ADVの老舗Cyan新作『Obduction』では実写映像を採用、『Riven』ライクな作品に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ADVの老舗Cyan新作『Obduction』では実写映像を採用、『Riven』ライクな作品に

PC Windows

ADVの老舗Cyan新作『Obduction』では実写映像を採用、『Riven』ライクな作品に
  • ADVの老舗Cyan新作『Obduction』では実写映像を採用、『Riven』ライクな作品に
  • ADVの老舗Cyan新作『Obduction』では実写映像を採用、『Riven』ライクな作品に
  • ADVの老舗Cyan新作『Obduction』では実写映像を採用、『Riven』ライクな作品に
海外メディアPC Worldより、『Myst』シリーズで知られるCyanが現在開発中の新作アドベンチャー『Obduction』の最新情報が伝えられています。


2013年11月にはKickstarterでの目標金額を達成し、『Myst』シリーズファンから多くの注目を集めていた『Obduction』。Cyanで同作の開発を手掛けるスタッフがPC Worldに伝えたところによれば、『Obduction』では実写映像を使った演出を採用予定であるとのこと。『Myst』の魅力であるファンタジックなフィールド環境は写実的な描写も印象的でしたが、今作の登場人物は実在する俳優を起用する模様です。


CyanのスタッフであるEric Anderson氏からは、「NPCの制作は、私達が多くの時間を費やしてきたものの1つです。私達は世界観を構築しているのです。アニメーターでもキャラクターリガーでも、モデラーでもありません。なので、『Riven』のように実写キャラクターを採用すると決断しました」と言ったコメントも伝えられています。Cyan公式Webサイトでは『Obduction』登場キャラクターを含めたアートワークも公開中。『Myst』シリーズファンは今後の続報を期待しつつチェックしてみてください。
《subimago》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『R6』と『ゴーストリコン』の開発スタッフが送る本格FPS『GROUND BRANCH』早期アクセス開始

    『R6』と『ゴーストリコン』の開発スタッフが送る本格FPS『GROUND BRANCH』早期アクセス開始

  2. 超不謹慎墓守シム『Graveyard Keeper』プレローンチトレイラー!PC版は日本語にも対応

    超不謹慎墓守シム『Graveyard Keeper』プレローンチトレイラー!PC版は日本語にも対応

  3. PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

    PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

  4. レッツ墓荒らし!宝探しハチャメチャCo-op『Strange Brigade』ゲームプレイ映像が公開

  5. メガドライブ開発機材で作られたガチ16-bitアクション『TANGLEWOOD』がSteam配信!

  6. 『Dead by Daylight』開発元の新作非対称マルチ『Deathgarden』早期アクセス開始!

  7. 冷戦スパイストラテジー『Phantom Doctrine』配信開始!―見えない陰謀から世界を救え

  8. 北欧剣戟オープンワールドARPG『Rune』2018年9月のSteam早期アクセス開始を発表―近日クローズベータテスト開始予定

  9. 『バットマン』のオープンワールドアクション“アーカム”シリーズがSteamでセール中!全作品が50%以上オフ

  10. ダークファンタジー2Dアクション『Death's Gambit』Steam版が配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top