海外サイトが選ぶ『最も開発費が高いゲーム』TOP20 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『最も開発費が高いゲーム』TOP20

ニュース ゲーム業界

海外サイトが選ぶ『最も開発費が高いゲーム』TOP20
  • 海外サイトが選ぶ『最も開発費が高いゲーム』TOP20


海外大手ゲームメディアのGameSpotが『最も開発費が高いゲーム』をTOP20形式で選出しています。

昨年5月に5億ドルの資金が投入され発売初日に5億ドルの収益を記録したDestiny』や、今なおPC/新世代機版で驚異的な売上を記録するGrand Theft Auto V』、『FF7』、『CoD: MW2』、『シェンムー2』のタイトルが選ばれています。TOP20は以下の通りです。

    ※カッコは発売年
    1.『Destiny』(2014) ― 5億ドル
    2.『Grand Theft Auto V』(2013)― 2億6500万ドル
    3.『Call of Duty: Modern Warfare 2』(2009) ― 2億ドル
    4.『Star Wars: The Old Republic』(2011) ― 2億ドル
    5.『Final Fantasy VII』(1997) ― 1億4500万ドル
    6.『シェンムー2』(2001) ― 1億3200万ドル
    7.『Max Payne 3』(2012) ― 1億500万ドル
    8.『Grand Theft Auto IV』(2008) ― 1億ドル
    9.『Too Human』(2008) ― 1億ドル
    10.『Red Dead Redemption』(2010)― 1億ドル
    11.『Disney Infinity』(2013)― 1億ドル
    12.『Deadpool』(2013)― 1億ドル
    13.『Tomb Raider』(2013)― 1億ドル
    14.『Defiance』(2013)― 8000万ドル
    15.『シェンムー』(1999)― 7000万ドル
    16.『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』(2008)― 7000万ドル
    17.『Watch Dogs』(2014)― 6800万ドル
    18.『Crysis 3』(2013)― 6600万ドル
    19.『Final Fantasy XIII』(2009)― 6500万ドル
    20.『Ghost Recon: Future Soldier』(2012)― 6500万ドル
以上のようになってますが、いかがだったでしょうか?なお昨年1月には、海外ゲーマーの間で開発費の高騰に関する議論が交わされていました。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 98 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. THQ Nordic、gamescomでオープンワールドRPG含む新作2タイトル発表へ

    THQ Nordic、gamescomでオープンワールドRPG含む新作2タイトル発表へ

  2. 『オーバーウォッチ』ドゥームフィストの声優がテリー・クルーズではなかった理由とは―Blizzardが語る

    『オーバーウォッチ』ドゥームフィストの声優がテリー・クルーズではなかった理由とは―Blizzardが語る

  3. PS4/Xbox One/PC『Agents of Mayhem』新キャラクター「Joule」紹介ライブ映像公開

    PS4/Xbox One/PC『Agents of Mayhem』新キャラクター「Joule」紹介ライブ映像公開

  4. 『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

  5. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  6. Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

  7. 『PUBG』に1人称視点限定サーバーが追加へ!次期月間アップデートで

  8. 誰も死ななくていいRPG『UNDERTALE』日本語版がPS4/Vita/PC向けに発売決定!

  9. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  10. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

アクセスランキングをもっと見る

page top