『Star Citizen』の宇宙ドッグファイトを収録した凄まじいプレイ映像が登場、Cry Engineで描かれる美しき宇宙 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Star Citizen』の宇宙ドッグファイトを収録した凄まじいプレイ映像が登場、Cry Engineで描かれる美しき宇宙

すでに4,000万ドル以上(およそ40億円以上)を集めているスペースコンバットシム『Star Citizen』。米国ボストンにて現在開催中のPAX Eastにて、同作のドッグファイトを収録したゲームプレイ映像が披露されました。

メディア 動画
2012年よりKickstarterやオフィシャルサイトにてクラウドファンディングを実施し、すでに4,000万ドル以上(およそ40億円以上)を集めているスペースコンバットシム『Star Citizen』。米国ボストンにて現在開催中のPAX Eastにて、同作のドッグファイトを収録したゲームプレイ映像が披露されました。

1990年代に生まれたスペースコンバットシミュレーションの決定版『Wing Commander』の原作者であるChris Roberts氏が開発を指揮する『Star Citizen』。Kickstarter終了後も公式サイトにてクラウドファンディングを継続しており、現在は4,100万ドル以上に到達。当初は宇宙での艦隊戦やドッグファイトにフォーカスした作品になるかと思われていたものの、現在は実際にプレイヤーが惑星に降り立ちFPSのようなスタイルで探索したり、大規模な経済圏でプレイヤー同士が生産や流通を営んだりすることが可能になるとされています。

PAX Eastにて今回公開された映像はドッグファイト部分のみを収録した「Dogfighting」モジュールのもので、今月にもクラウドファンディングのサポーターたちに向けリリースされる予定。その美麗な宇宙のビジュアルは流石40億円以上を集めたといったところで、Cry Engine 3製のトリプルA級タイトルにも負けないグラフィックを披露しています。



なお『Star Citizen』は「モジュール」という形で各ゲーム要素を順次リリースしていくスタイルを取っており、この「Dogfighting Module」は4月中にもリリース予定。続いて「Social/ Planetside」、「FPS/ Ship Boarding」モジュールが年内にも登場し、シングルプレイヤー要素やベータ版のリリースを経て2015年初頭の正式ローンチが予定されています。
《ishigenn》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

特集

メディア アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』世界を覗く紹介動画第7弾が公開―気になる「豆腐の動く姿」も確認!

    『バイオハザード RE:2』世界を覗く紹介動画第7弾が公開―気になる「豆腐の動く姿」も確認!

  2. 残虐格ゲー最新作『Mortal Kombat 11』全てがパワーアップしたプレイ映像お披露目!【UPDATE】

    残虐格ゲー最新作『Mortal Kombat 11』全てがパワーアップしたプレイ映像お披露目!【UPDATE】

  3. 様々な要素を解説する約6分半の『Anthem』最新プレイ映像が公開!

    様々な要素を解説する約6分半の『Anthem』最新プレイ映像が公開!

  4. 『バイオハザード RE:2』体験版「1-Shot Demo」のプレイヤー数は180万人以上に!

  5. Co-opシューター『World War Z』大量のゾンビが押し寄せるプレイ映像!

  6. もし『Hotline Miami』が初代PSのゲームだったら…?ゲーム開発者がユニークなファン映像公開

  7. 世界観がヤバすぎる新作シューター『Atomic Heart』トレイラー! パラレルワールドのソ連で秘密を暴く

  8. 中国の『マインクラフト』ビルダーが作り上げたサイバーパンク都市が壮観…製作期間はおよそ1年!

  9. 『キングダム ハーツ III』国内向けCM映像公開!「フレンド」「ストーリー」「バトル」の全3編

  10. 『バイオハザード RE:2』体験版「1-Shot Demo」国内で配信開始!新アートも公開

アクセスランキングをもっと見る

page top