リロードすら一苦労…銃の操作を細かく再現したFPS『Receiver』がSteamで配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リロードすら一苦労…銃の操作を細かく再現したFPS『Receiver』がSteamで配信開始

7日間でFPSを製作する7-Day FPS Challenge企画にてインディーデベロッパーのWolfire Gamesが開発した銃器操作再現FPS『 Receiver 』が、Greenlightを通してSteamでの配信が開始されました。

PC Windows

7日間でFPSを製作する7-Day FPS Challenge企画にてインディーデベロッパーのWolfire Gamesが開発した銃器操作再現FPS『Receiver』が、Greenlightを通してSteamでの配信が開始されました。

普通のFPSでは1ボタンで可能なマガジンのリロードも、『Receiver』においては簡単には行かず、入っているマガジンを抜く、新しいマガジンを選ぶ、新しいマガジンを入れる、スライドを戻すなどの細かい操作が必要となります。更には撃鉄を起こしたり安全装置を解除したりといった操作も加わるため、銃の知識がある程度ないと撃つ事すらままなりません。


なお、今回配信されたバージョンは前回紹介時から多少パワーアップしており、銃もColt 1911だけでなく、S&W Model 10 "Victory"やGlock 17が使用可能となっています。また本作のキーフィーチャーは以下の通りです。

  • Colt 1911、S&W Model 10 "Victory"、 Glock 17の詳細なシミュレーション。
  • 物理学に基づくダメージモデルを備えたテーザーロボット及びマシンガンタレット。
  • 跳弾と弾丸落下の弾道モデリング。
  • 回避不能なMindkillイベントから身を守るための準備をさせる11本のオーディオテープ。
  • 現実で銃がどのように作動するかを学ぼう。

『Receiver』の価格は4.99ドル。5月7日までは20%オフの3.99ドルで購入可能です。
(ソース&イメージ: PC Gamer)

【関連記事】
安全装置や手動リロードなど銃の手動操作にこだわった実験的タイトル『Receiver』
気になる*Spark 『Overgrowth』
ウサギ人間がスピーディなバトルを繰り広げる3Dアクションアドベンチャー『Overgrowth』
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 新要素たっぷりな『マインクラフト』最新アップデート「Village & Pillage」実施!

    新要素たっぷりな『マインクラフト』最新アップデート「Village & Pillage」実施!

  2. 疫病サバイバルホラー『Pathologic 2』魅力を体感できる無料体験版が公開―この街で何が出来るのか…

    疫病サバイバルホラー『Pathologic 2』魅力を体感できる無料体験版が公開―この街で何が出来るのか…

  3. 『Dead by Daylight』新システム「End Game Collapse」を試せるPTBサーバー2.7.0がオープン!

    『Dead by Daylight』新システム「End Game Collapse」を試せるPTBサーバー2.7.0がオープン!

  4. 『Fallout 76』で「修理キット」などが実装されるパッチ8.5配信―パッチノートも公開

  5. 『Eight Dragons』Steam早期アクセス開始―『熱血硬派くにおくん』風の最大8人協力ベルトスクロールACT

  6. 16bit風オープンワールド『Shakedown: Hawaii』5月7日リリース―現時点でPC版はEpic Gamesストアのみ

  7. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  8. 『P.T.』の影響受けた新作サイコホラー『Visage』の早期アクセスが開始!

  9. なめらかアニメのSF横スクロールアクション『Zombotron』Steam配信開始

  10. 『ぷよぷよeスポーツ』Steam版発売決定!英語音声も追加

アクセスランキングをもっと見る

1
page top