寝落ちしても安心? 実際に使えるゲームコントローラー型クッション | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

寝落ちしても安心? 実際に使えるゲームコントローラー型クッション

ゲーム文化 カルチャー


世の中にはゲーム機やゲームコントローラーの形を模した様々なグッズが存在していますが、DIY向け電子キットを販売するAdafruit IndustriesのBecky Sternさんが実際に使えるゲームコントローラー型クッションを制作しました。制作費は約40ドルほど。使用した材料の殆どはAdafruit Industriesにて購入できるようです。


こちらでは制作レポートも掲載されているので興味がある方は是非ご覧ください。このコントローラーはゲームをプレイしていて眠くなった時に重宝しそうです。肝心の操作性に難がありそうですが……。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『メタルギア ソリッド』コトブキヤ「メタルギア REX」レビュー、ゲーム系プラモって実際どう?【特集】

    『メタルギア ソリッド』コトブキヤ「メタルギア REX」レビュー、ゲーム系プラモって実際どう?【特集】

  2. VTuber支援サービス『Vカツ』8月1日よりSteam早期アクセス開始―他外部サービスへのエクスポート機能も検討中か

    VTuber支援サービス『Vカツ』8月1日よりSteam早期アクセス開始―他外部サービスへのエクスポート機能も検討中か

  3. 日本初?ふるさと納税返礼品にインディーゲームが登場『キラキラスターナイト ふるさと納税 ふじみ野版』リリース

    日本初?ふるさと納税返礼品にインディーゲームが登場『キラキラスターナイト ふるさと納税 ふじみ野版』リリース

  4. 『Fallout: NV』大型Modが配信時期を大幅前倒し―公式ボードゲーム版拡張で同名が用いられたため

  5. 「ホットウィール」に『マリオカート8』コラボミニカーが登場!2019年夏に海外で発売

  6. 名作ホラー『サイレントヒル』謎が謎を呼ぶファンムービー!ここは一体どこなんだ…

  7. 愛知県が舞台の格闘レースゲーム『Aichi Emperors Zero』登場!―鎧武者がバイクでパンク野郎を退治

  8. ロシアW杯決勝戦でも『フォートナイト』エモートパフォーマンスが飛び出す―あのフランス選手が

  9. 『アーマード・コア』シリーズ20周年記念オリジナルサントラの試聴がスタート!

  10. 『P.T.』風ホラー『Infliction』のKickstarterが近日終了―Steam版デモも配信中

アクセスランキングをもっと見る

page top