Retro City Rampage』続編『Shakedown: Hawaii』新トレイラー!発売時期は2019年Q1に

  3. 戦術ロボシューター『Blazing Core』早期アクセス開始! チームワーク重視の迫力バトル

    戦術ロボシューター『Blazing Core』早期アクセス開始! チームワーク重視の迫力バトル

  4. 『Warframe』新オープンワールドエリア「フォーチュナー」11月にPC実装!

  5. 大規模な戦争が楽しめるサンドボックスRTS『Veil of Crows』Steamにて正式配信開始!

  6. 現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

  7. 料理をしなくても良い本格料理シム『Cooking Simulator』配信日決定!

  8. 人気惑星コロニー運営シム『RimWorld』遂に正式版に!―開発期間5年以上の大作に一区切り

  9. 『The Red Strings Club』開発元が新作短編ゲーム『11:45 A Vivid Life』を制作中

  10. 新作ミリタリーFPS『World War 3』12分の新規ゲームプレイ映像!【gamescom 2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top