韓国、『StarCraft II』プロゲーマーらが八百長と違法賭博で逮捕 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

韓国、『StarCraft II』プロゲーマーらが八百長と違法賭博で逮捕

韓国、昌原地方検察庁は『Star Craft 2』のプロゲーマーら、12人を違法賭博への関与および八百長の疑いで逮捕起訴および指名手配したと発表しました。

ニュース 発表
韓国、『StarCraft II』プロゲーマーらが八百長と違法賭博で逮捕
  • 韓国、『StarCraft II』プロゲーマーらが八百長と違法賭博で逮捕
韓国、昌原地方検察庁は『StarCraft II』のプロゲーマーら、12人を違法賭博への関与および八百長の疑いで逮捕起訴および指名手配したと発表しました。

韓国聯合ニュースが伝えた所によると、容疑がかけられているのは韓国のプロゲームチームPRIME CLANの監督だったGerrard(Park Wae-Sik)容疑者、プレイヤーのYoDa(Choi Byeong-Heon)容疑者、ブローカーなど計12人で、内9人が逮捕起訴、2人が在宅起訴、1人が指名手配されています。

容疑者らは2015年1月から6月にかけて行われたSKTプロリーグシーズン1やGSLのシーズン1などの大会で5件の八百長に関与していたとのこと。一部報道では、Gerrard容疑者とYoDa容疑者は1試合あたり、4,400ドルから17,000ドルの報酬を受け取っていたと伝えています。また、監督だったGerrard容疑者が、プレイヤーに八百長の提案やブローカーの仲介を行っていた疑いを受けています。

韓国e-Sports協会(KeSPA)は今回起きた業界内での不祥事に対して、遺憾の意を示し、謝罪を表明。捜査に全面的に協力する姿勢を示している他、再発防止に最善の努力を努めていくとのこと。また、事件に関与した選手と監督を永久追放処分とし、場合によっては業務妨害と損害賠償訴訟を行う予定であることを明らかにしています。

『StarCraft II』のe-Sports関連では2010年にも韓国と北米のプロゲーマーによる八百長が発覚しており、11人のプレイヤーがKeSPAから追放処分を受けていました。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. オープンワールドの一人称視点“PvX”シューター『THE INVITATION』発表!

    オープンワールドの一人称視点“PvX”シューター『THE INVITATION』発表!

  2. フェイク・ドキュメンタリーの先駆け映画「食人族」がゲーム化! 公開40周年記念

    フェイク・ドキュメンタリーの先駆け映画「食人族」がゲーム化! 公開40周年記念

  3. 『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

    『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

  4. 2020年で『ダンガンロンパ』生誕10周年! 記念生放送など多種多様な施策実施を発表

  5. Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

  6. ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

  7. ほっこりライフシム『Hokko Life』発表―殺人や死に関するゲームづくりに疲れた開発者が制作

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  10. 『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

アクセスランキングをもっと見る

page top