実写ホラーADV『The 7th Guest』最新作が海外にて始動、1990年代の懐かしき実写ゲーム代表作よみがえる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実写ホラーADV『The 7th Guest』最新作が海外にて始動、1990年代の懐かしき実写ゲーム代表作よみがえる

「実写ゲーム」。この時代に生まれた実写ホラーアドベンチャーシリーズ代表作『The 7th Guest』の最新作におけるクラウドファンディングが海外にて開始されました。

ニュース 発表
CD-ROMの普及に伴い1990年代に多数のタイトルが登場し、そしてメインストリームとして残ることなく廃れていった「実写ゲーム」。この時代に生まれた実写ホラーアドベンチャーシリーズ代表作『The 7th Guest』の最新作におけるクラウドファンディングが海外にて開始されました。

1993年にTrilobyteにより開発された『The 7th Guest』は、海外ではミリオンセールスを達成し、また当時は珍しかったCD-ROM専用のゲームとして同メディアのキラーアプリにもなったタイトル。国内ではそれほど知名度のないタイトルですが、ここ数年復活したTrilobyteによりSteamやGOGおよびスマートフォン向けの過去作リリースが続いており、名前だけは見たことがあるというユーザーも多いのではないでしょうか。

プレイヤーは玩具職人Henry Staufが建てた不気味な屋敷へと7人目のゲスト(招待客)として入り込み、かつて次々と子供たちが死んでいったと伝えられているこの場の謎を解き明かしていくことになります。

3Dビジュアルによる様々なホラーゲームが登場し、まるで芸術作品のような独自の世界観を有する2Dグラフィックタイトルも多数登場している昨今。敢えて今から実写ゲームをプレイする理由が何かと聞かれれば、実写ゲームしか持ち得ないあの独特な「アートの中に実写」の珍妙感と言えるでしょう。最新作では再びHenry Staufの屋敷が舞台となり、俳優を実写映像で登場させつつCGIやFXを使用したお馴染みの演出が登場します。



なお公式サイトにて実施されているクラウドファンディングは初期目標額が6万5,000ドルとなっており、この額を突破した際にはマンションの1階や一部パズルなどを有したミニバーションとも呼べる『T7G3: The 1st Story』が開発されるとのこと。27万5,000ドルにて2nd Storyが開発され、さらに43万5,000ドルにて開発費が完全にまかなえることが明らかにされています。

『The 7th Guest 3』はPC/Mac/Linuxおよびスマートフォン向けにリリース予定です。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 BotW』続編のローカライズ音声収録完了に関する報道は「早とちり」―インタビュー発信元が声明

    『ゼルダの伝説 BotW』続編のローカライズ音声収録完了に関する報道は「早とちり」―インタビュー発信元が声明

  2. 『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ

    『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』の続編が開発中! ゼルダやリンクの姿をちょい見せ【E3 2019】

    『ゼルダの伝説 BotW』の続編が開発中! ゼルダやリンクの姿をちょい見せ【E3 2019】

  4. NetEaseが初の家庭用ゲーム開発拠点「桜花スタジオ」を渋谷と中国広州に設立―渋谷スタジオでは新たな人材募集も

  5. 家の中でも旅行はできる!『ゼルダの伝説 BotW』を旅レポ風にお届け─クリア済でも見逃してた観光ポイントがあるかも?

  6. 『デビル メイ クライ 5』開発陣の「今だから言える告白」とは?バージルの「挑発返し」条件も判明する発売記念映像

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 最大85%OFF! 夏の風物詩「Steamサマーセール」開催中―『テラリア』『ボーダーランズ3』も対象

  9. カプコンが『ディノクライシス』の商標を出願していることが明らかに

  10. Epic Gamesストアにて背景色を変えて進むパズルADV『Hue』期間限定無料配布開始―来週は3本を予定

アクセスランキングをもっと見る

page top