英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』

ゲーム文化 インディーゲーム

英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』

秋葉原UDXにて開催中の「東京インディーフェス 2015(TIF)」で、ゴールドスポンサーとしてブース出展している、コーラスワールドワイド(Chorus Worldwide)。『The Room(ザ・ルーム)をはじめとした、同社がパブリッシング・ローカライズするインディー系タイトルを展示していました。

■ The Room(ザ・ルーム)


コーラスワールドワイドが今最も力を入れているのが、欧米ではすでに配信中の3D謎解きアドベンチャーゲーム『The Room(ザ・ルーム)』。高品質のグラフィックや仕掛けたっぷりのゲーム性が批評家から賞賛されて数々のアワードを受賞。iOS/Android/Steamプラットフォームに展開してマルチミリオンセールスを達成しています。

コーラスがTIFで展示していたのは、デベロッパーFireproof Gamesと提携しローカライズが実現したアジア版『ザ・ルーム』。インターフェースやテキストが日本語化されていて、新規ユーザーにはより遊びやすく、英語版をプレイ済みのユーザーでも再発見がきっとあるはずです。

PR担当の大柳氏によると、海外発売中の続編『The Room 2』はもちろん、最新作『The Room 3』の同時期ローカライズ配信も視野にあるということです。

■ Kitty Powers Matchmaker(キティ パワーズ・マッチメーカー)


『キティ パワーズ・マッチメーカー(Kitty Powers Matchmaker)』は、Criterion Gamesから独立したRichard Franke氏が、自らも奇抜なメイクでゲーム中に登場する、異色のデートシミュレーター。プレイヤーは愛の伝道師“キティ”として、あの手この手でカップルたちの愛を成立させるのが目的です。

2015年2月にコーラスが配信した日本語をふくむアジア版は、英語版からいくつかの新要素が備わっている他、『はーとふる彼氏』で知られる玻都もあ氏の手によって、キャラクタービジュアルが日本のユーザーにも親しみやすいデザインに一新されています。

『キティ パワーズ・マッチメーカー』は、App Store/Google Playに加え、SteamのPC版も配信中です。

■ 英国初のユニークなインディータイトルが一堂に


コーラスワールドワイドのブースには、上述2タイトルの他にも、「モンティ・パイソン」風の英国流ダークユーモアで描かれるアニメアドベンチャー『バートラム・フィドルの冒険』、斬新な操作性を持ったシューティング『スカイパトロール』、愉快なタッチアクションが特徴の『ドラゴンフィンガ』などなど、ユニークな作品がプレイアブル展示。コーラスのCEOである金親晋太郎氏は、イギリスゲーム業界での長年に渡るキャリアをいかして、こうしたUKタイトルのパブリッシング・ローカライズをつぎつぎと実現させています。


コーラスのPRマネージャー大柳竜児氏

英国産ゲームは、アクションジャンルが多く大衆向けの傾向が強い米国産ゲームとは、世界観やビジュアル面でもひと味違った個性を備えていて、日本人にも遊びやすくしっくりくるのではないかと大柳氏。かつてのファミコンではなく、アプリゲームを遊んで育った新しい世代にむけて、海外の“ゲームらしいゲーム”を届けたいと話していました。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 北米版ミニ スーパーファミコン、ウォルマートが予約を一方的にキャンセル

    北米版ミニ スーパーファミコン、ウォルマートが予約を一方的にキャンセル

  2. 「オーバーウォッチリーグ」選手の年俸は最低5万ドルー詳細が明らかに

    「オーバーウォッチリーグ」選手の年俸は最低5万ドルー詳細が明らかに

  3. 発売から約17年…『ドンキーコング64』で新たな隠しコインが発見!

    発売から約17年…『ドンキーコング64』で新たな隠しコインが発見!

  4. 『Outlast 2』のストリーマーが絶叫した意外な出来事が話題

  5. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  6. まさに忙しい人のための『Fallout』?シリーズ通してのスピードランに挑戦したユーザーが登場

  7. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  8. ステルスADV『2Dark』トレイラー、強烈なシリアルキラーたちから子どもを救え

  9. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  10. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top