ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介

ロシアの国営放送チャンネルワンの番組内にて、『Team Fortress 2』のファンアートを第一次世界大戦期のプロパガンダ作品として紹介しれていることが、海外ユーザーから注目を集めています。

ゲーム文化 カルチャー
ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介
  • ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介


ロシアの国営放送チャンネルワンの番組内にて、『Team Fortress 2』のファンアートを第一次世界大戦期のプロパガンダ作品として紹介していることが、海外ユーザーから注目を集めています。

英語圏向けのロシアニュースサイトThe Moscow Timesの報道によれば、deviantartで公開中の『Team Fortress 2』ファンアートが、第一次世界大戦期の米国によるプロパガンダの例として挙げられているとのことです。映像のナレーションでは当時の米国によるドイツ人批判について紹介。『Team Fortress 2』のDemomanがドイツ兵士として認識されている模様です。

過去にも同様の事例として、海外のTV局が『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』のスクリーンショット初代『Assassin’s Creed』、そして『BioShock Infinite』のロゴに類似した画像などを使用していました。今回放映されたファンアートは過去に開催された『Team Fortress 2』のPropaganda Contestに出展していたこともあり、その独特なタッチが放送局関係者の目に留まったのかもしれません。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

    『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  2. 『モンスターファーム』公式Twitter、2ヶ月半ぶりに新たな動き─ホリィ「お金たまった?」

    『モンスターファーム』公式Twitter、2ヶ月半ぶりに新たな動き─ホリィ「お金たまった?」

  3. 「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

    「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

  4. 「EA PLAY 2019」では『Apex Legends』シーズン2だけでなくグッズ情報なども公開予定

  5. 野良はつらいよ―『Apex Legends』で勝てない男を描くファンメイドアニメが公開

  6. 「BitSummit 7 Spirits」にSIEが出展ーPS Storeインディーズゲームセールは5月31日から

  7. 『真・三國無双8』鈴鹿8耐コラボに女性キャラが追加参戦!レースクイーンとなった孫尚香、関銀屏、王元姫、甄姫がチームを応援

  8. 疫病サバイバルスリラー『Pathologic 2』配信開始! 崩壊する社会の現実に直面

  9. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  10. 「ACECOMBAT 極上爆音FAN MEETING」全体レポート…初開催の『エースコンバット』ファンイベントに多くの参加者が集った!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top