MicrosoftがGames for Windows LIVEを2014年7月に廃止か、公式のサポートページに一時記載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

MicrosoftがGames for Windows LIVEを2014年7月に廃止か、公式のサポートページに一時記載

2014年7月にもGfWLが終了するとの記載が公式のサポートページにて一時確認された模様です。海外メディアPolygonが報じています。

ニュース 最新ニュース
2007年5月にローンチされ複数のタイトルにて採用されてきたMicrosoftのPCタイトル向けゲーミングサービスGames for Windows LIVEこと通称GfWLですが、2014年7月にも同サービスが終了するとの記載が公式のサポートページにて一時確認された模様です。海外メディアPolygonが報じています。

Polygonによれば、GfWL終了についてのアップデートが掲載されたのは『Age of Empires Online』の公式サポートページで、後にこの文章は削除されたとのこと。アップデートでは「Games for Windows LIVEは2014年7月1日に終了する」ことが明記されており、来年7月1日にサーバーが閉鎖されるまでは『Age of Empires Online』の全てのフィーチャーを楽しむことが出来るとも記されていたようです。

Games for Windows LIVE対応タイトルのサーバーが全て閉鎖されオンラインプレイ不可となるのかは現時点で不透明ですが、数少ないクロスプラットフォームプレイが可能なタイトルである『シャドウラン』を始め、PC版『Dark Souls』や『ストリートファイターIV』(ただし『ウルIV』はGfWLを採用していない)、『Dead Rising 2』や『バイオハザード5』などGfWLを採用しているマルチプレイヤータイトルは少なくありません。

なおMicrosoftは先週にも現地時間2013年8月22日にGames for Windowsマーケットプレイスを閉鎖することを発表しています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. マイクロソフトがGOG新クライアント「GOG Galaxy 2.0」を公式サポート―様々な機能の詳細も判明

    マイクロソフトがGOG新クライアント「GOG Galaxy 2.0」を公式サポート―様々な機能の詳細も判明

  2. 『レインボーシックス シージ』グリッチ悪用で「Clash」「展開型シールド」が再度無効に―復活時期は未定

    『レインボーシックス シージ』グリッチ悪用で「Clash」「展開型シールド」が再度無効に―復活時期は未定

  3. スクウェア・エニックスによる『ディアブロ III』『オーバーウォッチ』販売が近日終了

    スクウェア・エニックスによる『ディアブロ III』『オーバーウォッチ』販売が近日終了

  4. Amazon Game Studiosが従業員のレイオフ実施、開発中タイトルの一部にリソースを注力

  5. 『FINAL FANTASY VIII Remastered』発表!PS4/XB1/スイッチ/PC向けに2019年配信予定【E3 2019】

  6. フルリメイク版『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』2020年初頭発売予定!リースやケヴィンが美しくよみがえる

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. Tango Gameworks新作『GhostWire: Tokyo』発表【E3 2019】

  9. 地球外生命体と戦う『レインボーシックス クアランティン』海外発表―『レインボーシックス』世界の数年後を描くPvE【E3 2019】【UPDATE】

  10. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

アクセスランキングをもっと見る

page top