英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』

ゲーム文化 インディーゲーム

英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』

秋葉原UDXにて開催中の「東京インディーフェス 2015(TIF)」で、ゴールドスポンサーとしてブース出展している、コーラスワールドワイド(Chorus Worldwide)。『The Room(ザ・ルーム)をはじめとした、同社がパブリッシング・ローカライズするインディー系タイトルを展示していました。

■ The Room(ザ・ルーム)


コーラスワールドワイドが今最も力を入れているのが、欧米ではすでに配信中の3D謎解きアドベンチャーゲーム『The Room(ザ・ルーム)』。高品質のグラフィックや仕掛けたっぷりのゲーム性が批評家から賞賛されて数々のアワードを受賞。iOS/Android/Steamプラットフォームに展開してマルチミリオンセールスを達成しています。

コーラスがTIFで展示していたのは、デベロッパーFireproof Gamesと提携しローカライズが実現したアジア版『ザ・ルーム』。インターフェースやテキストが日本語化されていて、新規ユーザーにはより遊びやすく、英語版をプレイ済みのユーザーでも再発見がきっとあるはずです。

PR担当の大柳氏によると、海外発売中の続編『The Room 2』はもちろん、最新作『The Room 3』の同時期ローカライズ配信も視野にあるということです。

■ Kitty Powers Matchmaker(キティ パワーズ・マッチメーカー)


『キティ パワーズ・マッチメーカー(Kitty Powers Matchmaker)』は、Criterion Gamesから独立したRichard Franke氏が、自らも奇抜なメイクでゲーム中に登場する、異色のデートシミュレーター。プレイヤーは愛の伝道師“キティ”として、あの手この手でカップルたちの愛を成立させるのが目的です。

2015年2月にコーラスが配信した日本語をふくむアジア版は、英語版からいくつかの新要素が備わっている他、『はーとふる彼氏』で知られる玻都もあ氏の手によって、キャラクタービジュアルが日本のユーザーにも親しみやすいデザインに一新されています。

『キティ パワーズ・マッチメーカー』は、App Store/Google Playに加え、SteamのPC版も配信中です。

■ 英国初のユニークなインディータイトルが一堂に


コーラスワールドワイドのブースには、上述2タイトルの他にも、「モンティ・パイソン」風の英国流ダークユーモアで描かれるアニメアドベンチャー『バートラム・フィドルの冒険』、斬新な操作性を持ったシューティング『スカイパトロール』、愉快なタッチアクションが特徴の『ドラゴンフィンガ』などなど、ユニークな作品がプレイアブル展示。コーラスのCEOである金親晋太郎氏は、イギリスゲーム業界での長年に渡るキャリアをいかして、こうしたUKタイトルのパブリッシング・ローカライズをつぎつぎと実現させています。


コーラスのPRマネージャー大柳竜児氏

英国産ゲームは、アクションジャンルが多く大衆向けの傾向が強い米国産ゲームとは、世界観やビジュアル面でもひと味違った個性を備えていて、日本人にも遊びやすくしっくりくるのではないかと大柳氏。かつてのファミコンではなく、アプリゲームを遊んで育った新しい世代にむけて、海外の“ゲームらしいゲーム”を届けたいと話していました。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 20年の時を越え……ドイツにて初代『Half-Life』が無規制版に?

    20年の時を越え……ドイツにて初代『Half-Life』が無規制版に?

  2. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国を代表する競技委員会の選出開始―日本の候補は5名

    「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国を代表する競技委員会の選出開始―日本の候補は5名

  3. FPSローグライク 『イモータル・レッドネック:不死王の迷宮』全世界同時発売!

    FPSローグライク 『イモータル・レッドネック:不死王の迷宮』全世界同時発売!

  4. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  5. 『S.T.A.L.K.E.R. Lost Alpha Developer's Cut』がリリース!―トレイラーも披露

  6. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  7. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  8. 「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」

  9. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top