『Star Wars Battlefront』が1300万本出荷を達成―EA第3四半期財務報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Star Wars Battlefront』が1300万本出荷を達成―EA第3四半期財務報告

Electronic Artsは、2016年度第3四半期財務報告を発表し、『Star Wars Battlefront』が目標出荷数となる1300万本の出荷を達成したことを明らかにしました。

ニュース 発表
『Star Wars Battlefront』が1300万本出荷を達成―EA第3四半期財務報告
  • 『Star Wars Battlefront』が1300万本出荷を達成―EA第3四半期財務報告
Electronic Artsは、2016年度第3四半期財務報告を発表し、『Star Wars Battlefront(STAR WARS バトルフロント)』が目標出荷数となる1300万本の出荷を達成したことを明らかにしました。

当初の出荷数予測は900万本から1000万本だった『Star Wars Battlefront』ですが、ベータテストの好調な結果を受けて第2四半期にその予測を1300万本へと修正していました。本作の正確な出荷数は明らかになっていませんが、EAは予測数を上回る結果だと報告しています。

今年1月にアナリストの非公式情報として1200本超の販売が報告されていた本作。DLCの販売や無料アップデートも予定されており、今後の展開にも注目が寄せれています。その他、財務報告ではいくつかのハイライトを報告。詳細は以下をご覧ください。

  • 2015年の参照可能なソースとEAの推定によると、同社はPS4/Xbox Oneプラットフォームにおいて西欧諸国ナンバー1パブリッシャーとなった。

  • 『Madden NFL 16』は米国ナンバー1スポーツタイトルとなり、『FIFA 16』は欧州全ジャンルのナンバー1タイトルとなった。

  • 『Need for Speed』は第3四半期に前作よりも倍以上多くの月間アクティブユーザーを獲得した

  • 『Battlefield 4』と『Battlefield Hardline』は第3四半期に1億5000万時間以上のゲームプレイを記録した。

  • 『STAR WARS: The Old Republic』は第3四半期に過去3年間で最高レベルとなる加入者数に成長した。

  • モバイル版『Madden NFL』の月間アクティブプレイヤーは第3四半期、前年比50%上昇した。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『龍が如く7 光と闇の行方』「強くてニューゲーム」や「2周目限定の高難易度モード」などを含む有償追加DLC「やり込み拡張パック」を発表

    『龍が如く7 光と闇の行方』「強くてニューゲーム」や「2周目限定の高難易度モード」などを含む有償追加DLC「やり込み拡張パック」を発表

  2. WW2ストラテジー『Hearts of Iron IV』DLC「La Resistance」2月25日リリースーバニラ版の無料プレイも

    WW2ストラテジー『Hearts of Iron IV』DLC「La Resistance」2月25日リリースーバニラ版の無料プレイも

  3. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』イマーシブモードおよび「エンジニア」クラスが今春に延期と発表

    『ゴーストリコン ブレイクポイント』イマーシブモードおよび「エンジニア」クラスが今春に延期と発表

  4. コジプロやSIEに続いてEAの「GDC2020」出展中止が明らかに―同社スタッフが報告

  5. 『オーバーウォッチ』実験モード第1弾、アタッカーが3名になる「トリプルダメージ」の詳細発表―現地時間2月25日からテスト開始予定

  6. CD Projektがヨーロッパで2番目の市場価値を持つビデオゲーム開発会社へと躍進―『ウィッチャー3』の大幅売上増など影響

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『ARK:Survival Evolved』拡張DLC「Genesis」配信延期、海外リリース日は2月25日に

  9. コジプロが2020年のGDC参加中止を表明―新型コロナウィルス懸念のため

  10. 『あつまれ どうぶつの森』Direct映像で見逃しがちな18の要素!リセットさんのその後やしずえの小ネタも

アクセスランキングをもっと見る

page top