机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信

Epic Gamesが提供しているゲームエンジン「Unreal Engine 4」。海外ユーザーAdam Horvath氏より、本エンジンをAR(Augmented Reality)に対応させるプラグイン「UNREAL4AR」が配信されています。

メディア 動画
机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信
  • 机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信

Epic Gamesが提供しているゲームエンジン「Unreal Engine 4」。海外ユーザーAdam Horvath氏より、本エンジンをAR(Augmented Reality)に対応させるプラグイン「UNREAL4AR」が配信されています。

本プラグインは誰でも使えるオープンソースソフトウェアライブラリ「ARToolkit」を利用して提供中。ARに対応したカメラを通すと、机の上をはじめ、様々な場所で3Dキャラクターを表示可能になります。海外サイトTechnabobによると、Windows/OS X/iOS/Androidに対応しているとのこと。

上記掲載の映像では、Epic GamesによるUnreal Engine 4デモ「Matinee Fight Scene」を使用しており、周囲の環境オブジェクトは表示されません。そのため、キャラクターだけが動く迫力の戦闘シーンが視聴できます。

Unreal Engine 4用プラグイン「UNREAL4AR」はこちらのページで配信中です。
《秋夏》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

メディア アクセスランキング

  1. 新世代機版『DARK SOULS II』はここまで違う!PS3/PS4版の比較映像

    新世代機版『DARK SOULS II』はここまで違う!PS3/PS4版の比較映像

  2. 火星が舞台の新作コズミックホラー『Moons of Madness』12分プレイ映像!

    火星が舞台の新作コズミックホラー『Moons of Madness』12分プレイ映像!

  3. ニコ・ベリックの視点でリバティーシティを散策!『GTA IV』Oculus Rift対応Modのプレイ映像

    ニコ・ベリックの視点でリバティーシティを散策!『GTA IV』Oculus Rift対応Modのプレイ映像

  4. 海外ファンが『マリオメーカー』ならぬ『ゼルダメーカー』制作―アルファ版がプレイ可能

  5. 『GOD EATER 3』オープニングアニメーション遂に正式公開―疾走感溢れる映像をその目に焼き付けろ!

  6. 僧侶のダルシムさんがラッパーデビュー!ヨガフレイム&ファイヤーで“ヨガラップ”を展開

  7. 喉が渇きそうな『PUBG』砂漠マップ新スクリーンショット!

  8. レースゲームの進化を辿る『Forza Motorsport 6』CM映像―新型フォードGTが歴史を疾走!

  9. 若き日のスキンも!『オーバーウォッチ』新ヒーロー“Ana”のイメージ総まとめ

  10. 『Project CARS』レース前の緊迫感伝わる「ピット」紹介映像、奥深いチューニング要素も

アクセスランキングをもっと見る

page top