「宇宙の孤独」を詩的に描く2D宇宙探索ゲーム『RymdResa』がSteam Greenlightに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「宇宙の孤独」を詩的に描く2D宇宙探索ゲーム『RymdResa』がSteam Greenlightに登場

ニュース 最新ニュース



スウェーデンのインディースタジオMorgondag Digital Creativesは、2D宇宙探索ゲーム『RymdResa』をSteam Greenlightにて公開しました。同作は2013年からMorgondagスタジオの男女コンビ2人組が開発を続けているタイトル。1月30日にもリリース予定で、対象プラットフォームはPC/Mac/Linux/iPadおよびWii Uとなっています。

『RymdResa』は隕石の落下により故郷を失ってしまったパイロットを操作し、スペースシップでプレイ毎に変化する宇宙を探索していく見下ろし視点の2D宇宙探索ゲーム。本編は故郷を失った主人公が新たな惑星を探し出すチャプター1、見つけ出した惑星を拠点に資源を集めていくチャプター2、そして未知の宙域を探索し新たな発見や驚きと出会うチャプター3に分かれています。

プレイヤーはスペースシップを操作して宇宙空間を探索し、惑星や星や遺棄された宇宙船といった100種類以上のロケーションを発見。アイテムを回収して6種類のアイテムスロットがある自身のシップを強化したり、拠点惑星をアップグレードしていきます。ゲーム中には100種類以上のテキストベースによるクエストも登場するとのことです。



ゴージャスなレトロ調グラフィックおよびサウンドと共に、ジャズミュージシャンである声優Eric Reed氏のボイスアクトによって語られる孤独な物語も同作の魅力の1つ。「手順的に生成されていく詩的な宇宙の旅」と称された『RymdResa』では、敵対組織や侵略する宇宙人などとの戦闘は一切存在せず、替わりに故郷を失ってしまったパイロットが対峙する"宇宙での孤独"がポエティックに差し込まれていきます。

開発者曰く「レーザービームを放ちエイリアンを爆破するような二番煎じのスペースシューターは作りたくなかった。『RymdResa』におけるゲームプレイは平穏であり、受動的かつ落ち着いているんだ」とのことで、激しい宇宙戦争に疲れたプレイヤーは発売後にチェックしてみてはいかがでしょうか。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

    『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

  2. モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

    モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

  3. 「いま仙台が面白い!」地場企業のキーマン5人が語らう“地方にゲーム業界が芽吹く瞬間”

    「いま仙台が面白い!」地場企業のキーマン5人が語らう“地方にゲーム業界が芽吹く瞬間”

  4. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  5. スクウェア・エニックス、『HITMAN』シリーズ2作品の取り扱い終了を発表―IO Interactiveが一部引き継ぎへ

  6. 噂:新作『バトルフィールド』にバトルロイヤルモード搭載?プロトタイプが開発中か

  7. コナミと欧州サッカー連盟のライセンス契約が終了へ―『ウイニングイレブン』に影響か

  8. 『フォートナイト バトルロイヤル』に50対50が復活!ライトマシンガンも実装される最新パッチノート

  9. 米Amazonの商品が日本円購入/国内配送可能になる新サービス、専用アプリに追加

  10. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

アクセスランキングをもっと見る

page top