『The Witcher』シリーズ累計販売本数2000万本到達―販売形態による収益差も判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The Witcher』シリーズ累計販売本数2000万本到達―販売形態による収益差も判明

ニュース 発表

『The Witcher』シリーズ累計販売本数2000万本到達―販売形態による収益差も判明
  • 『The Witcher』シリーズ累計販売本数2000万本到達―販売形態による収益差も判明
  • 『The Witcher』シリーズ累計販売本数2000万本到達―販売形態による収益差も判明
  • 『The Witcher』シリーズ累計販売本数2000万本到達―販売形態による収益差も判明
  • 『The Witcher』シリーズ累計販売本数2000万本到達―販売形態による収益差も判明

CD Projekt REDが開発を手掛け、2015年には『The Witcher 3: Wild Hunt』がリリースされた『The Witcher』シリーズ。本シリーズの累計販売本数が2000万本に到達したことが判明しました。

これは開発元CD Projekt REDが公開した最新のフィナンシャルレポート(pdf)により判明したもので、機種別、もしくは作品ごとの詳細な内訳は明らかになっていないものの、2000万本は『The Witcher』シリーズ3作品の合計とのことです。


CDPRの販売形態による収益比較

CD Projekt REDの収益を2011年と比べると、2015年にデジタル版から得られた収益は全体の61%を占めており、2011年の29%から倍増。さらに『The Witcher 3: Wild Hunt』を単体で見ても、パッケージ版とデジタル版の販売割合は、パッケージ版が68.4%、デジタル版が31.6%であるにもかかわらず、収益はパッケージ版が49.8%、デジタル版が50.2%と逆転しているという報告がなされています。


The Witcher 3: Wild Huntのデジタル/パッケージ版の収益割合(左)と販売割合(右)

また、このフィナンシャルレポートでは、同スタジオの戦略ロードマップも含まれています。詳細はこちらの記事を参照ください。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 38 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  3. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

    『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  4. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  5. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  6. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  7. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

  8. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  9. 『Rust』Steam返金の総利用数は約32万本、総額約440万ドル(約4.9億円)に

  10. ユービーアイがサーバーメンテナンス実施ー1月22日14時から8時間程度

アクセスランキングをもっと見る

page top