Splash Damage開発のF2Pシューター『Extraction』が『Dirty Bomb』に再び改名 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Splash Damage開発のF2Pシューター『Extraction』が『Dirty Bomb』に再び改名

Nexon Americaは、同社がパブリッシングを行うSplash Damage開発の新作オンラインFPS『Extraction』について、タイトル名を『Dirty Bomb』に変更すると発表しました。『Dirty Bomb』はゲーム発表当初の名前で、二転して元に戻ったかたちです。

PC Windows
Splash Damage開発のF2Pシューター『Extraction』が『Dirty Bomb』に再び改名
  • Splash Damage開発のF2Pシューター『Extraction』が『Dirty Bomb』に再び改名
Nexon Americaは、同社がパブリッシングを行うSplash Damage開発の新作オンラインFPS『Extraction』について、タイトル名を『Dirty Bomb』に変更すると発表しました。『Dirty Bomb』はゲーム発表当初の名前で、二転して元に戻ったかたちです。

この発表に伴って、『Dirty Bomb』の英語公式サイトがリニューアルされ、クローズドベータテストの登録受付も再開。年内にはオープンベータテストも実施予定とのことです。加えて、北米、欧州、豪州、ニュージーランドの各地域を対象にデディケイテッドサーバーの導入も決定しました。

『Enemy Territory』や『Brink』で知られるUKスタジオSplash Damageが送り出す『Dirty Bomb』は、Free-to-Playモデル採用のチームベース大規模オンラインFPS。2020年ロンドンを背景に対立するニ勢力の戦いが描かれます。
《Rio Tani》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Steamで48本ゲームが同時に配信される―月2本ゲームを作ったインディー制作集団の2年間の成果

    Steamで48本ゲームが同時に配信される―月2本ゲームを作ったインディー制作集団の2年間の成果

  2. PC版『Halo: Combat Evolved Anniversary』パブリックテスト実施延期の可能性?

    PC版『Halo: Combat Evolved Anniversary』パブリックテスト実施延期の可能性?

  3. 『英雄伝説 閃の軌跡III』PC版が発表、Steam/GOG.comにて20年3月24日発売予定

    『英雄伝説 閃の軌跡III』PC版が発表、Steam/GOG.comにて20年3月24日発売予定

  4. 8bit風32bit風選べる美麗ドット絵ARPG『Lenna's Inception』配信開始―バグった王国に秩序を取り戻せ

  5. 『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

  6. 横スクロールACT経営ストラテジー『Coffee Break』Steam早期アクセス開始―コーヒーショップを右へ左へ大忙し?

  7. ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

  8. 『マインクラフト』Java版購入者向けのWin 10版ギフトコードが補充―コード不足が解消

  9. 『ESO』新シリーズは1000年前のスカイリム地方が舞台に―今後のコンテンツ展開も発表

  10. レイトレーシング対応グラフィックボード「GeForce RTX 2060」が大幅値下げ!海外で50ドル引きの299ドルに

アクセスランキングをもっと見る

page top