『GRAVITY DAZE』制作チーム、次回作の制作を発表―ディレクター外山氏のメッセージ、デザイナー描き下ろし壁紙配布がスタート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GRAVITY DAZE』制作チーム、次回作の制作を発表―ディレクター外山氏のメッセージ、デザイナー描き下ろし壁紙配布がスタート

携帯ゲーム PS Vita

『GRAVITY DAZE』制作チーム、次回作の制作を発表―ディレクター外山氏のメッセージ、デザイナー描き下ろし壁紙配布がスタート
  • 『GRAVITY DAZE』制作チーム、次回作の制作を発表―ディレクター外山氏のメッセージ、デザイナー描き下ろし壁紙配布がスタート
  • 『GRAVITY DAZE』制作チーム、次回作の制作を発表―ディレクター外山氏のメッセージ、デザイナー描き下ろし壁紙配布がスタート
  • 『GRAVITY DAZE』制作チーム、次回作の制作を発表―ディレクター外山氏のメッセージ、デザイナー描き下ろし壁紙配布がスタート
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、PS Vita用ソフト『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女のうち宇宙に生じた摂動』のメッセージトレイラーを公開しました。

重力アクションゲーム『GRAVITY DAZE』はPS Vitaのモーションセンサー機能をフルで生かした操作システム、印象的なストーリーやビジュアルで国内外から最高傑作との高い評価を得たタイトルです。発売から1年半ほど経過した今、『GRAVITY DAZE』制作チームのTeam Gravityからのメッセージトレイラーと題された映像が新たに公開され、新プロジェクトを鋭意制作中である事が明らかになりました。プレコミュの『GRAVITY DAZE』公式ページでは期待を寄せるユーザーの声がすでに沢山到着しています。



これにあわせて、同ページにはクリエイティブディレクター・外山圭一郎氏からのメッセージが記載。まだ具体的な内容には言及できないものの、次回作へ向けて「ようやく全力でアクセルを踏み込める段階に入ってきた」とのことで、ユーザーの期待を真正面から受け止めつつ、これまでにない強い意気込みで制作に励んでいる旨が伝えられています。

また、Team Gravityからのプレゼントとして、キャラクターデザインの斎藤俊介氏・コンセプトアートの緒賀岳志氏が描き下ろした2種類のスペシャル壁紙が配布中となっています。サイズもPS Vita用、PC用、Android用、iphone用と揃っているので、ぜひプレコミュ公式ページへアクセスして、お使いの機器にあわせた壁紙を手に入れてみてください。

『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女のうち宇宙に生じた摂動』は現在好評発売中。価格はPSVitaカード版が5,980円(税込)、ダウンロード版が4,900円(税込)。ベスト版は、PSVitaカード版が3,570円(税込)、ダウンロード版が2,940円(税込)です。

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

特集

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. PC98風味のちょっと大人なADV『VA-11 HALL-A』国内発売!PC版も日本語実装

    PC98風味のちょっと大人なADV『VA-11 HALL-A』国内発売!PC版も日本語実装

  2. 『ラブプラス』のキスシーン動画を見た海外ユーザーの反応は…

    『ラブプラス』のキスシーン動画を見た海外ユーザーの反応は…

  3. ニンテンドーDSi専用のソフトがこの秋にも発売。パッケージは特殊仕様に

    ニンテンドーDSi専用のソフトがこの秋にも発売。パッケージは特殊仕様に

  4. 【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

  5. 「Newニンテンドー3DS」生産終了が明らかに、今後はNew3DS LL/2DS/2DS LLで展開

  6. 海外版『ファイアーエムブレムif』で同性愛嫌悪を感じさせる表現を削除、米国任天堂が明言

  7. SFバーテンダーADV『VA-11 HALL-A』海外PS Vita版トレイラー!美しい音楽で彩るMV

  8. 海外レビューハイスコア 『Etrian Odyssey』(世界樹の迷宮)

  9. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  10. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

アクセスランキングをもっと見る

page top