都市伝説は本当だった、ニューメキシコ州の「Atariの墓」から最悪のクソゲー『E.T.』カートリッジが発掘される | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

都市伝説は本当だった、ニューメキシコ州の「Atariの墓」から最悪のクソゲー『E.T.』カートリッジが発掘される

Xbox TVにおける第1弾ドキュメンタリー映像として公開されることが発表されていた「Atariの墓」都市伝説の検証プロジェクト。先日予告されていたように作業が4月26日に実施され……伝説は、本当となりました。

ゲーム文化 カルチャー

昨年6月にも映像プロダクションFuel Industriesのもと計画が明らかとなり、後にXbox Entertainemnt Studiosとの共同製作が決定。Xbox TVにおける第1弾ドキュメンタリー映像として公開されることが発表されていた「Atariの墓」都市伝説の検証プロジェクト。先日予告されていたように作業が4月26日に実施され……伝説は、本当となりました。

これは海外メディアPolygonの記者がニューメキシコ州アラモゴルド市内の埋め立て地より報じたニュースで、悪名高いクソゲー『E.T. The Extra-Terrestrial』のボックスとカートリッジ。プロジェクトチームは地下にさらなるカートリッジが埋まっているものと見て作業を継続しているもようです。Polygonの記者が投稿したイメージからはAtari 2600版『Centipede』らしきボックスも確認できます。

1982年にAtari 2600へ発売されて以降、史上最高のクソゲーとしていまだ米国では名
が知られているゲームタイトル『E.T.』。映画とのタイアップを見込み大量生産したものの全く売れず、アタリショックやAtariの倒産を引き起こした要因とのまことしやかなウワサ話も伝えられてきました。在庫が大量に余ったため、セミトレイラートラック14台でアラモゴルド市内の埋立地に埋められたというのが都市伝説「Atariの墓」で、今回の検証によりその伝説は真実となったようです。


海外メディアIGNよる撮影映像


初めて発掘されたカートリッジのイメージを投稿するXbox LIVEディレクターLarry Hryb氏ことMajor Nelson



検証ドキュメンタリーのディレクターZak Penn氏は「みながここに来てくれて本当に嬉しいよ」とコメント。「もし全くなにも見つからなかったら、それがドキュメンタリーの焦点となっていただろう。もし掘り起こして『E.T.』のゲームが見つからなかったらどんな酷いことになっていたか。そうならなくて嬉しいよ」と安堵の様子を見せています。

開発者よりわずか5週間で開発されたと伝えられ、ゲーマーたちからは史上最悪のクソゲーとして語り継がれ、大量生産により売れ残ったカートリッジは20年以上も日の目を見ず地下に埋もれていた『E.T.』。このカートリッジが現在も動作するのかなど気になるニュースはまだ続きそうですが、ひとまず彼らの生還を祝福したいところです。




《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 力士やクマ人間とも戦う3D乱闘ACT『Beatdown Brawler』Steam早期アクセス開始!

    力士やクマ人間とも戦う3D乱闘ACT『Beatdown Brawler』Steam早期アクセス開始!

  2. 映画「ソニック・ザ・ムービー」第2弾が決定!―海外報道

    映画「ソニック・ザ・ムービー」第2弾が決定!―海外報道

  3. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  4. 発掘復元から自由なジオラマ展示まで可能な恐竜化石採掘シム『Dinosaur Fossil Hunter』KickStarterキャンペーン開始

  5. スペイン産の江戸時代サイコホラー『Ikai -異界-』2021年Steam配信

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 何故『アサシン クリード ヴァルハラ』のアサシンブレードは目立つ場所に?開発者が理由を明らかに

  8. 映画版『ボーダーランズ』のリリス役にケイト・ブランシェットさんが内定

  9. Ninja主催の『フォートナイト』オンライントーナメントシリーズが近日開催、6週間にわたってMixerで配信

  10. PC版『ウィッチャー3』HDリワークMod最新版公開―さらに美しくなった世界を体験

アクセスランキングをもっと見る

page top