【BEST OF TGS AWARD 2013】ハードウェア部門受賞は"史上最小のプレイステーション"「PlayStation Vita TV」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【BEST OF TGS AWARD 2013】ハードウェア部門受賞は"史上最小のプレイステーション"「PlayStation Vita TV」

ニュース 最新ニュース

【BEST OF TGS AWARD 2013】ハードウェア部門受賞は
  • 【BEST OF TGS AWARD 2013】ハードウェア部門受賞は


東京ゲームショウに出展されたタイトルの中から、インサイド/Game*Sparkの編集、ライターが注目タイトルを選出する「BEST OF TGS AWARD」。ハードウェア部門の受賞はソニー・コンピュータエンターテインメントの「PlayStation Vita TV」に決定しました。

「PlayStation Vita TV」はテレビに接続して、PSVitaのゲームタイトルを遊ぶことのできるデバイスで、僅か110gのボディにはPSVitaのカードスロットが用意され、パッケージゲームを遊べるほか、膨大な数のゲームアーカイブス(過去に発売されたゲーム)をダウンロードして遊ぶ事も出来ます。さらに、TSUTAYA TV、ニコニコ動画、スカパー!オンデマンド、huluなど各種動画配信サービスにも対応。テレビをより面白くするデバイスです。2月発売予定のプレイステーション4と連携してリモートプレイも可能にします。



■選んだ主な担当者のコメント

土本学 / インサイド編集長
「お手軽、お値打価格でありながら、リビングにゲームを中心とした輪を作り出す可能性を秘めたデバイス。お茶の間のゲーム復権を担って欲しい。」

臥待 弦(ふしまち ゆずる)/ ライター
「個人的には、アクションにせよRPGにせよ大きな画面で楽しみたいので、「PSVitaをテレビ画面で楽しめれば」と切望していた自分には、まさに最適の一品。」

ishigen / ライター
「携帯機で普段ゲームをプレイしない自分が次世代据え置き機よりも注目しているゲーミングハード。OuyaなどのAndroidゲーム機も模索したリビングを中心とする小型据え置き路線。成功させることができるか非常に楽しみ。」

Ten-Four / ライター
「大画面で朧村正とカグラが出来る!」
対応タイトル一覧

森元行 / スタッフ
「低価格という部分に期待。昔ゲームをしていたユーザーを取り戻す良いフック。大画面でVITA等のゲームをプレイできるという部分で、既存ゲーマーにも何気に指示される可能性も有りそう。というか、エンターテインメントの形を変える起爆剤になればと。」

「PlayStation Vita TV」は11月14日発売予定で、価格は9480円(税別)です。

ノミネート作品
・プレイステーション4 (株式会社ソニー・コンピューターエンタテインメント)
・Xbox One (日本マイクロソフト株式会社)
・新型PlayStation Vita (株式会社ソニー・コンピューターエンターテインメント)
・PlayStation Vita TV (株式会社ソニー・コンピューターエンターテインメント)
・ひかりTV (株式会社NTTぷらら)
《土本学》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

    5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

  2. 警察パトロール隊シム『City Patrol: Police』発表! 激しいカーチェイス満載

    警察パトロール隊シム『City Patrol: Police』発表! 激しいカーチェイス満載

  3. 90年代インターネットシム『Hypnospace Outlaw』発表! オンライン世界の秩序を維持せよ

    90年代インターネットシム『Hypnospace Outlaw』発表! オンライン世界の秩序を維持せよ

  4. 特典付きパッケージ版『ソニックマニア・プラス』国内PS4/スイッチで発売決定!

  5. 第一次世界大戦の物語描く新作ADV『11-11: MEMORIES RETOLD』が海外発表

  6. リマスター版『バレットウィッチ』がSteam配信決定! 4K解像度対応やゲームバランス調整も

  7. 『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

  8. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

  9. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

page top