Game*Sparkリサーチ『サイコブレイクのゴアモードDLCについてどう思いますか』結果発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Game*Sparkリサーチ『サイコブレイクのゴアモードDLCについてどう思いますか』結果発表

毎週恒例の読者参加アンケートコーナー「Game*Sparkリサーチ」。今回は『サイコブレイクのゴアモードDLCについてどう思いますか』というお題で皆様から集まった回答をご報告します。

連載・特集 Game*Sparkリサーチ

毎週恒例の読者参加アンケートコーナー「Game*Sparkリサーチ」。今回は『サイコブレイクのゴアモードDLCについてどう思いますか』というお題で皆様から集まった回答をご報告。

三上真司氏手がける新作『サイコブレイク』において、通常版はCEROレーティングをD(17歳以上対象)として販売し、開発者が求めるCERO Z(18歳以上対象)のゴア表現を「ゴアモードDLC」として予約特典にするという手法に関して意見を募集した今回のリサーチ。読者の方からは様々な意見が出ています。

新規タイトルであるためにより多く売りたいという販売者、本来求める表現を提供したい開発者、完全な作品を遊びたいゲーマー、それぞれの条件をクリアする今回の手法は多くの方から賛同の声が挙がっています。しかしながら、それは「CERO Zのゴア表現をDLCで配信する」という部分のみであり、「予約特典にする」という部分には否定的な意見が出ています。

確かにプレミア感を出す事で予約数が増える可能性はあるものの、コメントにあるように何らかの事情で予約ができない人や、後からこのゲームを知った人達が開発者の求めるゴア表現を体験できなくなってしまうのは問題があります。有料DLCでも良いから販売して欲しいという声もありますが、「ゴアモードDLCは予約数のみ準備、発売後の追加配布は予定していません」と明言されています。

『サイコブレイク』がとった今回の手法はまだ新しく賛否が分かれるところもあります。しかし、CERO Zに相当する表現を持つ作品の新たな道筋を示したのは大きな一歩と言えるのではないでしょうか。今後は皆が納得する形に洗練されていく事が期待されます。それでは最後に、読者の皆様から寄せられたコメントを一部ご紹介。

* * * * * * * * *

    コメントNo.2: 名無しスパーク さん
    このやり方はすごくいいと思う
    個人的にはゴア表現苦手だからなくていいし、ゴア表現欲しい人は予約しても買う層だろうし
    それに早期購入特典に二度と手にはいらないって価値を付けるのもすごくいいと思う
    発売日に買う人が一番のお客さんなのに他のメーカーはそれを軽く見過ぎだと思う

    コメントNo.4: 名無しスパーク さん
    良いアイデアだと思う。
    日本だとゴア表現の規制は厳しいし、かと言ってそういうのを削るとゲーム中のおどろおどろしさが減って魅力が消えてしまう。
    海外はゴアにやさしいから無しだとすれば物足りないだろうし
    日本はゴア有りZ指定化による売れにくさ、宣伝しにくさを解決する手段としてZ指定部分をDLCにしてしまうのはまさに一挙両得のアイデア
    このアイデアが特許とか取ってないなら他のメーカーも真似してほしい
    けど、これを実行するなら余分に手間がかかるし、サイコブレイクみたいに国内外両方で売れる見込みのある一流タイトルとメーカーの体力じゃないと無理かな

    コメントNo.6: 名無しスパーク さん
    賛成。本来開発者が表現したかった物を顧客が制限されるのはおかしい。その為の区分があるのに機能していない事が本来の問題。ただ限定特典としてビジネスの臭いを垂れ流すのも問題で顧客が無料DLCもしくはオプションで設定出来るのが正当なのではないでしようか?

    コメントNo.8: 名無しスパーク さん
    日本という国の倫理基準がある市場でグローバルなゴア表現を少しでも楽しめる。その手段としてこれが有効なのだとすれば、純粋に歓迎されていいと思うな。

    コメントNo.9: 名無しスパーク さん
    反対、というかDLCにしなくてもゲームオプションで任意に設定できるようにするだけでいいんじゃないかね?
    ソフトの値段にDLC制作費が実質上乗せされてるわけだし、後から買った人にまでそういう負担が強いられるのは良いことじゃないと思う

    コメントNo.18: 名無しスパーク さん
    >>9
    DLCにしたのはCEROZを回避するためじゃなかった?
    本製品はDで通るけど、DLCはZになるからゴアで遊びたい人はDLCでどうぞ、だった気がする。

    コメントNo.11: 名無しスパーク さん
    新規ブランドでZ指定だと結構売り上げに響きそうだし、企業体力的にはこの判断は止むを得ないんじゃないかなぁ

    コメントNo.12: 名無しスパーク さん
    ゴア表現をDLC追加にすることで規制回避したりその後オプションで分けれるのは大賛成だが

    予約特典のみってのはクソだ。

    こんな方法で予約数を取らないと国内じゃ売れないようなタイトルだと自ら言ってるようなものだ。

    そもそもゴアホラーゲームからゴアとってどうすんだよ。

    コメントNo.13: 名無しスパーク さん
    賛成
    日本の規制基準は某機関の審査体制のせいでくそだから、こういう方法でクリアするのも有り、他のソフトでもやってほしいね、勿論無料ならだが。

    コメントNo.15: 名無しスパーク さん
    DLCにするってのはいい考えだが、それを予約特典にするとかふざけてる。金額が違うだけでJapanese Language Packとたいして変わらない。こんな悪行は許すべきでない。

    コメントNo.16: 名無しスパーク さん
    なぜDLCになったかの経緯は理解できるが、なぜ予約購入しないと入手することができないのかが理解できない。
    最近はどのゲームも予約購入させる為の手段が露骨すぎる

    コメントNo.17: 名無しスパーク さん
    凄く楽しみではあるが「予約特典だけ封入」っていうのはどうかと思う
    CEROの問題もあるだろうけど、
    現に倫理上の問題をクリアしてるからDLCとしてゴアモード出せるわけだし、
    予約特典だけじゃなくて有料でもいいからDLC販売してほしい

    コメントNo.19: 名無しスパーク さん
    中古対策にもなるし実に良いサービス。
    ただ、後から興味が出るという人もいるのは事実なので、数年後にダウンロードできる方法が出来るようになってもいいような気がする。
    同じ三上作品のヴァンキッシュはそんな感じだったかな。
    このサービスをやったとしても何かしらの規制が入っていた場合は、全くの無意味だとも思う。
    俺が遊びたいのはグロいゲームとかではなく、製作者が意図した内容の無規制であるゲーム。
    そもそも18禁なら規制の必要も無いはずであり、オプション切り替えで十分な問題であるはずだ。

    コメントNo.23: 名無しスパーク さん
    >>19
    最初からオプションに入れるとZ指定になるから、売り場とかCMの時間帯が制限されるんやでぇ。

    コメントNo.29: あ さん
    >>19
    ゲームソフトの表現の度合いについては必ず両方の意見があります。一方では、暴力的表現について、「戦闘シーンが面白く、もっと過激な方がいい」という意見や、性的な描写については、「もっと規制を緩くし、過激な表現を取り入れてもいいのではないか」という緩和を歓迎する意見があります。しかし、他方では、「いずれの表現においてももっと厳しく規制すべきだ」という規制強化派の意見もあります。

     こうした相対する議論においては、決して「最終的な正解」が出るものではなく、硬軟両論が以前から何度も繰り返し行われてきているのが実情です。しかし、その相対する議論の落としどころ、つまり、いつの時代にも「その時代に適合した基準」があると考えます。

     そうした観点から、CEROでは一定の審査基準を設けているわけです。審査基準の許容する上限の枠を超えるものについては審査結果を与えていません。そして、レーティング未取得のものについてはゲーム機メーカーの量産許可が下りません。従って、CEROの審査基準枠を超えるソフトは自動的に発売できない仕組みになっています。

    コメントNo.35: 名無しスパーク さん
    >>29
    Z指定の中でもそのライン分けが難しいのは理解できる。
    だからこそオプションで選択させればいいのでは?
    デフォルトで規制状態にしといて後は、見たいやつは見る、見たくないやつはそのまま、で済む話じゃないかなと。
    宣伝広告についてはごめんなさい。忘れてた。
    18歳以下でも買えちゃうずぼらな体制のまま、Z指定で出しといて規制有なゲームだらけである現状、Z指定とceroは必要なのか?という意見でここはひとつ。

    コメントNo.20: ふもふ さん
    CERO Dのカテゴリーで販売し、DLCで本来の表現にするというアイデアはいいと思う。
    ただその提供が予約特典のみとなると話はややこしくなる。
    商品として売らなければならないという営業サイドと、
    自分たちの表現を追及したい開発サイドの妥協点なのかもしれないけど
    そんな事情に振り回されたくない1プレイヤとしては微妙な気分。
    予約しなくても、せめて有料DLCとして道を残してくれれば嬉しいのだけど

    コメントNo.21: 名無しスパーク さん
    ゴア表現でより恐怖を楽しめると思うので嬉しいです。DLCという形をとったのは、表現規制がある中で、全うだと思います。後だしでなく、あらかじめ通常版と限定版、好きな方を選べるので良心的だと思います。

    コメントNo.22: 名無しスパーク さん
    現状の国内基準を考えると賛成かね
    CERO ZでもゴールデンタイムのCMが出来る様になればこんなまどろっこしい方法採用しなくていいんだけどさ

    コメントNo.24: 名無しスパーク さん
    それが本当に開発者が求めた100%のものであるなら賛成

    コメントNo.25: あ さん
    Z指定は青少年への影響を考慮して18歳未満には販売NG、宣伝も自重しなければならないんですよね。
    でもD指定となると全年齢に販売することができますし、宣伝もバンバン打っていいわけです。
    PS3の独占大作メタルギアソリッド4はD指定だったんですよね。(全身タイツを着たような女性をゲーム内カメラで撮影したり、あえぎ声が聞けたり、個人的にはZ指定だと思ってましたが。)

    下世話な例えで申し訳ないんですがZ指定はフルヌード、D指定は水着のグラビアなんですよ(当然、フルヌードは青少年は買えません)。天と地ほど違う。

    D指定として年齢制限なく宣伝しておいて、予約した人にはZ指定ってのはレーティングの形骸化に繋がるのでは?Z指定の販売、広告制限の影響を受けずに実質的にZ指定のものを販売するんですし。

    コメントNo.26: 名無しスパーク さん
    あとからゴアモードDLCを有料でも(500円くらい)いいから販売してたら文句なかった。アイディアは素晴らしいのに勿体ない。
    あとから買うユーザを減らしているようなものだ。

    コメントNo.27: 名無しスパーク さん
    いいんじゃないかなあ。Z指定というだけで多々ある良作が小売店では隅に置かれている現状をみると

    コメントNo.28: 名無しスパーク さん
    表現規制せずに売るための最善の手だとは思うけど、日本がその程度のレベルだってのを改めて知らされてるみたいで悲しい気持ちになる。
    いつまでこの国はゲームを幼児向けおもちゃだと認識してんだって話。

    コメントNo.32: 名無しスパーク さん
    上手いやり方だと思うし、本来の表現で出来ないよりはマシなんだろう。
    ただ、「本来の表現にする為の苦肉の策」みたいな免罪符がついてるけど、
    えげつない特典商法には違いないよね。
    普通にゴア解除DLCを販売のがスッキリしたかな。
    あとから「希望多数により販売」するのかもしれないけどね。

    コメントNo.33: 名無しスパーク さん
    反対
    経済的な理由で中古価格でしか買えないような客層もいます。自分が現にそれ。中古で買うと本来の内容を楽しめないってことでしょうか。
    予約特典を付ける時点でどのゲームでも購買意欲半減しますね。

    コメントNo.37: 名無しスパーク さん
    DLCによりZ表現を解禁するという手法は大いに賛成だけど予約に限るというのはあまり賛成できないかな
    予約本数ってのはゲーム売る側からすると大いに意味のある数字なんだろうなあとは思うんだけどね
    もうディスク増やしたくないからゲームはDL購入したいしパケ版予約したくないなーと
    有料で良いからDLC後から購入できると嬉しいのだけど

    コメントNo.41: 名無しスパーク さん
    予約限定でゴアモードDLCだからね
    中古対策というか、予約購入させるやり方としては上手く考えたなと思う

    ただこの手の手法が定着するのは嫌だな
    自分は中古は利用しないけど、ソフトスケジュールによっては
    予約購入を見送ることもあるしね

    早期購入を逃すと表現内容が大きく変わってしまうっていうのは
    ユーザーにとっては厳しいかも

    予約特典はゲーム内アイテムぐらいにしておいてほしい

    コメントNo.44: 名無しスパーク さん
    レーティングの異なる2つのバージョンを販売するようなもので、積極的に反対する理由は無い
    予約特典にするあたりに商売っ気のどぎつさを感じないでもないが…
    確かに、予約・初回特典でしか得られないモノなんて珍しくもないが、このDLCがそういう特典になじむ性質のものかっていうと疑問も残る
    「俺はこっちのバージョンでやりたいんだ!」って人が皆予約できるわけでもないんだから

    コメントNo.48: 名無しスパーク さん
    以下の点で反対
    ・ゴアモードとはいえ無規制であることを明記できてない点
    ・このやり方で売上げが芳しくなかった場合の影響。べセスダだけで済まずにスパイクとかスクエニみたいな他の会社にも影響があると思う。

    コメントNo.50: 名無しスパーク さん
    後からこのゲームを知った人は不完全版しか手に入れられないのは悲しい事だと思う。
    18禁なら、18禁で徹底して表現を削るのは止めてほしい。

    コメントNo.52: 名無しスパーク さん
    D指定で売っておいてDLCで対応というのは区分を骨抜きにするだけでは?
    あまりいい方法とは思わないなぁ。
    Z指定のゲームは大人になってからガラスケースから出してもらって買う。
    それでいいと思うよ。
    そもそもそんなマトモにZ指定を隔離してるのヤマダ電機くらいなわけだけど。

    コメントNo.53: 名無しスパーク さん
    オプションうんぬんよりも各国の表現規制絡むんだし
    DLCは賛成

    ただ、予約特典じゃなくて。
    クレカのみのDLC購入にすれば
    とりあえず年齢問題は理論的にはクリアだし
    必要な人だけ購入すればいいわけで。
    ただ、値段は300円以内が妥当。

    コメントNo.54: 名無しスパーク さん
    ゴアをDLCで切り離してレート下げるのはいい案だと思う
    オプションとかだとレート下がらないだろうし
    ただ金稼ぎたいのが見え見えなのは評価できないな

    「面白い」より「儲かる」を重視しすぎると
    開発者もユーザも萎えちゃうよ

    コメントNo.59: FPS児 さん
    試み自体はいいと思う。
    ただ、今回のDLCを使っても結局今まで通りのZレベルの規制が入るとしたらほとんど無意味、プレイヤーではなく販売側に都合がいいだけの施策と感じる。

    ゲームファンとしては、今の規制の状況を超えるための施策を練って欲しい。そうでないと、自分を含めて海外版に流れる人はいつまでたっても減らない。ハードコアなタイトルほどその影響は大きいと思う。

    コメントNo.61: 名無しスパーク さん
    >>予約特典のみってのはクソ

    こういう意見が多いだろうなぁ。
    しかし、それよりも大事なのは、こういうやり方をとった以上、絶対に「皆さんのご要望にお答えして前言撤回してDLCとして販売します]もしくは[完全版を限定数(今回と同じ事をもう一度する)再販します」というのだけはやらないで欲しい。やるとしても、GC版バイオの移植のように次世代以降でなければダメだと思う。個人的に、商売は人道を踏み外すギリギリまでは何をやってもいいと思うけど、信頼を失っては意味がないと思う。正直、今回のやり方もほぼアウトだけどね。
    逆に、本当に表現したい物を売りたいなら、むしろマニア向けの商品に振り切って、18禁ゴア版のみを予約者限定生産で作って売って終わりにする方が話題作りとしてもよりポジティブでアリだったと思う。

    コメントNo.62: 名無しスパーク さん
    後から入手不能のDLCを初回特典として付けられるのは辛いなあ。
    評判を聞いて遊びたいと思った時には不完全版しかありません、じゃねえ。

    こうやって注目を集めることはできてるから、
    広告的な点から狙った通りの効果が出てるのかもしれないけど、
    2度目は無いよ?

    コメントNo.79: 名無しスパーク さん
    ゴアモードを日本版でプレイできるっていうのはいいと思う
    ただそれが予約版限定っていうのはどうかなと思う
    ゴアモードで本来のゲームをプレイできるのに予約版限定というのはユーザーにプレイしてほしくないのかなと思う
    お金のためにゲームを開発するんじゃなくてユーザーを楽しませるためにゲームを作ってほしい

    コメントNo.89: 名無しスパーク さん
    規制によってゲームの魅力を落とすCERO天下の日本のゲーム界では、
    良いアイデアだと思うし、個人的には好印象。

    仮に有料DLCだとしても、規制有りの国内版or英語力が必要な海外版
    しか選択肢がないこれまでの状況と比べたら、若干の金払ってでも
    俺は有料DLCを購入するだろう。もちろん無料で規制無しの
    ゲームをさせてくれるのが理想ではあるが・・・

    大袈裟かも知れないが「1回目の感動」は一生に一度きり。
    その一度きりの感動を、規制や他言語で中途半端に味わいたくない。
    そういう思いもあるが故、ちょっとした金でそれが実現出来る
    のであれば、俺は躊躇せずに金を払う



    ただ、俺が払えるのは500円までだ

    コメントNo.97: 名無しスパーク さん
    製作者の理想とする表現のためという主張と、広報や初回販売数確保のために初回限定版にするという商業的な都合との間に歪みがあって気持ち悪く感じる。

    コメントNo.108: 名無しスパーク さん
    賛成。ただし予約特典ではなくて、DLCでアンロック可能にするべき。ビジネス的な側面を考えれば話題性も大事だが、ゲームや映像などのメディアコンテンツの良さは環境さえあればいつでも楽しめること。後々サイコブレイクを知る人のことも考えて欲しい。

※すべてのコメントを見る。

なお読者の皆さまからも「Game*Sparkリサーチ/大喜利」の楽しいお題を募集しております。面白いお題を思いついた方はぜひお問い合わせフォームよりスタッフにお知らせください!
《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top