実績獲得で世界を1×1から広げていく『Minecraft』ワールドマップ「Captive Minecraft」のリリースが開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実績獲得で世界を1×1から広げていく『Minecraft』ワールドマップ「Captive Minecraft」のリリースが開始

ゲーム文化 Mod

バージョン1.8の最新スナップショット14w17にてプレイヤーの侵入できる範囲を制限する「World Borders」が追加されたPC版『Minecraft』ですが、この機能を利用したワールドマップ「Captive Minecraft」のリリースが海外にて開始されました。

「Captive Minecraft」はゲームがWorld Borderにて囲まれた1×1のボックスからスタートし、ゲーム内の実績を獲得する毎にボーダーが広がり探索する範囲を広げていく新規モードを追加するという代物。ゲーム開始時のリスポーン地点は木の近くに設定されているものの、さらなる資源を手に入れるには各種実績をそれぞれ達成し、探索範囲を拡大していく必要があります。

シングルプレイヤーだけでなくマルチプレイヤーにも対応しており、フレンドとプレイするのがベストという「Captive Minecraft」は、正確にはModでは無くワールドマップのセーブデータとなっており、スナップショットの最新版を導入しセーブを規定のフォルダに導入すれば即座にプレイすることが可能です。



なお現時点でこのワールドマップはベータ版とされており、公式サイトではボーダーに触れたニワトリが即死するなどといったバグが存在することが明らかにされています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

    『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

  2. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

    『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  3. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

    アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  4. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  5. 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 『CoD: AW』のSledgehammer、2017年新作は最大規模プロジェクトに

  8. 『ニーア オートマタ』新トレイラー公開!コンサート「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」の開催も決定

  9. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  10. 無人島でサバイバル生活!『Stranded Deep』がSteam早期アクセスで配信開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top