ニンテンドーeショップで不正に取得したコンテンツは削除の可能性も ― 海外ユーザーが報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ニンテンドーeショップで不正に取得したコンテンツは削除の可能性も ― 海外ユーザーが報告

ニンテンドーeショップで不正に取得したコンテンツは、任天堂によって削除される可能性があることが海外ユーザーの報告で明らかになりました。

家庭用ゲーム Wii U
ニンテンドーeショップで不正に取得したコンテンツは削除の可能性も ― 海外ユーザーが報告
  • ニンテンドーeショップで不正に取得したコンテンツは削除の可能性も ― 海外ユーザーが報告
ニンテンドーeショップで不正に取得したコンテンツは、任天堂によって削除される可能性があることが海外ユーザーの報告で明らかになりました。

この報告は海外サイト「Nintendo World Report」に掲載されていたもので、削除の原因はユーザーがクラブニンテンドーの規約に違反したためとされています。

ことの発端は米国クラブニンテンドーが行ったキャンペーンで、これは『ファイアーエムブレム 覚醒』と『真・女神転生IV』どちらも購入すると30ドルのニンテンドーポイントがもらえるというものでした。ユーザーがゲームをクラブニンテンドーに登録すると、ニンテンドーeショップで使用できる30ドル分のポイントのコードを受け取れるという仕組みで、キャンペーン自体は8月で終了しています。

2台の3DSと、2つのクラブニンテンドーポイントを持つユーザーHoneyさんが、『ファイアーエムブレム 覚醒』2本と『真・女神転生IV』1本を購入。さらに友人が購入した『真・女神転生IV』に同梱されていたクラブニンテンドーコードを譲渡してもらい、2つのアカウントにそれぞれ1セットずつを登録しました。各アカウントから30ドル、計60ドルのニンテンドーポイントをもらったHoneyさんは、これを1つのアカウントのみに登録。さらに、これを使って『スチームワールド ディグ』を購入し、残りはそのまま保持していました。

数週間後Honeyさんがクラブニンテンドーにログインしようとしたところ、両方のアカウントが凍結されていることが判明。3DSからニンテンドーeショップをチェックしてみたところ、キャンペーンで得た残高は全て削除されていました。次に購入した『スチームワールド ディグ』をチェックしてみましたが、なんと自分が見ている目の前で消えてしまったということです。

Honeyさんはこの件について任天堂に問い合わせましたが、アカウント凍結の理由はキャンペーンで得たニンテンドーポイントは1つのアカウントのみに使用できるという規約に違反したためだという返答でした。それに加え、同じ人が2つのアカウントを持つことや、自分が購入していないゲームを登録することも規約違反だと言われてしまったようです。

任天堂を説得し、その後アカウントの凍結は解除されましたが、プロモーションで得たポイントや購入した『スチームワールド ディグ』は戻ってこなかったということです。しかしアカウント凍結が解除されただけでも嬉しいとHoneyさんは語っています。

米国クラブニンテンドーの規約が全て日本でも当てはまるとは限りませんが、キャンペーンなどに参加する際には内容をきちんと確認しておいた方がよさそうです。
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 21 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

    Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

  2. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

    『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  3. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

  4. PS4新作『GUNGRAVE GORE』はハーフ・オープンワールドに―IGGYMOBセッションレポート【TGS2018】

  5. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

  6. 『アサシン クリード オデッセイ』ギリシア神話研究家 藤原シシンさんが語るコメンタリー動画が公開

  7. コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

  8. 『レッド・デッド・リデンプション2』には一人称視点モードが搭載!―海外ハンズオンで判明

  9. ダンテ参戦!『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

  10. 『バイオハザード RE:2』クレア編の試遊デモハンズオン―進化したビジュアルと恐怖、そして気高く強いクレアを体験せよ!【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top