「『Titanfall』は『Call of Duty』ほど売れないだろう」Respawn設立者Zampella氏がコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「『Titanfall』は『Call of Duty』ほど売れないだろう」Respawn設立者Zampella氏がコメント

ニュース 最新ニュース

Respawn EntertainmentがElectronic Artsのもと発表した『Titanfall』は次世代を担うFPSとして注目を集めていますが、設立者であるVince Zampella氏が、『Call of Duty』などすでに存在するシューターフランチャイズとの対比について言及しました。

Zampella氏は「(『Titanfall』は)新しいブランドだ。新ブランドを立ち上げるには長い年数をかけて推進力を築きあげていかなければならない。白紙からやっているのだから、『Call of Duty』ほどは売れないだろう」とコメント。

一方で「だが我々にとっては……情熱を注いでいるプロジェクトのようなものだ。愛情を持っている。真新しい作品だ。保守的なシューターゲームの古い慣習を取り払い新たな基軸を加える、誰も見たことがないような体験だ」とも述べ、『Titanfall』は売り上げでは旧来のフランチャイズに及ばないものの、新機軸を取り入れた過去に例を見ないゲームだとアピールしました。

Respawn Entertainmentは『CoD』シリーズ開発のInfinity Wardから離脱したメンバーにより設立され、後にActivisionと給与問題などにより裁判沙汰に発生。結果『Titanfall』が『CoD』と対比される場面も多いですが、今年6月にはZampella氏は「『Titanfall』は『CoD』に対抗しているわけでは無い」とも海外メディアに対し語っていました。

『Titanfall』は2014年にPC/Xbox 360/Xbox One向けにリリース予定。マルチプレイヤーオンリーのシューター作品であり、価格は60ドルであるとされています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 39 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

    DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  2. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

    テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  3. 関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

    関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

  4. HTC VIVE上位モデル「VIVE Pro」国内で正式発売ー最高のVR体験

  5. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  6. 「平成の海援隊」が提案する“ゲームによる地域の活性化”─DeNA Games Tokyoと尾崎知事がその狙いを語る

  7. 噂:延期が続く『Crackdown 3』のリリース時期は近日発表? 伯レーティング機関に情報登録

  8. 米オハイオ州の大学が『フォートナイト バトルロイヤル』向けe-Sports奨学金を発表ー海外報道

  9. Naughty Dogや『TES』公式SNSも!『ゴッド・オブ・ウォー』大勢のゲームクリエイターからお祝いメッセージが届く

  10. 『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

アクセスランキングをもっと見る

page top