米国司法省、少年の暴力衝動抑制するゲームの研究に約80万ドルの予算投入 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国司法省、少年の暴力衝動抑制するゲームの研究に約80万ドルの予算投入

アメリカ合衆国司法省が、少年の暴力衝動を抑制するビデオゲームやネット上の動画の研究に、791,846ドルの予算を投入すると海外メディアが報じています。

ゲーム文化 カルチャー
米国司法省、少年の暴力衝動抑制するゲームの研究に約80万ドルの予算投入
  • 米国司法省、少年の暴力衝動抑制するゲームの研究に約80万ドルの予算投入
  • 米国司法省、少年の暴力衝動抑制するゲームの研究に約80万ドルの予算投入

アメリカ合衆国司法省が、少年の暴力衝動を抑制するビデオゲームやネット上の動画の研究に、791,846ドルの予算を投入すると海外メディアが報じています。

司法省配下の国立司法省研究所(NIJ)が発表したこの研究は、ロードアイランド病院の研究者とゲーム開発も行っているコロラドのマルチメディア企業と共同で、ロードアイランド州のミドルスクール8年生(15歳)を対象に行うとのこと。思春期の少年に大きな影響を与えるゲームやネット上のコンテンツを見直すことで、いわゆるデートDVと呼ばれる恋人への暴力を防ぐことを目標としています。

10代の少年はビデオゲームを好んでプレイしており、ネットコンテンツで最初に触れるものがブラウザゲームや動画であることから、パートナーへの暴力の抑止を目的としたゲームや動画にも同じように興味を持つのではないかと研究チームは考えています。ブラウザベースのゲームや動画などのウェブコンテンツがどれだけ少年の暴力衝動を抑制できるかが重要なポイントになるのだそうです。

今回の研究がどのような成果を見せるのか注目されます。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外ゲーマーが『Portal 2』「Column Blocker」ステージの“ポータル未使用クリア”に初成功!

    海外ゲーマーが『Portal 2』「Column Blocker」ステージの“ポータル未使用クリア”に初成功!

  2. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  3. 海外ファミコン「NES」とブラウン管テレビを再現した大人のレゴ「LEGO Nintendo Entertainment System」発表!今度の「レゴ マリオ」はテレビ内を冒険だ

    海外ファミコン「NES」とブラウン管テレビを再現した大人のレゴ「LEGO Nintendo Entertainment System」発表!今度の「レゴ マリオ」はテレビ内を冒険だ

  4. 映画「モンスターハンター」日本の公開も2021年に延期

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 『モンハン』映画延期に……海外2021年4月23日予定

  7. 『熱血高校ドッジボール部』くにおくんソフビ7月15日より予約受付開始!初回限定でアニメ顔差し替えパーツ付属

  8. 海外Modderが『ゴールデンアイ 007』のマップをVRゲーム『Half-Life: Alyx』でリメイク!

  9. 『CoD:MW』『Warzone』にて告知なしに「OK」ジェスチャーが削除―差別的意味合いとの関連によるものか

  10. 空飛ぶソファーでくつろぐ新作シム『Flying Sofa Simulator』が8月にSteam配信!

アクセスランキングをもっと見る

page top